わたしの家では犬を飼っています。犬種はボストンテリアです。毛は短髪で季節によって生え変わるので家にはいつも短い犬の毛が落ちています。もともと肌・皮膚が弱く皮膚病になりやすいため、お散歩の時には土手の草のしげみ、公園の芝生などには入らないよう気をつけていました。毎年、決まった季節、わたしの家で飼っているボストンテリアは夏・気温が高くなってくると皮膚病が発症します。身体中に赤い湿疹ができ始めてきます。それを犬自身がかいたり、舐めたりすることによりどんどんひどくなっていき、1円ハゲが身体中にできてしまいます。夏で気温・体温が高いためなかなかかゆみが治らず、掻きむしってしまうため夏の間は皮膚病がなかなか治りませんでした。ボストンテリアに限らず、他の犬種の犬にもこのような症状が現れることがあるので、飼い主は飼い犬の様子を普段からしっかりチェックしておきましょう。

草むらや芝生等には入らないよう気をつけて犬の散歩に行ったり、散歩から帰ってきたらすぐ犬の身体を全身ウエットティッシュ等でふくなど常日頃から皮膚病が少しでもひどくならないよう気をつけていました。夏になり皮膚病が発症してきた時には、病院からオススメしていただいたシャンプーを使い身体を洗ってあげたり、餌にも気を使っていました。そして赤い湿疹や1円ハゲができてしまったところに毎晩塗り薬を塗ったりしていました。他にもすぐかいてしまうので爪を短く切ったり、靴下を履かせ皮膚をかく際直接爪がひふに当たらないようになどいろいろ試行錯誤し皮膚病対策を行っていました。そして、あまりにも症状がひどい場合には病院で、薬をいただき飲ませたり、注射をしていました。このように、自宅ケアを行なったり、治療を受けることで少しずつ症状が緩和され、今では完治しています。もし、飼い犬に皮膚病が現れたら、放置せずに初期の段階でケアをしてあげるようにしましょう。

ペットとして愛されている

日本では、普段の生活で癒しを求めてペットを飼う方が多く見られます。色々な犬種の中でも、フレンチブルドッグは見た目の可愛らしさから大人気です。ただフレンチブルドッグは、とても皮膚が弱い体質です。そのため、ノミ、カビの影響で、アレルギー性皮膚炎にかかりやすいです。したがって、定期的にペット専用のシャンプーで体をきれいに保つ事が大切です。また、体を頻繁に掻く、舐めるなどが見られたら、アレルギーを発症している恐れがあります。なので、すぐに動物病院で診て貰った方が良いです。また、フレンチブルドッグは、とても太りやすい体質です。なので、健康を維持するためにも、定期的に散歩に連れて行く事が大事です。1日1度、最低30分程度は、屋外で散歩をさせると、健康を保てます。

フレンチブルドッグは、日本人の間で飼う人が多い犬種です。見た目は、コウモリのような大きな耳、スクェア型の頭部が特徴的です。さらに、額には深いシワがあり、下顎が突き出てしゃくれています。他の犬種には見られない個性的な雰囲気から、たくさんの方に愛されているのです。フレンチブルドッグは、ペットを初めて飼う人にとってしつけがしやすいです。その理由は、性格的に利口で気立てが良く、人間に対して愛情深いからです。なので、一度、注意すると、従順に言う事を聞いてくれます。さらに、とてもおおらかな性格なので、他の犬、知らない人に吠えることがないです。また、むやみに走り回る犬種でもないので、室内で飼育しやすいです。

犬を飼う場合、当然ながらお金がかかります。かかるお金は、購入代金と食費だけではありません。ペット用品のことも頭に入れておきましょう。ただ、外で飼うか室内で飼うかによって必要なペット用品は変わってきます。最近は、室内で買うことが普通になりました。その場合、ケージやトイレは絶対に必要です。もちろん、これらだけではありません。室内で飼うのだからリードは必要ないと思うかもしれませんが、そんなことはないです。外で飼おうが室内で飼おうが、散歩に連れていってあげないといけません。ですから、リードも買っておきましょう。これらのペット用品は、ネット通販で購入する人が増えました。とくに、地方在住者にとって、ネット通販は非常に便利なサービスと感じるでしょう。

犬の熱中症対策

夏に犬と野外で遊ぶ場合、気をつけなければいけないのが熱中症です。熱中症にかかるのは人間だけではないと言うことを分かっておきましょう。しっかり、対策を施すことです。犬は頚動脈や内股の部分が熱くなりやすいのが特徴として挙げられます。暑い日はこれらの部分を冷やしてあげましょう。保冷剤をバンダナなどで包み、首に巻いてあげるのがおすすめです。また、最近は熱中症対策に役立つペット用品も豊富になってきました。飼い主としては喜ばしい限りでしょう。犬用のクールウェアはマストアイテムです。さまざまなタイプのクールウェアが出回っていますが、水に濡らして着せるタイプのものがいいでしょう。上昇した体温を下げるのに効果的です。

健康的なペットが欲しい

全国でペットショップを中心に展開しているクーアンドリクは様々なサービスを展開しています。その一つが出産情報です。仔犬の販売には8週齢規制が設けられています。でも、ペット購入者のなかには産まれたときからの状態をしっかりとチェックしてから購入したいと考えている人がいます。ペットの健康状態などを知るためです。でも、一般的なペットショップではそれは不可能です。しかし、クーアンドリクでは全てではありませんが出産した日からの写真をネット上で公開しています。その写真を参考にしつつ、ペットを予約することが可能です。さらに予約割引も付くため、お買い得です。産まれた頃の姿も知っていることで、より愛着を抱くことができ、末永く良い関係を築けるはずです。

ブリーダーと動物病院

またクーアンドリクはペットショップだけでなく、ブリーダーや動物病院の経営または提携もしています。その関係から、ブリーダーと動物病院との橋渡しも手伝っているわけです。そこにはペットを思っての行動でもあります。健康的な仔犬・仔猫は、その両親の健康状態が大きく左右します。仮に劣悪な環境で産まれた赤ちゃんは免疫力や体力が弱く長生きできないと言われています。そこで動物病院が入ることで、ブリーダーと共に犬猫の健康管理をしっかりと行えるようになります。健康的な赤ちゃんが産まれれば、病気にかかりにくく末永く元気に生きてもらえるわけです。ペットの将来も考えるとクーアンドリクで購入することは良いことだと言えます。

トイプードルは人気の犬なのでブリーダーから購入する事ができますが、事前に知識を学んでおくことが大切です。トイプードルの特徴としては犬の中でも知能が高く吠えることがないため、ブリーダーから犬の性格を選んでもらう事で、マンションでも飼育できます。またブリーダーで繁殖したトイプードルは健康で抜け毛が少ないため、部屋の中で飼育するのに適しています。トイプードルは小型犬ですが運動が好きなので、散歩に連れて行ったり一緒に遊んであげる必要があります。そのため散歩や遊ぶ時間が取れない人は、家族や専門業者に頼んで、トイプードルを運動させてあげることが必要です。ブリーダーで販売しているトイプードルの毛色はブラック、ホワイト、ブラウンが多いですが10種類以上の毛色があります。そのためブリーダーからトイプードルを購入するときは、毛色にこだわって選ぶのも良いです。トイプードルをブリーダーから購入する前に、準備しておきたい物は犬のケージやトイレ、ドッグフードになります。犬のケージはジャンプしても外に出ないように、天井のあるタイプを選びましょう。またブリーダーからトイプードルを購入するときは、与えていた餌を聞いて同じ餌を購入しましょう。その他にも犬のおもちゃや餌用の食器などを用意しておくと、スムーズにトイプードルを迎えられます。購入するブリーダーの選び方としては、施設が清潔で飼育している犬がみんな健康であることがポイントです。

おすすめの記事