ビィ・ナチュラルはオーストラリアが原産国のドッグフードです。

 

日本人が監督・指導に入り現地で調達した新鮮な原材料を調理・加工して
日本に住むワンちゃんに合わせたフードを製造しています。

 

 

原材料にはカンガルーや七面鳥、サーモン、ヤギ、鶏などのお肉をブレンドし、

添加物やビートパルプは不使用、厳選した素材のいい部分だけを使用した
ヒューマングレード品質の原材料を使用しています。

 

幼犬、妊娠・授乳期のワンちゃん、
活発に動く元気なワンちゃんにも与えることができるフードで

全年齢・全犬種に対応しています。

 

そんなビィ・ナチュラルの口コミや評判、効果などを紹介します!

 

ビィ・ナチュラルの原材料・安全性を調べてみました

ビィ・ナチュラルはオーストラリアと日本が共同で開発した
日本の飼育環境に合わせたバランスの良いフードになっています。

 

日本で暮らすワンちゃんの健康を考えたドッグフードになっており

種類は「ルート・ブレンド」「ルート・ターキー」
「ルート・ターキー・ライト」「ルート・ゴート」の
4種類から、ワンちゃんに合わせて選ぶことができます。

 

今回はルートシリーズのなかでも一番栄養価の高い
「ルート・ブレンド」についてご紹介します。

 

○ビィ・ナチュラルの原材料○

肉類(カンガルー、ヤギ、七面鳥、鶏)、全粒ソルガム、全粒ライムギ、キャノーラ油(NO-GMO)、タスマニアサーモン、パン酵母、サトウキビ繊維、蔗糖、亜麻仁油、チコリー根(フラクトオリゴ糖)、サーモンオイル、オオバコ繊維、ユッカ抽出物、パン酵母抽出物、L-トレオニン、アボカドオイル、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、ビタミン類(塩化コリン、A、D、B1、B2、B3、パントテン酸、B6、葉酸、B12、C、E)、ミネラル類(塩化ナトリウム、リン酸一ナトリウム、塩化カリウム、炭酸カルシウム、硫酸銅、ヨウ化カリウム、硫酸第一鉄、酸化マンガン、硫酸亜鉛、セレン)

 

 

○ビィ・ナチュラルの安全性○

  • 人工添加物・副産物の不使用
  • 遺伝子組み換え食品の不使用
  • 酸素バリア性に優れたパッケージでフードの劣化を防ぐ
  • ヒューマングレードの原材料
  • 天然成分の酸化防止剤を2種類使用
  • フードの形状は「小粒・中粒・パウダータイプ」の3種類

 

 

原材料にはカンガルー、ヤギ、七面鳥、鶏、サーモン、パン酵母など、
種類の違う良質なタンパク源が少しづつ配合されており
効率良くアミノ酸を消化でき、内臓への負担を与えないような工夫がされています。

 

原材料に穀物が含まれますが、ビィ・ナチュラルでは
10年以上にわたって低アレルゲンの原材料として使用しています。

通常のものよりも細かく粉砕することで
粉の中心までしっかり火を通し、加熱による糊化(α化)で
デンプンの消化率を高めているのです。

 

繊維質に関しても消化を助けるものや整腸作用のあるもの
免疫力アップのサポートになるものなどを使用しています。

 

原材料・安全性ともに、とても良質なドッグフードですね!

 

 

ビィ・ナチュラルの悪い口コミ・評判

ビィ・ナチュラルの悪い口コミはあるのか、調べてみました。

 

【ミックス・6歳】

以前からビィ・ナチュラルのアレルカットを愛用していましたが、
廃番に伴ってルートシリーズに切り替えました。
飼い主からすると、内容量が減ったり、増税や円安による価格の変動が痛いです。
お値段がきつくなってきた、というのが一番の問題で
その他、フードに関しては、私もわんこもとても満足しています。

 

【チワワ・0歳7ヶ月】

以前のビィ・ナチュラルに比べると
ルート・ブレンドにしてから食いつきが上がったように感じます。
栄養価が高くて、与え過ぎてしまうと太る原因になるので
量を守ってあげたいのですが、足りないようで…。
最近では毎回おかわりを要求してきます。
少し多めに与えているからか、すでにちょっと太ってきた気もするような…。

 

 

ビィ・ナチュラルの良い口コミ・評判

ビィ・ナチュラルのいい口コミをまとめました。

 

【ポメラニアン・4歳】

他社のドッグフードからの切り替えで、初めてビィ・ナチュラルを購入しました。
涙やけにいいと聞いて期待しています。
食いつきはまぁまぁ、といったところですが
原材料の品質もいいですし、変な脂っこさがないので
安心して与えられます。
しばらく続けて様子をみるつもりです。

 

【トイプードル・3歳】

うちの子に良さそうだなぁと思って、ビィ・ナチュラルを購入しました。
うんちの状態も良いし、涙も少なくなっていい感じ♪
食いつきも良く、食べっぷりがいつもと違います(笑)
うちの子にはビィ・ナチュラルが合っているんだと思います!
涙やけが気になっているので、改善できたらいいなぁと思っています。
粒のサイズが選べるのも良いです♪

 

 

ビィ・ナチュラルのメリット・デメリット

ビィ・ナチュラルのメリットやデメリットを確認しましょう。

◆メリット

  • オーストラリアの自然から、安心安全な原材料をチョイス
  • 日本で暮らすわんちゃんに合わせた栄養バランス
  • 様々なタンパク質源でアミノ酸の吸収を効率化
  • フード(粒)の形状を選ぶことができるため、便利
  • アレルギー持ちのワンちゃんでも選びやすいラインアップ

 

◆デメリット

  • 穀物が使用されている
  • ヤギ肉が臭い
  • 保存料が天然成分なので劣化に注意が必要

 

ビィ・ナチュラルのSNS評価は?

Instagramでの評判を調べてみたところ
ビィ・ナチュラルは愛犬家の皆さんから人気なようで
沢山の投稿が見つかりました♪

 

 

 

View this post on Instagram

てーさん🐷のカリカリ事情🍴 若かりし頃は好き嫌いがあったり食べなかったりと食べムラがありましたが、最近はけっこう何でも食べるようになったてーさん🐷 好みのカリカリはワイルド系のくさいやつ🐾 最近食べてるのはビィナチュラル🍴 カンガルーやヤギとかターキー、サーモンなどが主原料✨ カリカリに馬肉トッピングがお気に入りです✨ ちこちんは、会津の馬肉ちゃんにはまっているでち🐶🍴🐴 #ビションフリーゼ#ビション #bichonfrise #ドッグフード#カリカリ #チワワ#ロングコートチワワ #ビィナチュラル#馬肉 #カンガルー#ヤギ

chikotiaraさん(@chikotiara)がシェアした投稿 -

 

 

 

ビィ・ナチュラルの価格!最安値は公式・Amazon・楽天市場?

ビィ・ナチュラルは市販での取り扱いもあるようで
ペットショップなどでも購入できるようです。

その他に購入できるところはあるか調べてみました。

 

公式 Amazon 楽天 市販
通常購入 1,728円(800g)
3,024円(1.5kg)
4,860円(2.8kg)
7,128円(4,4kg)
11,448円(8,6kg)
1,728円(800g)
3,024円(1.5kg)
4,860円(2.8kg)
7,128円(4,4kg)
11,448円(8,6kg)
3,024円(1.5kg)
送料 無料 配達地域による

 

Amazon・楽天・市販ともに値段は変わりませんでしたが
販売元が公式なのはAmazonの方でした。

 

 

 

ビィ・ナチュラルのよくある質問

ビィ・ナチュラルによくある質問についてまとめました。

 

アボカドは毒になるのでは?
アボカドの種に含まれる成分がワンちゃんにとって毒になります。
ビィ・ナチュラルでは、アボカドの種の部分は使用していません。

アボカドオイルを使用していますが、
アボカドオイルには毒になる成分は含まれていないことがわかっています。

 

パウダータイプはどのように使えばイイ?
噛むことができないワンちゃん、
歯のないワンちゃん、食欲のないワンちゃんなどに
ふやかして与える用のドッグフードになっています。

子猫の離乳食やシニア犬のペーストフードとして与えることができます。
パウダータイプのフードをふやかして与えた後は
口周りをキレイに拭いてあげましょうね♪

 

ビィ・ナチュラルで期待できる3つの効果

ビィ・ナチュラルで期待できる効果をまとめました。

 

  • タンパク質(アミノ酸)を効率良く摂取できる
  • 健康維持に役立つ
  • うんちの状態が良くなる

 

ビィ・ナチュラル まとめ

ビィ・ナチュラル

 

ビィ・ナチュラルはできるだけ野生の安全なお肉を使用し、
化物合成物質や副産物を使用していません。

 

フードの形状(粒)も3種から選べて
ワンちゃんが美味しく食べられるように、という気持ちが伝わってきますね♪

 

ビィ・ナチュラルは全部で4種のラインナップがあります。

ワンちゃんの体質や嗜好に合わせて選んで下さい♪

 

 

おすすめの記事