上質なお肉を贅沢に使用した、カナガンドッグフードチキンのウェットタイプ。
グルメなわんちゃんも喜んで食べてくれるということで、多くの愛犬家たちが使用しているようです。
そんなカナガンドッグフードチキン ウェットタイプについての口コミや評判、効果をリサーチしてみました!
愛犬に安心して与えられるドッグフードなのか、見ていきましょう(*‘ω‘ *)

カナガンドッグフードチキン ウェットタイプの原材料・安全性を調べてみました

笑顔の犬

まずは原材料や成分のチェックから!
カナガンドッグフードチキンのウェットタイプが安全なのか、確かめてみましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

原材料の安全性はバッチリ!

原材料一覧
骨抜きチキン生肉(65%)、サツマイモ、プレバイオティクス(チコリー、バナナ)、ニンジン、エンドウ豆、ブロッコリー、ビタミン類(ビタミンD)、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン、無水ヨウ素酸カルシウム)、緑イ貝、サーモンオイル、リンゴ、ホウレンソウ、海藻、パセリ、ユッカ、ローズヒップ、イラクサ、マリーゴールド、アカニレ、アニス、セイヨウハッカ、ローズマリー

ドライタイプと同じく、ウェットタイプもチキン生肉がたっぷりと使用されています。
その量は、なんと65%!
原材料の半分以上もチキン生肉が占めているんですね☆
ウェットタイプは、肉食のわんちゃんにとってピッタリなドッグフードといえます。

そして、アレルギーの原因になる可能性がある、危険な穀物は一切使用されていません。
このようなグレインフリーのドッグフードは、わんちゃんの胃腸への負担も少ないので、安心して与えることができます。
人工添加物やわんちゃんにとって危険な素材も未使用なので、ウェットタイプは安全性の高いドッグフードなんですよ♪

栄養成分ではタンパク質が少なめ

栄養成分
粗タンパク質 : 10.5%
脂質 : 6.1%
粗繊維 : 0.5%
粗灰分 : 2.3%
水分 : 75.0%

ドライタイプと比べると、タンパク質の量はかなり控えめです。
もちろん主食として与えることもできますが、タンパク質はわんちゃんにとって大切な栄養素でもあるので、ドライフードのトッピング素材として与えることをおすすめします。
ドライタイプのカナガンドッグフードと一緒に与えれば、タンパク質量のバランスも良いですし、コストも抑えることができますよ(*‘ω‘ *)

トッピング素材として使用する際の注意点

  • ドライタイプの量を調整する
  • 密閉容器に入れて冷蔵保存

ウェットタイプをトッピング素材として使用する場合は、一緒に与えるドライタイプとのバランスに注意しましょう。
ウェットタイプを足した分、ドライタイプを減らすという方法をとってください。
いつも通りの量にウェットタイプを足して与えた場合、肥満や食べ過ぎに繋がります。

また、開封後は、常温ではなく冷蔵庫で保管しましょう。
缶詰タイプのドッグフードは、ドライタイプと比較することかなり水分量が多めです。
その分腐敗しやすいので、密閉容器に入れてしっかりと冷蔵保存をしましょう。
そして、開封後は酸化が進んでしまうため、早めに使い切ることが大切です。

カナガンドッグフードチキン ウェットタイプの悪い口コミ・評判

カナガンドッグフードチキンのウェットタイプについての口コミを集めてみました!
まずは、悪い口コミから見ていきましょう。

あまり食べてくれない

ドライフードだけだと味気ないのではと思い、お肉がたくさん入ったカナガンの缶詰を買ってみました。
栄養バランスも良いとのことでしたが、うちの子は進んで食べてくれません。
しばらく待っても食べないので、その場合は一旦下げて、次の食事のタイミングでまた与えたりしています。
そしたら、渋々ながらも食べてくれるんですがね…。
あまり好みの味ではないようです。
ドライフードの方は普通に食べてくれるので、購入した分を使い切ったら、またいつもどおりの食事に戻そうと思います。
ヨークシャーテリア(3歳)
お腹を壊してしまった

いつもドライフードを与えていましたが、友人の勧めで缶詰タイプを買ってみました。
同じカナガンではありますが、レオンには合わなかったようです。
すぐにお腹を壊してしまったので、残った分は友人に譲りました。
レオンは美味しそうに食べていたので、少し残念です。
またドライフード生活に戻します。
ミックス(5歳)
ちょっと値段が高いです

普通の乾いたドッグフードが苦手なようで、あまり食べてくれません。
手作りゴハンをあげていましたが、やはり手間も時間もかかるので、ウェットタイプのドッグフードを上げてみることにしました。
確かに楽ですし、時短にも繋がるので最初はよかったのですが、値段が高いのが気になります。
ゴハンをよく食べてくれるようにはなったので、よしとするかな?
でも、続けるのは難しそうなので、やっぱり手作りゴハンの回数を増やそうと思います。
マルチーズ(2歳)

カナガンドッグフードチキン ウェットタイプの良い口コミ・評判

次は、良い口コミを見てみましょう。

食いつきがいい!

このドッグフード、かなり食いつきがいいので気に入っています!
うちの子は幸せそうに食べてくれますよ(*´ー`*)
歳をとってちょっと歯が弱くなったので、柔らかくて食べやすいみたいです☆
お肉の他に、お野菜とかがゴロゴロ入っているので、それも好きみたいですね!
こんなに美味しく食べられるドッグフードが見つかってよかったです(*´∀`*)
柴犬(10歳)
トッピングに便利

私はドッグフードのトッピングとして、こちらのウェットフードを使い始めました。
2匹ともガツガツ食べてくれるので、毎日ゴハンをあげるのが楽しみです^^
あまりあげすぎると太ってしまいそうなので、様子を見ながら量を調節してみます。
2匹とも以前より食欲が出てるので、きっと美味しいんでしょうね♪
チワワ(3歳)ダックス(4歳)
安心して与えられます

栄養価が高く、管理を徹底しているようなので、安心して与えることができます。
今までは市販のドッグフードを与えていましたが、これからはカナガン一筋で。
愛犬の健康を考えるきっかけにもなったので、カナガンに出会えて本当によかったです。
長生きできるよう、ドッグフードだけでなく、生活面も見直してみます。
ペキニーズ(7歳)

カナガンドッグフードチキン ウェットタイプのメリット・デメリット

口コミを元に、メリットとデメリットを洗い出してみました!
それぞれ詳しく解説するので、ぜひご覧ください。

◆メリット

食いつきがいい
トッピングに使える
安心して与えられる

お肉の食感に近いウェットタイプは、一般的なドライタイプのドッグフードよりも食いつきがいいという評判があります。
そのため、あまり食欲のないわんちゃんや、ドライタイプのドッグフードが苦手なわんちゃんにおすすめです。
トッピングとして使って上げてみてください♪
また、新鮮で安全性の高い素材ばかりを使用しているため、安心して与えることができますよ。

◆デメリット

わんちゃんによって合う合わないがある
お腹を壊す場合がある
値段が高い

わんちゃんには個体差があるため、どのようなドッグフードでも合う合わないがあります。
そのため、食いつきがよいと評判のカナガンドッグフードでも、食べないわんちゃんがいるのです。

また、ウェットタイプのドッグフードを食べることで、お腹を壊してしまうわんちゃんもいます。
初めて食べるものに胃が驚いたり、水分量が多くてお腹を壊したりすることがあるのです。
これは、ドッグフードの切り替え時に少し工夫をすることで、ある程度は防ぐことができます。
少量ずつ与えたり、ドライタイプと混ぜて与えたりして、徐々に慣れさせることが大切です。

そして、ウェットタイプは値段が高いという意見もありますが、実はお得に購入する方法もあるんですよ♪
その方法は、後ほど価格のコンテンツでご説明します。

カナガンドッグフードチキン ウェットタイプの価格!最安値は公式・Amazon・楽天市場?

財布

大手の通販サイトと、公式サイトの価格を比べてみました!
単品では取り扱っておらず、400g×3缶セットが主流のようです。

Amazon 楽天 公式サイト
4,950円(税抜) 取扱なし 3,200円(税抜)

Amazonにはありましたが、楽天では今のところ取り扱っていないようです。
こうして見比べてみると、公式サイトが断然お得ということがわかりますね♪

しかし、それでも1缶1,000円超えは高い…!

そんなときは、公式サイトの「定期コース」に申し込めば、もっとお安く手に入れることができるんですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧
なんと、最大20%OFFで購入することができます!

セット数 価格 1セットあたりの価格
1セット 2,800円(税抜) 2,800円(税抜)
3セット以上 8,160円(税抜) 2,720円(税抜)
7セット以上 17,920円(税抜) 2,560円(税抜)

1セットだけでも、通常価格より安くなるので、定期コースの方がお得ですね♪
しかし、お得だからといって、買いすぎてしまわないように注意しましょう…!
わんちゃんの給与量に合わせて、セット数を選んでみてください☆

カナガンドッグフードチキン ウェットタイプのよくある質問

カナガンドッグフードチキンのウェットタイプに関する疑問をお持ちの方は、こちらをご参考ください。

ドライフードと混ぜても食べない場合、そのまま缶詰だけ与えてもいいの?

ウェットタイプのカナガンドッグフードは、主食としても使用することができます。
適切な給与量を守り、わんちゃんの年齢や運動量などに合わせて与えてください。
切り替え直後は、体型や体調の変化に十分注意しましょう。
子犬やシニア犬にも与えることはできる?
カナガンドッグフードチキンのウェットタイプは、全ての犬種・全ての年齢に対応しています。
そのため、成犬だけでなく、子犬やシニア犬にもおすすめのドッグフードです。
特にシニア犬は、噛む力が衰えてくるので、ウェットタイプは最適といえます。
体への負担を減らしながら、栄養をしっかりと摂取できるでしょう。
どのくらいの量を与えたらいいの?
カナガンドッグフードチキンのウェットタイプは、他のドッグフード同様、わんちゃんに与える量が決まっています。
ウェットタイプのみを与える際は、以下の給与量を参考にしてください。
1缶あたりの量は、400gです。

体重 1日の給与量
1~5kg 1/4~1/2缶
5~12kg 1/2~2缶
12~25kg 1缶~2+1/4缶
25~45kg 2+1/4缶~4缶
45~70kg 3+1/2缶~5缶

カナガンドッグフードチキン ウェットタイプで期待できる3つの効果

カナガンドッグフードチキンのウェットタイプには、優れた3つのポイントがあります。
そのポイントを元に、得られる効果をご紹介します。

◆ 栄養満点の食材でわんちゃんの健康をサポート

新鮮なチキンのお肉をたっぷりと使っており、サツマイモやブロッコリーといった素材がバランス良く配合されています。
また、抗酸化酵素やグルコサミンといった栄養成分を含む「緑イ貝」という素材も配合しているため、愛犬の健康をしっかりとサポートすることができるんです。

◆ 保存料不使用で発がん性の心配なし

カナガンドッグフードチキンのウェットタイプは、保存料を使用せずに品質をキープできる製法を取り入れています。
128℃という温度で、ゆっくりと時間をかけて調理しているんだとか。
そうすることで、ビタミン類が壊れてしまうのを防ぐこともできます。

◆ わんちゃん好みの香りで食欲増進

チキン生肉がたっぷりと使用されているため、封を開けた瞬間に、お肉の良い香りが広がります。
その香りによって、わんちゃんは食欲をそそられることでしょう。
ドライフードでは感じることのできない、抜群の嗜好性をお試しください。

カナガンドッグフードチキン ウェットタイプ まとめ

ラブラドール

いかがでしたか?
カナガンドッグフードチキンのウェットタイプは、安全性が高く、栄養満点ということがわかりましたね♪
わんちゃんが喜んで食べてくれる美味しさも、しっかりと兼ね備えています(*‘ω‘ *)
『愛犬がドライフードを食べてくれない』『もう少し美味しいドッグフードはないの?』とお悩みの方は、ぜひカナガンドッグフードチキンのウェットタイプを試してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事