犬は何でも勢いよくごはんを食べるイメージなので、つい人間の食べ物を与えてしまう飼い主さんもいるのでは?

  • 美味しいハンバーグ
  • チキン
  • オムライス

しかし、実はこれらの食べ物は大変危険なんです!!

犬が食べると危険な食べ物は意外にも沢山あるので、犬を飼っている方はぜひ把握しておきましょう!

1 犬に与えてはいけない食べ物がある?

vegetables-1212825_640

犬が口にしてはいけな、危険の食べ物は沢山!

ここでは、日常的にある危険度の高い食べ物をピックアップしてみました。

野菜類

  • たまねぎ
  • ネギ
  • ニラ
  • らっきょう
  • にんにく

人間が食べる料理で薬味として利用される、にんにくやニラなどは犬にとって大変危険です。

常備野菜の玉ねぎも犬の命に関わる危険な食べ物なんです。

これらの食べ物を口にしてしまうと、胃腸障害、血尿、衰弱、心拍の増加の末命を落としてしまうことです。

刺激の強い香味野菜系は、アリルプロピルジスルファイドという成分が。

これらは犬の赤血球を破壊し、溶血性貧血、ハインツ小体性貧血を起こします。

野菜そのものを口にするのも危険ですが、成分や栄養素が染み出すスープや出がらしも危険なので気を付けてください!

肉類

  • 豚肉
  • ソーセージ
  • 加工されたソーセージ
  • 唐揚げ

豚肉はトキソプラズマという寄生虫の根源になります。

生食の肉は犬にとって必ずしもいいということではないのです。

この寄生虫に感染すると、体重減少、下痢、目の障害などの症状にみまわれてしまいます。

若い個体ほど感染率が高く、人間や犬、猫と飼い主とペット間でも感染する危険な寄生虫です。

豚肉以外にも、加工されたソーセージや唐揚げ類も添加物が多いので、犬にとっては危険です。

また、骨付きの肉や魚は口や喉に刺さる危険があるので、避けてくださいね!

果物

  • ぶどう
  • マスカット
  • いちじく
  • プルーン
  • レモン
  • グレープフルーツ
  • ドライフルーツ
  • すだち

ポピュラーな果物であるぶとうですが、大量摂取で急性腎不全を誘発する危険な果物です!

犬にとって危険な成分である、「ソラレン」「フィシン」という毒物性物質が皮や葉に含まれています。

ぶどうを食べると、嘔吐やよだれ炎症等の症状が起こります。

果物類の中には食べられる物もありますが、葉や茎または種などに毒性の高い成分が含まれているので注意が必要です!

人間が食べて酸味を感じる果物の多くは、犬が口にしてはいけない食べ物なので与えないように。

植物

  • ユリ
  • ポトス
  • アボカド
  • シクラメン
  • スズラン
  • ツツジ

ユリやスズランなどは毒性が高く、誤食すると嘔吐や食欲不振を起こし、脱水症状の末に肝不全となり最悪死亡の恐れも!

花瓶に飾ったユリが良い香りで、ついクンクン……こんなシーンが微笑ましいと思うかもしれませんが、危険なシーンなんです!

観葉植物や花は全て危険なので、犬が行動する部屋には飾らないようにしましょう。

2 【対策】犬に与えてはいけない食べ物を与えた場合

veterinary-85925_640

「観葉植物が食べられている?!」「お菓子を食べられた!!」もしも、このようなシチュエーションにあったら、どのような対処をすればいいのでしょう?

まず、飼い主さんがすべきことは『動物病院に行く』ことです。

その際に、以下のことを獣医師に伝えましょう!

緊急時に獣医に伝えるべきこと①何を食べたか

どのような食べ物、もしくは植物、物を食べたのか具体的に伝えましょう。

緊急時に獣医に伝えるべきこと②どのくらい食べたか

何を食べ、どのぐらい食べたのか、量を伝える必要があります!

犬の大きさと、誤飲した物の量によって症状の出方が変わってくるので、それによって応対が変わってきます。

1粒なのか、手のひらサイズなのか、できるだけ伝えてください。

緊急時に獣医に伝えるべきこと③いつ食べたか

誤食してからどのぐらい時間が経過しているのか、時間の経過も極めて重要なポイントです。

危険度が高い物を食べてしまうと、急いで処置をしなければなりません。

また、危険度が低い食べ物であっても、大量摂取であればいずれ症状が悪化することに。

間違っても、『時間の経過と共に、症状が落ち着くだろう』なんて悠長に構えないように!!

 

基本的に、危険な食べ物を犬が口にした場合は、すぐに動物病院へ行き処置をしてもらいましょう。

これは絶対のルールです。飼い犬の命に関わることだと肝に命じましょう。

3 誤飲や誤食動物病院での治療方法

surgery-1822458_640

犬ちゃんが誤食、誤飲した場合、病院ではどのような処置が施されるのでしょう?

吐かせる(催吐処置)

専用の薬を使い誤飲した物を吐かせる処置があります。

指を突っ込み吐かせることはありません。ですから、自宅で吐かせようとしてはかえって危険です!

意識や呼吸が荒い場合は、誤飲した物が気道に詰まっている可能性もあるので、一刻も早く動物病院を受診しましょう。

胃洗浄

催吐処置でも誤飲した物が吐けない場合は、胃洗浄を行うことになります。

この処置は、胃に異物がある状態において有効ですが、消化された後では意味がないので他の処置にうつります。

腸に残る種子などを取り除くさいは、内視鏡を用いて洗浄を行い解毒を促します。

便と一緒に排出

異物を誤飲してある程度の時間が経過してしまった場合は、胃洗浄しても効果がうすいので自然排便を促すほかありません。

犬ちゃんでも飲める活性炭を使い、下剤効果を高め体外へ排出させます。

活性炭は腎臓機能のサポートにも役立つので、動物の治療の際に度々用いられます。

点滴

誤飲して相当な時間が経過した場合や、危険度が高く緊急度が高い場合は、血液に流れた毒素を排出する必要があるため点滴を打ち毒素を薄める処置がなされます。

悠長に観察せず病院へ!

愛犬を誤飲や誤食、中毒から守ることはおもいのほか大変です。

普段は躾を厳しく行えても、散歩の際に不意に拾い食いする可能性だってあります。

起きてしまわないことが一番いいのですが、起こってしまった場合は冷静になり早急な行動で愛犬の命を守ってあげましょう。

4【誤食】盲点!年間行事で気をつけたいポイントと食材

盲点ともいえるのですが、実は人間が楽しむ年間行事は犬にとって危険な場合も!

section01-page2-infobg

引用:http://www.j-cast.com/feature/kwu/chapter10/chapter10-03.html

上記は、日本における代表的な年間行事と、その際にふるまわれる料理です。

美味しそうな食べ物ばかりありますが、その中には犬にとって危険な食べ物も!

例えば、お正月を代表的なおぞうにですが、餅は粘土が高く喉を詰まらせる危険性が!

こんにゃくは消化不良の原因になりますし、七面鳥は骨があります。

それだけでなく、人間の料理は調味料が使われているので、基本的には与えないように!

5 まとめ

dog-1411236_640

これまで犬にとっての危険性の高い食べ物を説明してきましたが、ある程度把握できたでしょうか?

犬をペットとして飼う以上、彼らにとっての危険性はできるだけ排除すべきですが、難しい場合も。

せめて彼らの食事は危険性の心配がなく、栄養バランスの優れたドッグフードを与えましょう。

おすすめの記事