近年、ペット業界の市場は広がりを増し、人間並の高級フードを食しきらびやかに着飾る姿も珍しくはありません。

特に、ドッグフードに関しては企業が様々な趣向をこらし、数多くの規格品が販売されています。

スーパーで購入できるモノから、通販サイトから購入するモノまで選びきれないほど!

し・か・し!!

そんなドッグフードの中には、「危険な原材料」を使用した悪質とも言えるフードが販売されているんです(><)

フードのコストと原材料の単価、様々な関連があるにしても、愛犬の為には安全なフードを選びたい!

そこで、犬を飼育する飼い主が知っておくべき危険な原材料についてリサーチしてみました!

1 「4D」と呼ばれる食品不適格品の畜肉や原材料

minced-meat-1747910_640

ドッグフードを購入する際に注意した方が良いのは、「4D」と呼ばれる原材料です。

4Dを簡単に説明すると次のようになります。

4Dの意味とは?
  1. 「DEAD」死亡した動物の肉
  2. 「DEAD」病気だった動物の肉
  3. 「DEAD」死にかけだった動物の肉
  4. 「DEAD」障害のあった動物の肉 

4D、つまり4つのDEAD(死)にまつわる原材料の総称になるんです。

普段、我々人間はこのような原材料を口にすることはまずありません。

それは、食品衛生法や食品表示法など厳格に決められ守られているからです。

しかし、ペットフードには厳格な基準や法律が存在しておらず、そのためこのような4Dと呼ばれる原材料が使用されているんです。

危険な原材料は4Dだけではありません。

肉の副産物や添加物、犬にとって危険なモノが悲しいかなドッグフードに含まれているのです。

2 「肉副産物」の表示は◯◯の意味

4D以外にも危険な原材料があると説明しましたが、ドッグフードに刻字されている「肉副産物」というキーワードにも注意が必要です。

・牛
牛の副生物には、1.心臓(ハツ)、2.肝臓(レバー)、3.腎臓(マメ)、4.第一胃(ミノ)、5.第三胃(センマイ)、6.横隔膜(ハラミ)、7.横隔膜(サガリ)、8.小腸(ヒモ)、9.大腸(シマチョウ)、10.舌(タン)、11.頭肉(ホホニク)、12.尾(テール)などがあります。
(分類・名称は、社団法人日本畜産副生物協会「牛可食副生物小割整形処理基準」による)
・豚
豚の副生物には、1.心臓(ハツ)、2.肝臓(レバー)、3.腎臓(マメ)、4.胃(ガツ)、5.小腸(ヒモ)、6.大腸(ダイチョウ)、7.舌(タン)、8.足(トンソク)、9.子宮(コブクロ)などがあります。
(分類・名称は、社団法人日本畜産副生物協会「牛可食副生物小割整形処理基準」による)

引用:http://www.jlba.or.jp/con06_6.html

肉副産物を簡単に説明してしまえば、解体作業で出た「肉以外」の部位を指すことになります。

その中には人間も口にするレバーやミノなど、焼き肉や串焼きでも目にするモノばかり。

副産物自体は栄養価が高く、質が良いものであれば何の問題もありません。

ただ、安価なドッグフードに含まれる副産物は、必ずしも質が良いとは言えないのが現状です。

ペットフード安全法のおかげで、一定の安全性は担保されているものの、最終的には飼い主の目利きが必要に。

ペット 法律

引用:https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/petfood/outline.html

3 ドッグフードの危険原材リスト

pexels-photo-449518

ドッグフードに使用されている原材料の内、特に注意したい原材料をピックアップしてみました。

4Dミート 〇〇肉副産物
肉粉・ミートミール 動物性油脂
ビートパルプ ミートボーンミール
大豆 トウモロコシ
セルロース
砂糖 ホミニーフィード

一見すると、無害に思えるモノも含まれていますが、犬にとっては危険ななんです!

このリストの多くは、長期的に摂取すると消化不足やアレルギーを誘発してしまい、犬の健康に大きなダメージを与えてしまうことに。

人間にも言えることですが、原型をとどめていない食品の多くは、添加物や混ぜもので風味や栄養価がかさ増しされ、おおよそナチュラルな状態とは言えないんです。

4 なぜ市販のドックフードが非常食なみの賞味期限なのか?

pexels-photo-356079 (3)

私達が普段購入する食品の多くに「賞味期限」が刻字されています。

しかし、いざ愛犬のフードを購入しようとした時、賞味期限あまり気にしないのでは?

ドッグフードにも賞味期限はあるのですが、その期間は人間が食する非常食なみ!

「なぜそんな長期間でも腐敗しないのだろう?」

こう考える飼い主さんもいるでしょう、その答えは抗酸化剤の大量使用が要因なんです(><)

人間の食品には使用禁止でもペットは別。

そう解釈している企業側が、合成保存料を使用しているので、長期間でも保存が可能というわけなんです。

「ヒューマングレード」「プレミアムフード」といったこだわりを見せるドッグフードもある一方、安価で危険な原材料を使用しているドッグフードが混在しているのが日本の市場です。

5 まとめ

dog-trainer-silhouettes-sunset-38284

今回はドッグフードのややダークな側面について言及しましたが、添加物や保存料、副産物の全てが悪いとは個人的に思いません。

植物由来の保存料を使用したり、極力添加物を排除したりと、ドッグフードを作る企業も日夜必死に製品を開発してくれています。

ただ、100%の安全と安心は保証できるわけではないので、最終的な判断は飼い主次第。

最近は企業側も沢山の情報を公開していますし、ネットリサーチで有益な情報を入手することは簡単になっています。

愛犬の健康と栄養を担保するなら、飼い主も知恵を身に着け賢くなる必要があります。

おすすめの記事