マイペースな犬

 

愛犬と暮らす飼い主さんの中に、「愛犬がドッグフードを食べてくれない」といった悩みがあるようです。

改善するためにウェットタイプのフードを与えて食いつきが戻ったは良いけど、ウェットタイプしか受け付け

なくなり健康面が心配なようですね。

一番の原因は、ドライフードの食いつきが悪くなったことです!

 

そこで、愛犬の食いつきが良いと評価の高いドライタイプのドッグフードだけを厳選しました!

ドライフードの特徴と選び方を知ろう

まずはドライフードの特徴をご紹介します。

特徴を知る事でどんなワンちゃんがドライフードに向いてるか確認する事が出来ます(*'▽')

どんなワンちゃんが向いてるか確認した後、良質なドライフードを選ぶポイントを知りましょう♪

ドライフードの特徴

ドライフードとは、水分含有量が10%を下回るドッグフードを指します。

ワンちゃんが音を立てて食べる様子から「カリカリ」と呼ぶこともあります。

ドッグフードと言えばこのタイプを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか(*^^*)

 

また、もう一つメジャーなドッグフードと言えば「ウェットフード」ですね。

こちらは水分含有量が75%でやわらかく、缶詰タイプやチルドタイプがあります。

ドライフードの良さ

ドライフードにはさまざまなメリットがあります♪

 

①保存しやすい

ドライフードは水分含有量が少ないので腐りにくく、常温の状態でも長く保存が出来ます。

一般的なドライフードは高温下や湿気がある場所でない限り、開封してから約1ヶ月は持つように作られています。

ただし、一部の製品によっては例外もあります。

 

②歯石を取り除ける

ドライフードはウェットフードと比べると硬いタイプなので、歯石が残りにくいです。

ただ、それが絶対とは言えないので、日頃こまめに歯ブラシを行うことが重要です。

 

③水分を調整して柔らかくできる

歯のそろってない子犬期や、噛む力が弱ってきたシニア期のワンちゃんはドッグフードを上手く噛むことが出来ません。

ドライフードは水分を加えて柔らかく出来るので、愛犬が食べやすい柔らかさに調節出来ます。

 

ドライフードの悩み

機嫌が悪そうな犬

ドライフードのメリットをあげましたが、その反面デメリットもあるようです…(*_*)

どんな悩みが多いかあげていきます。

 

まず、食いつきが良くないということ。

ドライフードは香りが少ないので食いつきがイマイチというワンちゃんもいるようです(>_<)

 

次に、口が渇きやすいということ。

ドライフードは水分含有量が少ないので、ごはんと同時に水分も補う必要があります。

最後に、歯の弱ったワンちゃんは食べにくい、という点です。

ある程度フードに硬さがあるため、歯が弱ったワンちゃん、シニア期のワンちゃんは食べにくいことがあります。食べにくそうな時は、フードを柔らかくする必要があります。

 

ドライフードが向いている犬

ドライフードの良さ、そして悩みを見た結果、ドライフードに向いているワンちゃんは、

「健康な子犬期からシニア期の犬」ということが分かりました。

ドライフードはクッキーのようなカリカリとした堅さがあり、ある程度歯で噛み砕かないと飲み込みにくい部分があります。

なので特に健康に問題のないワンちゃんに向いているという事でした。

ですが、ドライフードは水分を加えて柔らかさを調整できるというメリットもあります(*^^*)

柔らかくした事でワンちゃんの食いつきが良くなる事もあるので、ドライフードは工夫次第でどのワンちゃん

にも対応できるフードと言っても良いかもしれません。

良質なドライフードを選ぶには

ドライフードはドッグフードで一番種類が多いタイプのフードです。

色んなメーカーから発売されているので、どのフードを選べば良いか迷いますよね(*_*)

質の良いドライフードを選ぶためにも、次のポイントを抑えましょう♪

 

総合栄養食

総合栄養食とは、栄養バランスがとれたフードの事で、フードと水だけで問題なく成長が出来る、毎日の主食としてふさわしいドッグフードを指します。

つまり総合栄養食のドッグフードを選べば健康維持を行うのに問題はないということですね(*^^*)

 

愛犬の食いつきが良く、食べやすい粒サイズ

フードのサイズは小粒サイズ・大粒サイズに分けられます。

ワンちゃんが食べやすいサイズのフードを選んであげましょう。

超小型犬~小型犬のワンちゃんは小粒サイズ、大型犬のワンちゃんは大粒サイズが食べやすいです(*'▽')

 

ドッグフードの原材料をきちんと知る

合成着色料、保存料、香料など「人工添加物」と呼ばれるワンちゃんに有害な添加物が含まれないか、原材料を良くみてあげましょう。

添加物を加えていない「無添加」のドッグフードがおすすめです。

 

安全性の高いヒューマングレード表記

「ヒューマングレード」とは、人間が食べても有害ではない食材を使用していることを呼びます。ドッグフードにはヒューマングレードではない製品も多くあります。なので、ヒューマングレード表記のフードは安全性が高いものだと言えます。

売上・売れ筋・国産・外国産などに左右されず、「ヒューマングレード表記」のドッグフードを目印にして選びましょう(*^^*)

愛犬の食いつきを良くするおすすめのドライフードランキング

数あるドライフードの中から、おすすめのドライフードを5つ厳選しました!

ドッグフードを選ぶにあたって、まず一番に考えたのは原材料の安全性でした。

ワンちゃんの健康を支えてくれるかどうかですね(^^)

そして、次に考えたのがワンちゃんの成長を支えてくれるフードである事!全年齢対応や、成長別に種類があるフードが良いですね(*^^*)

最後に、飼い主さんが続けやすい価格かどうかでした。質がいくら良くてもハイコストなフードを長く続ける事は難しいです(>_<)

 

以上のポイントを意識した結果がこちらです♪

 

モグワン
理想の食いつきを追求したスペシャルフード
価格 3,960円
内容量 1.8㎏
カロリー 344kcal/100g

1位はモグワンドッグフードです♪

モグワンは良質な原材料を用いたヒューマングレード表記の無添加ドッグフード!

ワンちゃんの食いつきが良い動物性タンパク質のチキン&サーモンをたっぷり含んでいるので、食いつきが良くないワンちゃんにおすすめです♪

また、モグワンは「手作りフード」を意識したドッグフードなので、トッピング次第でフードアレンジ出来るフードです。色んなトッピングを試せばフードアレンジのレパートリーが増えますし、ワンちゃんもごはんの時間が待ちきれなくなりそうです♪

全年齢・全犬種対応のドッグフードなので、どんなワンちゃんも美味しく召し上がれるのも魅力の一つです。

 

 

ファインペッツ
動物性タンパク質87%!栄養価の高い高品質ドッグフード
価格 3,142円
内容量 1.5㎏
カロリー 440kcal/100g

ファインペッツは動物性タンパク質をふんだんに使用したドッグフードです。動物性タンパク質はワンちゃんが本来求める栄養素!だから消化吸収率も高い割合を持ちます。その割合はなんと87%!

栄養素がたっぷり詰まっているので、運動量が多いワンちゃんもファインペッツを食べればエネルギー不足の心配はないでしょう♪

ただ栄養価が高い分、運動不足なワンちゃんは太ってしまう可能性があるので、給与量と運動量管理に気を付けてあげましょう。

ファインペッツは初回1,000円でお試しが出来るので、ワンちゃんの食いつきを一度試してみたいという方におすすめです♪

 

カナガン
健康対策も行えるバランスのとれたドッグフード
価格 3,960円 
内容量 2㎏
カロリー 361.25kcal/100g

カナガンはイギリス産の新鮮な「平飼いチキン」を使用しています。

平飼いチキンとは、鶏舎の中ではなく、地面で自由に放たれて育ったチキンを指します。つまり、ストレスフリーで育ったチキンは旨味が多いということ!ドライフードという事を忘れるぐらい、ワンちゃんも夢中で食べてくれそうです♪

グルコサミン・コンドロイチンが配合されているので、足腰の関節を強くしたいワンちゃんにおすすめです。

しかも無添加・ヒューマングレードなので安心して与えられます♪

ウェットタイプのフードも販売しているので、ワンちゃんがカナガンを気に入った場合はこちらを試してみるのも良いかもしれません。

シュプレモ
自然素材をぎゅっと詰め込んだ栄養たっぷりのドッグフード
価格 2,650円~/Amazon参考
内容量 2㎏~
カロリー 350kcal/100g

シュプレモは厳選された自然素材を使用したドッグフードです。

原材料には自然飼育されたチキン生肉を中心に、牧草で育ったラム肉、太陽の光を浴びたブルーベリーな

ど、15種類の自然素材が一粒にぎゅっと詰まっています。

肉類と野菜類をバランス良くブレンドしているので、ワンちゃんも美味しく食べる事が出来ます(*^^*)

しかも、栄養素を抽出することなくまるごと使用しているので、たっぷり栄養を摂る事が出来るんです♪

また、シュプレモはワンちゃんの成長別に合わせてフードの種類が選べるのも嬉しいポイントです。

 

ロイヤルカナン
種類が豊富!犬種の特性を追い求めたドッグフード
価格 1,600円~/Amazon参考
内容量 800g~
カロリー 393 kcal/100g

ロイヤルカナンはドッグフードの中でも有名なので、ペットショップでも見かけた事がある方は多いのではないでしょうか。そんなロイヤルカナンがおすすめの理由は、種類の豊富さです。

「柴犬専用」「チワワ専用」と、ワンちゃんの種類別に展開されているので、犬種別のフードにこだわりたい!という思いに応えてくれます。また、ワンちゃんの体調に配慮した「療法食タイプ」も出しています。

そんなロイヤルカナンは100%無添加とは言えないので5位という結果になりましたが、ワンちゃんの特性を追求し粒の形にもこだわっている点が好印象と言えます。

 

ドライフードは通販で買うのがお得

ドライフードは色々なルートで手に入れる事が出来ます。

主に購入出来る場所をあげると、一つ目にペットショップやホームセンターといったいわゆる「市販」から。

二つ目は、ネットショッピングを利用する方法で「ネット通販」と呼ばれる事が多いです。

三つ目は、「動物病院」です。

 

この三つの購入方法で一番おすすめなのが「ネット通販」です。

 

ネット通販に関する詳しい内容はこちらをご参考下さい。

 

ネット通販での購入方法

ネット通販の中にも種類が色々あります。

その中でも主に使用されている通販サイトが次の3つです。

・Amazon

・楽天

・公式サイト

 

Amazon、楽天は生活用品など品ぞろえが豊富なので、利用した事がある方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、この2つよりもおすすめなのは公式サイトでの購入です!

公式サイトでの購入がお得なワケとは

 

公式サイトでの購入がおすすめの理由が2つあります(*^^*)

 

・信頼できる品質

公式以外の通販サイトを利用した時、賞味期限がぎりぎりの物が送られてきたという話があります。

全ての製品がそうではありませんが、新鮮なドッグフードを手に入れるためには公式サイトの利用が安心出来ます。

 

・定期便で割引

公式サイトには定期的に注文する方に向けて「定期便コース」という制度があります。割引価格なのでお得に購入できます。

浮いた費用でワンちゃんのおもちゃを買い足す、なんて事も出来そうです(*‘‘)

 

ドライフードを食べない時の対処法

チワワの家族

ドライフードの悩みに多くあげられるのが「ドッグフードを食べてくれない」という問題です。

「食いつきが悪いしドライフードからは卒業かな…」

と思う方もいるかもしれません(;'')

ですがワンちゃんの歯の健康のためにも出来るだけおすすめしたいのはドライフードです!

ひと工夫すればドライフードの食いつきが良くなるはずです!(=゚ω゚)ノ

そこで、ドライフードの食いつきが良くなる与え方をまとめました。

まずはドライフード単品で改善するか挑戦

ドライフードの食いつきが悪い時は、まず、フードをふやかしてやわらかくしてみましょう。

ふやかす事でニオイが引き立つので、食いつきも良くなります。

フードが柔らかくなっているので、子犬期や老犬期のワンちゃんも食べやすくなるはずです。

ただ、ふやかしたフードを与え続けると歯が衰えてしいます。

健康的なワンちゃんであれば、ドライフードを与えるようにしましょう。

手作りフードに挑戦しよう

ドライフード単品では食いつきが悪いワンちゃんには、手作りフードを作ってみるのはどうでしょうか(*^^*)

ただし、いちから材料を用意するのではなく、ドッグフードにトッピングを加えた手作りフードを作りましょう♪

使うドッグフードは「モグワン」です!

手作りフードの作り方

手作りフードの方法は以下になります。

 

 

モグワントッピング

         引用:https://www.mogwandogfood.co.jp/cart

モグワンのホームページには、モグワンにトッピングを行った手作りフードが掲載されています。

彩りが良いドッグフードを見ると、こっちまで「美味しそう!」と感じますよね(*^^*)

手作りフードの注意点

トッピングの量が多すぎると、ワンちゃんの舌が必要以上にこえてしまいます。

また、カロリーオーバーにも繋がります(>_<)

ドッグフードの量とトッピングの量は7:3の割合がおすすめです。

他のフードと混ぜる

「ドライフードだとどうしても食いつきが良くならない!」

そんな時は別のフードを混ぜると食いつきが戻るかもしれません。

おすすめは、ウェットタイプのドッグフード、混ぜる事です。

「カナガン」は缶詰タイプもあるので、カナガンを使用している飼い主さんはこちらと併用するのがおすすめです。

 

混ぜるポイント…ドライフードとウェットフードがよく混ざるように、スプーンで丁寧に馴染ませてあげましょう。

 

注意点

あくまでもウェットフードはトッピングと考えて、ドライフードよりも多くなり過ぎないようにしましょう。

ドライフードの食いつきが良くなるには

骨を食べるパグ

ワンちゃんがドライフードを食べなくなった原因は食事の管理方法にあるかもしれません。

フードの管理方法をもう一度チェックしてみましょう♪

新鮮な状態を守る

ワンちゃんが美味しく食べれて健康に過ごすには、フードの状態が新鮮な事がなにより一番です(*^^*)

劣化したフードは味も栄養バランスも崩れています。

新鮮なフードを保つポイントを抑えましょう(*^^*)

・保存方法に気を付ける

開封したら袋の口をきちんと閉めてあげましょう。空気に触れると酸化が始まります。

・賞味期限は守る

これは基本ですね(*^^*)

また、ドッグフードの多くは賞味期限を1年としていますが、実際に開封してから食べきるのまでの理想は1ヶ月です。

1日の給与量&回数を守る

ワンちゃんの1日の給与量と回数が必要以上に多くなると、ワンちゃんが満腹の状態になります。

食事のバランスも崩れてしまうので、1日の給与量と回数は守りましょう(*^^*)

おやつは与えすぎていないか

ワンちゃんがおかしを食べる様子はとても可愛くて、ついたくさん与えたくなりますよね。

ですが与えすぎは禁物です。おかしばかり与えると偏食のワンちゃんになってしまいます。

本来の主食はドッグフードなので、おかしの与えすぎには注意しましょう!

人間の食べ物を与えていないか

人間用に味付けされた食べ物は香りが強いので、ワンちゃんもご馳走だと判断します。

ですが、それがきっかけで、ますますドッグフード離れが進んでしまいます(>_<)

人間用に味付けされた食べ物は与えないようにしましょう。

まとめ

ドッグフードはワンちゃんの一生を支える大切なごはんです。

ワンちゃんがドッグフードを食べない・食べたがらない時、フードをふやかす、トッピングを加える、ウェットフードを混ぜるなど色んな方法を試してみましょう。

 

一番良くないのは食いつきが悪いのをそのままにしておく事です。

 

人間の好き嫌いを直すのが大切なように、ワンちゃんの好き嫌いをなくす事もとても大切です。

 

家族の一員であるワンちゃんがごはんの時間が楽しくなるように、飼い主さんがしっかりサポートしてあげて下さい♪

 

 

夕焼けの犬と人間後ろ姿

おすすめの記事