疲れている犬

 

愛犬の皮膚が赤くなったり、抜け毛ひどいといった症状はありませんか?

この症状、実はドッグフードが合わないことが原因かもしれません(>_<)

ワンちゃんには苦手な原材料や成分があり、それらを含むドッグフードがアレルギーを引き起こす原因の1つと言われています。

アレルギーを改善・予防するためにも、良質なドッグフードを選んであげましょう。

 

 

ワンちゃんに多いアレルギーとは

 

 

ワンちゃんの発症するアレルギーの代表とし、以下の3つがあげられます。

・アトピー性皮膚炎

・ノミアレルギー

食物アレルギー

 

この中でも最も発症しやすいと言われるのが食物アレルギーです!

 

 

ワンちゃんのおよそ4割が食物アレルギーを発症する可能性があり、遺伝の問題やハウスダストなどの生活環境、または花粉がスイッチとなってアレルギーを発症するようです(;'')

 

一番多いのは食物アレルギーということなので、毎日の食生活が原因ということですね…

 

ワンちゃんが毎日口にするものと言えばドッグフード…ですよね(゜゜)

 

具体的に、どんな症状があると食物アレルギーの疑いがあるのでしょうか。

ワンちゃんのアレルギー症状をチェックしてみましょう!

 

 

こんな症状ありませんか?愛犬のアレルギー診断

ワンちゃんにこんな症状はありませんか?

もし該当するなら、それはワンちゃんからのSOSのサインかもしれません!

 

・抜け毛

・体をかゆがる

・外耳炎を繰り返す

・涙やけがひどい

・子犬期なのにひどい皮膚炎がある

 

どのワンちゃんもアレルギーになる可能性はありますが、統計上、アレルギーになりやすいワンちゃんは分かっているようです。

 

以下のワンちゃんはアレルギーを発症しやすいと言われているので、ドッグフード選びをしっかりしてあげたいですね!

 

◆涙やけ◆

プードル チワワ パピヨン マルチーズ

 

◆皮膚トラブル◆

シーズー ミニチュアダックスフンド フレンチブルドッグ

 

◆耳や手をかゆがる◆

柴犬

 

◆下痢・嘔吐をする◆

ゴールデンレトリバー

 

このように、ワンちゃんの種類によって発症しやすいアレルギーは異なります。

 

特に柴犬やフレンチブルドッグはアレルギーを起こしやすく、かつ、悪化もしやすい犬種です。

 

アレルギー症状が出た場合は、動物病院でアレルギー検査を行い、アレルギーの原因を突き止めることが最善です。

ですが、そうなる前に日頃から良質なドッグフードを与えてあげることが1番の対策です!

 

これはどの犬種のワンちゃんでも同じ。

少しでもアレルギー発症のリスクを減らすために、ドッグフード選びには慎重になりましょう。

 

アレルギーを引き起こすドッグフードとは

きつそうな犬

 

 

 

アレルギー全てを予防をするのは難しいですが、ドッグフードを見直すことでアレルギー軽減につながる可能性があります。

アレルギーの原因になる食材を知り、良質なドッグフードはなにかを見極めましょう!

アレルギーを引き起こす食材

ワンちゃんはアレルギーにとても敏感な生き物です(*_*)

 

ワンちゃんの苦手な食材は以下のとおりです。

 

・牛肉

・トウモロコシ

・小麦

・鶏卵

・鶏肉

 

動物性タンパク質である牛肉や鶏肉はワンちゃんの食いつきが良いので、ドッグフードで使用しているメーカーも多くあります。

鶏肉はアレルギー性は低いほうだと言われますが、それでもアレルギーの可能性がないとは否定できません。

 

チキンを摂り続けてチキンアレルギーを発症したワンちゃんもいるようなので、それを避けるためには異なる主原料のドッグフードをローテーションする方法が良いかもしれません(>_<)

 

また、アレルギー性の低いサーモンを主原料にしたドッグフードを選ぶのが良さそうです。

     

    ドッグフードに使用されやすいアレルギーを起こす原材料・成分

     

    ◆原材料

    「肉副産物」「〇〇ミール」と表記のあるドッグフードは気を付けましょう。

    病気を持っていた可能性のある動物の肺や腸などが使用されている可能性があります。

    原材料がおおまかな表記のドッグフードは注意です。

     

    ◆添加物

    人工の着色料、香料、酸化防止剤 ( エトキシン)といった添加物は発がん性・遺伝毒性・アレルギーなどをまねくと言われています。

     

    ◆穀物類

    トウモロコシ、小麦、大麦といった穀物類はワンちゃんは上手く消化できません。

    また、穀物類を多く摂ると血糖値が上がり、太りやすくなる可能性も。

    穀物類は別名「グレイン」と呼ばれ、穀物不使用のことをグレインフリーと言います。

    似たような表記でグルテンというものもあります。

    グルテンは小麦粉のタンパク質のことで、グルテンを使用しないことをグルテンフリーと言います。

    詳しい内容を読みたい方はこちらの記事も合わせてどうぞ。

    市販のフードについて

    ワンちゃんは本来肉類を中心にした食事を摂るのが理想ですが、値段の安いドッグフードは、穀物類を主原料にしています。

    穀物類は原価が安くフードのかさ増しが出来ますが、ワンちゃんの体に良いものではありません。

     

    また、肉類が含まれていたとしても、それは良質な肉類とは限りません。

    人間の摂る食事に比べ、ドッグフードは規制が緩いというのが現実。

    人間が口にすることが出来ない粗悪な肉類が使用されています(>_<)

     

    しかも出来るだけ廃棄処分をなくすため、賞味期限を長くなるように酸化防止剤を使用しています。

    添加物いっぱいのドッグフードを毎日食べ続ければ、ワンちゃんの体の中にはアレルギー要素がたまっていくばかり…。

     

    安くて保存期間が長いのはコスパが良く嬉しい点ではありますが、ワンちゃんの健康はおざなりにされています。

      ドッグフードは国産が良い?

      ドッグフードには「国産」と「外国産」があります。

      国産と外国産のドッグフードはどちらを選ぶのが正しいのか迷う飼い主さんもいらっしゃると思います。

      現代では日本製(国産)のものが安心という動きがありますが、ドッグフードの場合は必ずしもそうとは言い切れません。

      1番優先してほしいのはフードの品質です。

      原材料と成分がワンちゃんの体に本当にいいものか見抜くことがなにより大切です。

       

      失敗しないドッグフードの選び方

       

      動物性タンパク質が豊富

      本来肉食動物であるワンちゃんが求めているのは動物性タンパク質です。

      新鮮な肉類がたっぷりだと食いつきも良くなりGoodです(^^)

      低アレルギーの原材料

       

      ワンちゃんにとってアレルギーのリスクを減らす原材料を選びましょう!

      肉類だと鶏肉やラム肉、魚類だとサーモンやマスがおすすめです。

       

      グレインフリー(穀物不使用)

      グレイン(穀物類)はアレルギーを引き起こし、消化不良の原因にもなります。

      トウモロコシ、小麦と言った穀物類を使用しないグレインフリーのドッグフードを選びましょう。

       

      添加物を含まない

      酸化防止剤、着色料、香料といった添加物がドッグフードに含まれると、ワンちゃんの体に次第に蓄積していき、アレルギー症状だけではなく命に関わる病気も引き起こします。

      そうならないためにも、できる限り添加物の少ないものを選ぶようにしましょう。

       

       

      
      

      以上のことから、ドッグフードを選ぶ際は、動物性タンパク質が豊富で安心の原材料であること、消化に良いグレインフリーであることですね(^^)

      さらに安全性を高めるため、添加物のない無添加ドッグフードを選んであげましょう♪

       

       

       

       

       

       

       

      アレルギー知らずのワンちゃんへ!ドッグフードランキング

       

       

      ピナクル トラウト&スイートポテト
      アレルギー対策にはこれ!健康対策も行える良質フード

      価格 3,784円

      内容量/カロリー 2kg/325kcal ( 100gあたり)

       

      ピナクル トラウト&スイートポテトの主原料は魚のマスを使用しています。マスには皮膚の状態を健康に保つ不飽和脂肪酸と、脳を活性化させる働きがあるDHA・EPAが含まれます。

      さらに、スイートポテトには食物繊維が多く含まれているので腸が活性化し、消化がスムーズになります♪それだけではなく、カルシウムやビタミンCが含まれるので、コレステロール値を下げ、動脈硬化の予防にも繋がります。

      低アレルギー・低カロリーのマスを使用しているのでアレルギー予防、肥満・生活習慣病の予防も行える優秀なドッグフードです♪

      そして、ピナクルシリーズはマスを主原料にしたトラウト&スイートポテト以外にも、鶏肉やアヒル肉を主原料にしたフードがあります。内容量も800gから5.5㎏サイズまでと種類が豊富!

      しかも全年齢対応のドッグフードなので、フードの切替をいつでも始めやすくて助かります♪

       

      アーテミス オソピュアグレインフリー サーモン&ガルバンゾー
      低アレルギーの原材料で整腸作用もあり

      価格 2,258円 

      内容量/カロリー 1㎏/360.9kcal(100gあたり)

       

      アーテミスはフレッシュサーモン・ドライサーモンを主原料にしているので、獣肉アレルギーのワンちゃんも安心して食べられます♪

      サーモンは良質なタンパク質が摂れて、かつ、低カロリーなのが嬉しいポイントです♪しかも高い抗酸化作用を持つアスタキサンチンが含まれるので、アンチエイジング効果も期待できます。

      もちろん、穀物類は一切使用しないグレインフリーなので、アレルギーや消化不良になる危険性はありません!むしろ食物繊維たっぷりなので、整腸作用も期待できそうです。

      また、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸が配合されているので、ワンちゃんの体のめぐりをサポートしてくれそうです♪

       

      エランコDr's CARE アミノプロテクトケア 
      重度のアレルギーを持つワンちゃんにおすすめの療法食

      価格 5,386円

      内容量/カロリー 3kg/384kcal(100gあたり)

        

      エランコ Dr's CARE アミノプロテクトケアは皮膚トラブルや消化トラブルが多いワンちゃんのために開発された療法食のドッグフードです。

      消化吸収率の高いアミノ酸結合ミネラルを使用しているので消化器官が弱いワンちゃんにおすすめです。

      また、被毛を整える効果のあるオメガ3脂肪酸が含まれるので、皮膚トラブルを少なくしてくれるでしょう♪

      エランコ Dr's CARE アミノプロテクトケアは動物病院で推薦されることも多く、それだけアレルギー対策のドッグフードとしてメジャーだということが分かります♪

      療法食なので、初めて使用する際は獣医師に相談してからご使用することをおすすめします。

       

      ナチュロル
      国産の100%無添加ドッグフード!腸内環境サポートも◎

      価格 3,000円

      内容量/カロリー 850g/400kcal

       

      ナチュロルは消化不良の原因になりやすいトウモロコシや小麦は含まず、合成着色料や保存料、香料は不使用の100%無添加!なので、人間が食べても害はありません。

      腸内環境を整える乳酸菌が熱で壊れないように、ナチュロルは独自の低温フレッシュ製法で作っています。なので、生きた乳酸菌がそのままワンちゃんのお腹に届き、腸内環境を整えてくれるんです♪

      特に下痢や嘔吐の症状が多かったワンちゃんにおすすめできますよ♪

       

      カナガン
      天然の酸化防止剤を使用!こだわりの無添加ドッグフード

      価格 3,960円

      内容量/カロリー 2㎏/361.25kcal(100gあたり)

       

      カナガンはグレインフリー・ヒューマングレードなのはもちろん、被毛ケア成分のオメガ脂肪酸や、関節サポート成分のグルコサミンが含まれるので、アレルギー対策と健康対策どちらも一緒に行えます。

      主原料はワンちゃんが鮮度にこだわった原材料を配合しているので、食いつきのほうもバッチリです(^^♪

      酸化防止剤は天然のものを使用しているので、ワンちゃんの健康を最大限に配慮したドッグフードだと言えます。

      また、缶詰タイプもウェットフードも販売しているので、ドライフードの食いつきがいまいちだった時はこちらを活用すると良いかもしれません♪

       

       

      成長別におすすめのドッグフード

      パピー(子犬)期・成犬期・シニア(高齢犬)別におすすめしたいドッグフードをご紹介します。

       

       

      パピー(子犬)期

      パピー(子犬)期のワンちゃんには、カナガンがおすすめです。

      おすすめの理由は小粒サイズであることです。

      また、カナガンは全犬種全年齢対応のドッグフードなので、ワンちゃんの人生を長くサポートしてくれます。

      子犬期の頃からカナガンを与えてアレルギー知らずのワンちゃんに育ててあげましょう(*^^*)

      成犬期

      成犬期のワンちゃんにおすすめなのがピナクル トラウト&スイートポテトです。

      成犬期はワンちゃんの人生において1番活発な時期です。

      運動量も増え、ワンちゃんによっては妊娠・出産をする時期でもあります。アレルギーを引き起こすと生まれてくる子にも遺伝の恐れがあります。

      また、成犬期にアレルギー体質になると、そのままシニア期まで引きずることになります。そうならないためにも、成犬期のうちにアレルギーを起こさないドッグフードを与えてあげましょう。

      シニア(高齢犬)期

      シニア(高齢犬)期のワンちゃんにおすすめなのは、エランコ Dr's CARE アミノプロテクトケアです。

      シニア(高齢犬)期は成犬期に比べて免疫力が落ちるので、アレルギーを発症する確率も上がってしまうでしょう(>_<)

      エランコ Dr's CARE アミノプロテクトケアは療法食のドッグフードなので、シニア(高齢犬)期のワンちゃんのアレルギー症状にしっかりアプローチしてくれます。

       

       

      ※成犬期になったらピナクルに切り替える、シニア期になったらエランコに切り替えるというわけではありません。

      この時期のワンちゃんには特に使って欲しいというドッグフードのご紹介なので、ワンちゃんの体質にフードが合えば、切り替えず長く同じフードを与えるのがおすすめです(*^^*)

       

      ワンちゃんのアレルギーのQ&A

      見つめる犬

      アレルギーを見抜く方法はある?

       

      自分で見分ける

       

      「うちの子もしかして食物アレルギーなのでは?」

      と心配な場合は、飼い主さん自身で判断する方法もあります。

      1つのメニューを3ヶ月ほど与え続けて、アレルギーの症状が改善したか、悪化したかでその食物にアレルギーがあるか判断します。

      ドッグフードでアレルギーを特定したい場合は、原材料を確認して、1種類のタンパク質(例:鶏肉、サーモン)を使われているフードを順番に試してみましょう。

      動物病院で検査する

       

      ワンちゃんが持つアレルギーをより詳しく知りたい、という場合は、動物病院でのアレルギー検査を受けてみましょう。

       

      検査方法と費用はこちらです(^^)

       

      検査方法と費用
      被毛検査  1500円~
      そうは検査 1500円~
      セロハンテープ検査 1500円~
      アレルゲン特異的IgE検査 15000円~
      リンパ球反応検査 35000円~

       

      これはあくまで目安なので、検査内容や費用は病院によって異なります。

      ドライフード以外でアレルギー対策できるものはある?

       

      缶詰タイプのフード

      「ドライフードの食いつきが悪いので、ドライフード以外でアレルギー対策を行えるものはないか?」

      そんな飼い主さんはカナガンの缶詰はどうでしょうか。

      ドライフードと同じく、生肉チキンがたっぷり含まれ、グレインフリーなので安心して与えられます。

      サプリメント

      症状が重く、ドッグフードでは解決できないと判断した場合は、アレルギー症状に特化したサプリメントを活用してみるのも良いかもしれません(^^)

      フード以外でアレルギーの原因はある?

       

      免疫の問題

      アレルギーを発症しやすい子は、免疫のコントロールが上手くいっていない可能性があります。

      免疫力が落ちると人が風邪をひきやすくなるように、ワンちゃんも外部からの刺激(ハウスダストや花粉)を受けるとアレルギーが発症しやすくなります。

      アレルギーを発症しやすいワンちゃん、そうでないワンちゃんがいるのはそのためです(>_<)

       

      アレルギー知らずのワンちゃんになるには

      アレルギー知らずで健康なワンちゃんになるには食事の質にこだわってあげるのが第一です。

      良質なドッグフードを与えるのはもちろんのこと、ワンちゃんが苦手とする食べ物や人間の味付けのされた食べ物は与えないようにしましょう!

      そして、周りの生活環境が整っているかの確認も大切です♪

      ハウスダストや花粉が原因でアレルギーを発症することもあるので、空気の入れ替えもこまめに行いましょう。

      ワンちゃんが快適な暮らしが出来るように意識すれば、アレルギー知らずのワンちゃんになれるはずです(*^^*)♪

      眠る犬

       

       

      おすすめの記事