舌を出す犬

『国産のドッグフードは本当に安全なのか?』

そのような疑問を解決するために、外国産のドッグフードとの違いを徹底的に比較してみました!
おすすめの国産ドッグフードもご紹介するので、ぜひご覧になってみてください(*‘ω‘ *)

わんちゃん想いの飼い主さんのために、品質の良い商品をお教えします♪

国産と外国産ドッグフードの違い

それでは、国産と外国産のドッグフードにどんな違いがあるのか、徹底的に比較してみましょう!
「ドッグフードに対する規制」「それぞれの特徴」「メリット・デメリット」に分けて比べてみます(*‘ω‘ *)

ドッグフードに対する規制

まずは、それぞれの規制について比較してみました。

 

●国産ドッグフードの規制

なんとドッグフードは、国内で「雑貨」として扱われています…!
つまり、「食品」には該当していないということです(´;ω;`)
そのため、全てのドッグフードに当てはまるわけではありませんが、安全基準は緩い傾向にあるということを理解しておきましょう。
わんちゃんは私たち人間のように、食品衛生法という規制で守られているわけではないのです。

素材表示に制限はなく、無添加と記載していながらも、添加物が入っているドッグフードまで存在するほど。
合成保存料などの添加物が入っていても、記載されていないドッグフードが多くあったのです。
わんちゃんのためにも、原材料の細かい確認は欠かせませんね(´;ω;`)

しかし、2007年にアメリカでペットフードに関する重大な事件(メラミン混入事件)が起きたことにより、日本でも「ペット安全法」という法律が施行されました。
まだまだ緩い規制ではありますが、以前よりもドッグフードに対する安全志向が高まったことがわります(*‘ω‘ *)

 

●外国産ドッグフードの規制

外国は、ドッグフードに対する規制が厳しいところが多く見受けられます。
ペットの法律もしっかりしており、ドッグフードも人間食と同様に「食品」として扱われているのです。

そのため、添加物にも厳しい基準が設けられており、比較的安全性が高いという傾向があります。
しかし、外国産のペットフードだから必ずしも安全とは限らないので注意しましょう。
こちらもしっかりと原材料を確認してから、購入する必要があります(๑•̀ㅂ•́)و✧

それぞれの特徴

次は、それぞれの特徴の違いについてご説明します。

 

●国産ドッグフードの特徴

国産のドッグフードには、肉だけでなく、野菜や穀物が多く含まれているものがあります。
主原料が穀物のドッグフードが多いという特徴もありますね…。
穀物とは、小麦やトウモロコシなどのとこを示します。
わんちゃんのアレルギーの原因にもなることがあるので、注意が必要な成分です。

また、添加物が多く含まれているドッグフードも多く出回っているので、その点は注意すべきポイントでもあります。
合成保存料や、合成着色料のことですね(´・ω・`)

その点を踏まえて、安全性の高いドッグフードを厳選しましょう。

国産の特徴まとめ
  • 肉以外の素材が含まれているものがある
  • 主原料が穀物のものが多い
  • 添加物が含まれているものが多い

 

●外国産ドッグフードの特徴

外国産のドッグフードは、法律で守られているということもあり、質の良い素材を多く使用しています。
ヒューマングレードという、人間も食べられる素材で作られているドッグフードもたくさんありますよ(*‘ω‘ *)

そして主流は、グレインフリーやグレインフリーのドッグフードです。
グレインフリーは穀物不使用、グレインフリーは小麦不使用という意味意味なんですよ☆
特にメラミン混入事件の後からは、そういったドッグフードは増えてきました。

添加物に対する規制も厳しいため、100%無添加のドッグフードもたくさん販売されています。

外国産の特徴まとめ
  • 質の良い素材が使われている
  • グレイン、グルテンフリーのものが主流
  • 100%無添加のものが多い

メリット・デメリット

最後に、国産と外国産ドッグフードの、メリット・デメリットを比較してみましょう!

 

●国産ドッグフードのメリット・デメリット

◎メリット

・安心感がある
・輸入費用がかからない
・コスパが良い

国産のメリットは、なんと言っても「安心感」が得られるという部分ではないでしょうか(*‘ω‘ *)
自分が暮らす土地で作られているため、原産国は明確ですし、何かあればすぐに製造元に直接問い合わせることもできます。

そして、輸入の費用もかからないので、品質の良いドッグフードでも、低価格で購入することができるんですよ♪

 

×デメリット

・含まれる穀類が多い
・肉類の質が低い傾向にある
・添加物が多いものがある

デメリットは、アレルギーの原因にもなってしまう、穀類が多く含まれている点です…。
また、ペット安全法がありながらも、まだまだ規制は緩いため、肉類の質が低い傾向にあります。

そして人間の食材には使用できない添加物が含まれているフードもあるので、品質チェックが欠かせないという点もありますね(´;ω;`)

 

●外国産ドッグフードのメリット・デメリット

◎メリット

・安全性が高いドッグフードが多い
・穀類よりも肉類が多く含まれている

安全性が高いドッグフードが多いという、嬉しいメリットがありますね!
もちろん、ドッグフード選びではわんちゃんの安全性も考慮し、細かい成分チェックは必要になりますが、明確に記載されているので、成分表示から正しい情報を得ることができます☆

そして穀類よりも肉類が多く含まれているため、わんちゃんがアレルギーを発症してしまう可能性を最小限に抑えることができるんです(*‘ω‘ *)

 

×デメリット

・入手しづらい
・輸送時の品質管理に心配が残る

外国産のドッグフードは、国内の店舗ではあまり販売されていません。
ほとんどがネット通販でしか購入できないため、人によっては入手しづらいという部分がネックになります(´・ω・`)

また、安全性が高いと言っても、輸送時の品質管理に問題があれば、安全とは言えませんよね…。
購入するなら、品質管理も徹底しているメーカーかどうかという部分まで確認しなくてはいけないのです。

国産と外国産ならどっちがおすすめ?

考える牛

どちらのドッグフードが安全という決まりはありません。
大切なのは、流行りや評判に流されずに、しっかりと自分で安全性を確かめることです。

できれば、その商品の公式サイトを見て、生産者のこだわりや商品のコンセプトの確認をしてみましょう☆
他にも、原材料や品質、産地などの確認もしてみてください。
国産のドッグフードという枠の中でも、それぞれ大きな違いがあることを確かめることができますよ(*‘ω‘ *)

また、「国産だから良いもの」「外国産だから品質が高い」と安心せずに、どちらも詳細を確認することが大切です!

ドッグフードを選ぶ基準

ドッグフードを選ぶ際に、必ずチェックしておきたい部分があります!
しっかりと確認し、粗悪なものを選ばないようにしましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧
以下の3点つのポイントを、気をつけて確認してみてください☆

100%無添加のものか

国産も外国産も、選ぶ際は無添加のものを選びたいですよね(*‘ω‘ *)
その場合、100%無添加という記載があるものを選んでください♪
添加物は、アレルギーを起こす可能性がありますし、発がん性のあるものもあります。
そのため、保存料や着色料は、天然由来成分のものを選んであげることが大切なんです!

穀物が使われていないか

この穀類も、アレルギーを誘発してしまう可能性のある素材です。
しかし、国産のドッグフードに穀物不使用のものはほとんどないので、できるだけ肉材料が文頭に記載されているドッグフードを選びましょう!

肉材料の質はどうなのか

文頭に肉材料が記載されていても、質が良いものでなければ、安全なドッグフードとは言えません(´;ω;`)
以下の危険な肉材料は控え、きちんと明確に肉の種類が記載されているドッグフードを購入してくださいね☆

注意すべき肉素材
  • 4Dミール
  • ◯◯副産物
  • 動物性油脂

おすすめの国産ドッグフードランキング

ドッグフードの選び方がわかったら、あとは自分の目で確かめながら厳選していきましょう!
おすすめの国産ドッグフードを、ランキング形式でご紹介します。
先程お伝えした「選ぶ基準」を参考に、わんちゃんにピッタリのものを選んであげてください(*‘ω‘ *)♪

 

ナチュロル
国産では珍しい穀物不使用のドッグフード!
ナチュロルは、国産では珍しいグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードです!
香料や着色料などの添加物は使われておらず、人間も食べられるヒューマングレードという素材を使用しています♪

添加物 穀物 肉材料

引用元:https://reason-why.jp/naturol/se/

外国産のドッグフードに不安があるという方にぜひおすすめなのが、ナチュロルのドッグフードです(*‘ω‘ *)
主原料は全て新鮮なものが使用されているので、安心安全ですね!
国産でありながら、添加物不使用・穀物不使用・肉材料の質といった基準を全てクリアしているという特徴があるんですよ♪

また、「総合栄養食」としても認められており、ナチュロルと水だけでわんちゃんの栄養バランスを整えることができます

初めて購入する場合は、お試し価格で安く入手することもできるので、万が一わんちゃんのお口に合わなかった場合でも、無駄になってしまうことがありません☆

▼基本情報

評価
価格 お試し価格 100円(30g)
主原料 牛生肉・鶏生肉・馬生肉・生魚

 

犬心
わんちゃんの療養食として最適!
添加物不使用の、国産ドッグフードです!
「消化器ケア」「糖&脂コントロール」「元気キープ」の3種類が販売されており、どれもわんちゃんの健康を気遣って作られた、品質の高い療養食なんですよ♪

添加物 穀物 肉材料
×

引用元:http://dog-to.com/

犬心は、病気の予防や療養食として与えることのできるドッグフードです(๑•̀ㅂ•́)و✧
わんちゃんにとって危険な添加物も含まれておらず、肉材料の質もバッチリ!

穀物が使用されている点は少々気になりますが、こちらにはちゃんとした理由があります。
それは、”血糖値の急上昇を防ぐため”という理由です。
わんちゃんの健康を気遣った、療養食ならではの理由ですね(*‘ω‘ *)

▼基本情報

評価
価格 お試し価格 無料(200g)
主原料 牛生肉・鶏生肉・馬生肉・生魚

 

TASHIKA
鹿肉が主原料の高たんぱくドッグフード!
鹿肉を主原料とした、珍しいタイプのドッグフードです☆
栄養をたっぷり補給できるので、中型~大型のわんちゃんにおすすめ!
活発なわんちゃんにピッタリです♪

添加物 穀物 肉材料

引用元:http://tashika.shop-pro.jp/

無添加で穀物不使用の鹿肉ドッグフードです!
兵庫県の多可町に、ふるさと納税を収めると、2袋購入できるという変わった特典も付いています。
使用されている鹿肉は全て新鮮なものなので、安心してワンちゃんに与えることができるでしょう(*‘ω‘ *)

また、鹿肉が60%を締めているので、たんぱく質の割合は高く、38%もあります。
体が大きく活発なワイルド犬に向いているドッグフードなので、そのようなわんちゃんを飼っている方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか♪

▼基本情報

評価
価格 お試し価格 2,500円(1kg)
主原料 鹿肉

 

わんちゃんの健康ケアもバッチリ!
デイリースタイルは、病気の予防や療養食として与えることのできるドッグフードです!
皮膚・肝臓・腎臓など、8種類の疾患のケアができます。
また、療養食でありながら、食いつきの良さも抜群です♪

添加物 穀物 肉材料
×

引用元:http://www.shukunami-vet.jp/lp-a8/?ad_code=a8pc

獣医師さんの『もっと多くのわんちゃんを助けたい』という想いから生まれたのが、このデイリースタイルです☆
8種類の疾患に対応できるという特徴を持ち、わんちゃんの健康をサポートしてくれます(*‘ω‘ *)
17部門で1位を獲得した商品でもあり、多くの愛犬家の方々が利用していますよ☆

また、子犬用・成犬用・シニア用というように、ライフステージ毎に分けての販売もしているんです!
わんちゃんは年齢によって必要な栄養素やカロリーが異なるので、適したドッグフードを選ぶことができますね♪

▼基本情報

評価
価格 お試し価格 1,000円(300g)
主原料 生鹿肉・生牛肉・焙煎玄米・小麦

 

プリモ
生肉に限りなく近いドッグフード!
プリモには、様々な肉材料が使われています。
牛肉、鶏肉、馬肉などの割合が多く、肉食のわんちゃんにマッチしたドッグフードです☆
ベーシックタイプとシニアタイプがあります(*‘ω‘ *)

添加物 穀物 肉材料
×

引用元:http://www.primofood.jp/

無添加のプリモは、肉材料をメインとして作られています。
生食に限りなく近い食事を提供できるので、人気のドッグフードなんですよ(*‘ω‘ *)

玄米や全粒粉などの素材は気になるので、初めてのわんちゃんは様子を見ながら与える必要がありますが、割合は少ないため比較的安全です。

そして特徴的なのが、パッケージの種類が多いという点です!
500g・1kg・3kg・6kgと分けて販売されているため、わんちゃんが食べる量に合わせて購入することができます

▼基本情報

評価
価格 1,556円(1kgの定価)
主原料 牛肉・鶏肉・馬肉・魚肉

 

外国産ならこれがおすすめ!

外国産のドッグフードで特におすすめなのは、下記の2つです!
ペット食の規制が厳しいイギリスが原産国なので、安全性はバッチリ確保されていますよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

手作り食に最も近いドッグフード!
『わんちゃんに手作り食を与えたいけど時間がない…!』
『栄養バランスを考えるのが難しい…!』
そんな愛犬家の方々のために作られたのが、モグワンのドッグフードです☆

添加物 穀物 肉材料

引用元:https://www.mogwandogfood.co.jp/cart

手作り食並の安全性と栄養バランスを実現できたのが、このモグワンドッグフードです!
栄養たっぷりのドッグフードなので、わんちゃんに健康的な食生活を提供することができるんですよ♪

また、偏食気味のわんちゃんも美味しく食べられるということで、多くの方がリピートしています(*‘ω‘ *)
粒が小さめなのも、食べやすさの秘訣ですね☆

▼基本情報

評価
価格 3,960円(1.8kgの定価)
主原料 チキン・サーモン

 

迷ったらこれで決まり!
イギリス産の高級食材を使用した、グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードです!
食物繊維も豊富に含まれているので、わんちゃんの腸活にも役立ちます♪
体の巡りを良くし、綺麗を保つことができます(*‘ω‘ *)

添加物 穀物 肉材料

引用元:https://www.canagandogfood.co.jp/

わんちゃんに必要な栄養素が含まれているのはもちろんのこと、偏食を改善できるというメリットも持ち合わせています
新鮮な生肉を主原料としているため、元気な体を保つのに役立ちますよ♪

また、サツマイモや海藻類など、さまざまな素材がふんだんに配合されているので、食物繊維やミネラルなどもきちんと摂取できるんです(๑•̀ㅂ•́)و✧

▼基本情報

評価
価格 3,960円(2kgの定価)
主原料 チキン

 

自分の目でしっかりと確かめて選ぼう

国産のドッグフードと、外国産のドッグフードを比較してみましたが、いかがでしたか?
『国産は絶対安全!』と思っていた方も、フード選びの重要さを改めて実感できたと思います…!

ドッグフードを選ぶ際は、原産国だけに着目するのではなく、中身も確かめることが大切ですね(๑•̀ㅂ•́)و✧
しっかりと自分の目で見て確かめ、わんちゃんに合ったドッグフードを選んであげましょう♪

おすすめの記事