コーギー

 

中型犬は忠誠心が強く、正義感が強いという面から、多くの愛犬家から人気があります。

 

そんな元気で活発な中型犬ですが、アレルギーや関節のトラブルが多いとされています。

実はこれらのトラブルは、適切なドッグフードを選ぶことで解決・予防できるかもしれません!

 

でも、最近はドッグフードの種類も増えて、どんなドッグフードが本当に良いのか迷いますよね。

そこで、本当におすすめできるドッグフードをランキングでまとめました!

 

さらにドッグフードの与え方&保存方法などもまとめたので是非ご参考下さい♪

小型犬と大型犬のいいとこどり!中型犬の特徴とは?

中型犬は、小型犬と大型犬のいいところを兼ね備えている犬種です!

 

ワンちゃんの重さにもよりますが、小型犬のように抱くことも出来ますし、大型犬のようなしっかりとした体格も持ちます。

室内でもある程度飼いやすいため、中型犬を飼っている方は多いです。

 

そんな中型犬の特徴を詳しく見ていきましょう!

飼い主さんが改めて愛犬の体質を見直すきっかけにもなるはずです♪

中型犬の種類

まずは中型犬の体格の特徴を詳しく見ていきましょう!

中型犬は、成犬時の体重が11~25kgぐらいのワンちゃんを中型犬と呼びます

 

国内で有名な中型犬をあげると、

ウェルシュ・コーギー、フレンチブルドッグ、ボストンテリア、ビーグル、日本スピッツ

などがあげられます。

中型犬の運動量

中型犬はもともと牧羊犬や狩猟犬として活躍していた犬種でした。

そのことから、中型犬のワンちゃんは運動量が多く、散歩も1日1時間は必要になります。

中型犬に多い病気

雪とボーダーコリー

中型犬は犬種によってかかりやすい病気が異なります。

どんな病気なのか、詳しく見ていきましょう。

間接系の病気

中型犬は関節に関わる病気が多いようです。

犬種によっては椎間板ヘルニアを発症するケースもあります。

消化器系の病気

ワンちゃんの中にはごはんにすぐがっつく子も多いですが、急に大量のごはんを食べすぎると消化不良を起こしやすくなります。

皮膚系の病気

中型犬は、室・室飼いに関わらず皮膚トラブルを起こしやすいと言われます。

もともと皮膚が敏感なワンちゃんが多く、外からの刺激や食べ物によってアレルギー性皮膚炎を起こすようです。

消化不良や皮膚トラブルを引き起こす?こんな原材料・添加物は避けよう!

中型犬に多い病気は、関節系・消化器系・皮膚アレルギー系のトラブルが多いようでした。

運動量が多いことから関節系のトラブルは自然に起こりやすいものと考えられますが、

消化器系や皮膚アレルギーのトラブルは、ドッグフードが合っていない可能性があります。

 

ワンちゃんは本来オオカミの血を引く肉食動物なので、穀物類(トウモロコシや小麦など)は上手く消化が行えません。着色料、酸化防止剤などの人工添加物はワンちゃんの病気のリスクを高めます。

 

・粗悪な肉類

・人工添加物

・穀物使用

 

こういったドッグフードを毎日食べ続けることで、体の中に病気の原因となる成分を蓄積していくので注意が必要になります!

中型犬のドッグフードを選ぶポイント

中型犬の特徴やかかりやすい病気を知ったところで、次は中型犬のドッグフードを選ぶポイントまとめました!

中型犬のドッグフードを選ぶポイント

筋力を保つもの

中型犬は活動量が多いワンちゃんが多いので、筋肉を持続させるためにも良質なタンパク質を多く摂る必要があります。また、運動をすると活性酸素が増えるので、それを抑える対策としてビタミンAやビタミンC、ビタミンEといった栄養分を食事で取り入れると良いですね。

関節サポート成分を配合

運動量の多さは中型犬が小型犬、大型犬よりも上回るので、筋肉維持や足腰を強くする関節サポート成分は欠かせません。グルコサミン・コンドロイチンを含んだドッグフードを選びましょう。

消化に優しいもの

消化器官が弱いので、ワンちゃんが消化しにくい穀物類は避けましょう。また、ドッグフードをがつがつと食べる子も多いようなので、早食いや丸のみを防ぐ対策を行ってあげる必要があります。

低アレルギー

皮膚トラブルが多いので、原材料・添加物は安心できるものを選んであげることが、アレルギー発症のリスクをおさえます!

食いつきの良さ

関節サポートや低アレルギーなどの良質な成分がいくら入ってても、ワンちゃんの口に合わなければ意味がありません。食いつきが良いドッグフードを選ぶポイントはずばり新鮮な肉類を多く使用したドッグフードを選ぶこと!そして食べやすさも大切なので、粒の大きさは小粒サイズがおすすめです。

 

以上が中型犬のドッグフードを選ぶポイントになります!

そして、ドッグフードは毎日食べるごはんなので、飼い主さんが続けやすい価格を選ぶと良いですね。ただ、容量に対してあまりに低価格のドッグフードは質の悪い原材料や添加物を使用しているので気を付けましょう。

☆活発な中型犬におすすめのドッグフードランキング5☆

中型犬の特徴をご紹介したところで、次は中型犬におすすめのドッグフードランキングになります!

ドッグフードを選ぶために3つの基準を決めました!これをもとにした結果、中型犬におすすめのドッグフードが5つ厳選できました(*^^*)

 

ドッグフードを選んだ基準

・高タンパク質…高い運動能力を活かすため健康な筋肉の維持に必要

・原材料・添加物の安全性は高いか…アレルギー性が低いものを選びトラブルを避ける

・ライフステージに合ったものか…成長別のフードか全年齢タイプのフードを選ぶことで愛犬の体調を管理しやすくなる

また、この3つ以外でも、飼い主さんが続けやすい価格か、ということもポイントに置けば選びやすくなりますね!

 

カナガン
中型犬の強い味方!バランスの取れたドッグフード

 

価格 通常価格3,960円
内容量 2㎏
カロリー 361.25kcal/100gあたり
カナガンは良質な動物性タンパク質を主原料に、野菜、ハーブなどの厳選した素材をブレンドしているので食いつきが良く、必要な栄養素をバランスよく摂れます。穀物類不使用で消化に良いので、消化器系が敏感な中型犬も安心です。関節サポート成分のグルコサミン・コンドロイチンも含んでいるので、運動量が多く活発な中型犬に適しています。そして、カナガンの原材料は理想的な配合なので、すべての犬種、ライフステージ対応です。また、ワンちゃんも噛みやすい小粒タイプなので消化がスムーズになるでしょう。

おすすめポイント

・関節サポート成分

・肉類の多さ、高タンパク質

こんな中型犬に向いてる

関節サポートが必要な子(コーギー)

気を付けた方がいいポイント

カナガンは大袋タイプなので、フードの鮮度を保つためにも、保存方法は小分けにする必要があります。

 

シュプレモ 
愛犬の成長に合わせて種類を選べるドッグフード
価格 2,530円/Amazon参考
内容量 2㎏
カロリー 350kcal/100gあたり
シュプレモの大きな特徴は、ライフステージ別に種類を選べるという点です。子犬用から老犬用までの種類を取り揃えているので、愛犬の成長に合わせてこまかく食事の管理をしたい飼い主さんにおすすめできます。中の原材料ももちろん栄養素が高く、高品質な自然素材を厳選しています。主原料のチキンはワンちゃんの食いつきを良くし、亜麻仁が健康的な皮膚に導いてくれるので、美味しくごはんを食べながら皮膚のケアを行えます。そして、容量のタイプも豊富に揃えられているので、「ドッグフードの容量を自由に選びたい」という声にも応えてくれます。

おすすめポイント

・種類が豊富

・美しい皮膚・毛並みを作る

こんな中型犬に向いてる

皮膚が気になる子(フレンチブルドッグ)

気を付けた方がいいポイント

シュプレモはチキンを主原料に多く使用しているので、チキンアレルギーのワンちゃんは気を付けましょう。

ブッチ
水分たっぷりのウェットフードタイプだから愛犬の食いつきUP!
価格 通常価格1,404円
内容量 800g
カロリー 121.4kcal/100gあたり
引用元:www.butch-japan.jp/a01_rn/?rsps_sid=60.l08kHtv631191446
ブッチのドッグフードの一番のポイントはワンちゃんの食いつきをバツグンに良くする点です。生肉とほぼ同じ栄養分と水分含有量になるように、調整しているのでジューシーな歯ごたえが味わえます。安全面もの配慮もばっちりで、 環境規制が世界一厳しいといわれるニュージーランド産の原材料を、独自の低温調理でパッケージ包装して、自然な栄養素をそのまま活かしています。オールステージ対応のフードなのも嬉しいポイントです。

おすすめポイント

・ジューシーで食いつきが良い

環境規制が厳しいニュージーランド産の原材料を使用

こんな中型犬に向いてる

ドッグフードの食いつきが悪い、肥満が気になる子(ビーグル)

気を付けた方がいいポイント

ブッチはウェットフードなので、保存方法は冷蔵方法になります。

 

ニュートロ
愛犬の体調管理をこまめに行いたい飼い主さんにおすすめ!
 
価格 2,500円/Amazon参考
内容量 2㎏
カロリー 355kcal/100gあたり
ニュートロはシュプレモと同様、ライフステージ別など種類を多くそろえているのが特徴ですが、シュプレモの強みは体調別にドッグフードを用意している点です。「スペシャルケア」は体重管理用、減量用、避妊・去勢用のがあるので愛犬の体調管理をこまめにしたい慎重な飼い主さんに適しています。体調に特に変化がない健康なワンちゃんは、チキンタイプとラム肉タイプのシリーズが選べますが、おすすめはラム肉タイプの「ラム&玄米プロテインシリーズ」です。ラム肉は新陳代謝を活性化するので、皮膚病対策に最適ですし、ヘルシーなのでダイエット中のワンちゃんにおすすめです。
 

おすすめポイント

・体調別に選べる

・皮膚病対策が行える

こんな中型犬に向いてる

消化器官が弱い子、体調変化が多い子(日本スピッツ)

気を付けた方がいいポイント

グルコサミンやコンドロイチンといった中型犬の関節サポート成分の表記がない

 

アカナ スポーツ&アジリティ 11.4g
運動量が多い中型犬のエネルギーをチャージ!
価格 10,320円/Amazon参考
内容量 11.4kg
カロリー 3725kcal/kgあたり
ライフステージ別で選べて愛犬の健康に良いと評価が高いアカナシリーズの中でも、特に中型犬におすすめなのが「アカナスポーツ&アジリティ」です。牧羊犬やドッグスポーツなどで活躍する犬種に合うように作られたものなので、運動量が多い中型犬にはぴったりです。カナダ産の新鮮なチキンに含まれる動物性タンパク質が、ワンちゃんのスタミナ維持の手助けをしてくれます。ただ、高タンパク質でカロリーが高く、消化吸収率が良いため、体重が増えて肥満気味になったという声もあり、給与量には十分注意する必要があります。

おすすめポイント

・動物性タンパク質が豊富でスタミナを維持

こんな中型犬に向いてる

・運動量が多い愛犬(ボストンテリア)

気を付けた方がいいポイント

アカナは栄養分が高く消化吸収率が良いので、肥満気味のワンちゃんには不向きです。また、評価が高く人気商品なので公式サイトでの在庫が不安定です。なので、購入する際はAmazonや楽天を利用する必要があります。

 

中型犬の悩みドッグフードで解決できる?

ランキングを紹介した中で、「うちの子にぴったりのドッグフードはどれ?」と考えた飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ドッグフード情報のおさらいもかねて、悩み別におすすめのドッグフードをまとめたので参考にして下さい♪

 

関節サポートがしたい⇒カナガン

運動量が多いという特徴を持つ中型犬にとって、関節サポート成分は欠かせません。カナガンはサポートに一役買ってくれるグルコサミン、コンドロイチンの量が豊富に含まれています。

皮膚・毛ツヤを良くしたい⇒シュプレモ

シュプレモの原材料には低アレルギーのラム肉と亜麻仁を含んでいるので、毛ツヤを取り戻したり、皮膚病対策におすすめです。

食いつきを良くしたい⇒ブッチ

ブッチは水分含有量70%という高さを実現したドッグフードなので、ドッグフードを食べてくれないワンちゃんも偏食の改善が期待できます。また、カロリーが気になる子にも適しています。

 

体調に変化があった時⇒ニュートロ

ニュートロは体重管理用、減量用、避妊・去勢用と種類が豊富なドッグフードなので、体調管理をこまめにしたい飼い主さんにおすすめです。

運動量が多い愛犬に与えたい⇒アカナ

アカナは動物性タンパク質を多く含み、運動量の多いワンちゃんもスタミナが切れることなくのびのびと走れます。

中型犬のドッグフードのQ&A

歩くブルドッグ

 

次に、ドッグフードに関する質問です。

ドッグフードの与え方一つでワンちゃんの体調や食いつきも変わるので、是非チェックして下さい♪

 

ドッグフードの与え方

新しいフードへの切替方法

これまでのフードから新しいフードへ変わる際、「そのままあげちゃえ!」というのはNGです(><)

理由は、消化器官が敏感な子が多い中型犬は慣れないフードでお腹を壊す可能性があるからです。

あるいは、警戒心の強い子だと食べてくれないこともあります。

これまでのフード、新しいフードの2つを混ぜ合わせ、1週間かけてゆっくり慣れさせてあげましょう♪

 

フードの切替方法
1日目 3日目 5日目 7日目
20%:80% 50%:50% 70%:20% 100%:0%

 

 

 

1日の給与量

 

中型犬の1日の給与量
成長別

2-3

ヵ月

4-5

ヵ月

6-7

ヵ月

8-9

ヵ月

10-11

ヵ月

12-13

ヵ月

14-15

ヵ月

16-17

ヵ月

給与量(g) 215 235 255 255 235 225 215 成犬

 

※カナガンの場合の給与量

これはあくまでカナガンを基準にした給与量なので、実際に与える時は、使用するドッグフードのパッケージを詳しく見てあげましょう!

また、ドッグフードのパッケージに記載されている量は、健康的なワンちゃんの体重を目安にしたものです。

ワンちゃんの体調にも配慮して、その都度で量の調整をしてあげましょう。

 

また、子犬期・成犬期・老犬期とフードの与え方も違ってきます。

中型犬の子犬期 ~12ヵ月

子犬期は口がまだ小さく、消化器官が未発達なのでフードをふやかして、消化に良いごはんを与えてあげましょう。

給与回数も1日に3~4回に分けるのがおすすめです。

中型犬成犬期 1歳頃~

1歳を過ぎると体重が安定します。

運動量が多い中型犬は体にエネルギーを蓄えることが大切なので高タンパクのフードを選んであげる

のがベストですが、与えすぎると肥満になります。

1日2回の給与量がおすすめです。

中型犬の老犬期 9歳頃~

老犬期に入ると運動量が減り、体の消化吸収率も落ちます。

給与回数は1日2回が目安ですが、1度にフードを食べきれないこともあるので、数回に分けてもOKです。

食いつきも悪くなるケースがあるので、ドッグフードを温めたりふやかして、食いつきが良くなるように工夫しましょう。

 

中型犬は運動量が多いので、ドッグフードは散歩前に与えるのが良さそうです。

 

ドッグフードを与えるタイミング

散歩好きの中型犬ですが、ドッグフードを与えるタイミングが散歩前か後かで迷ったことはありませんか?

体調を1番に考えるなら、食前にあげるのがおすすめです!

食後の激しい運動は消化器官への負担になり、なかには食後の運動が原因で吐いてしまう子もいます。

食後に散歩に行く時は、最低でも1時間は間をあけてあげましょう。

ドッグフードの保存方法

人工防腐剤を使用したドッグフードは酸化を防ぐ力が強いですが、ワンちゃんの体に悪影響があります。

それを避けるためには天然由来の酸化防止剤を使用したドッグフードを選ぶのが基本ですね!

ただし、賞味期限が短いのがネックで、ドッグフードは1ヶ月以内に使い切るのが理想的です。

そこで、出来るだけ鮮度を保つように、家庭用の品物を活用しましょう。

一番用意しやすいのが、タッパーやペットボトルなどの身近なアイテムになります。

ペットボトルの再利用にもなるのが嬉しいポイントですね♪

中型犬フードは他のフードと何が違う?

中型犬と大型犬・小型犬フードの違い

中型犬と大型犬のドッグフードの1番の違いは、フードの大きさです。

中型犬のフードに適しているのは小粒~中粒サイズ(5㎜~1㎝)ですが、それよりも大きいのが大粒サイズで、大型犬は大粒サイズが向いています。

中型犬に大型犬・小型犬用のフードは与えて良い?

カロリーや粒の大きさが異なるので、中型犬には大型犬・小型犬のドッグフードは与えないようにしましょう。

フードタイプは分けた方が健康に良い?

年齢別タイプにした方が良い?

良質な原材料であれば年齢別タイプにこだわる必要はありません。こまめに体調管理をしたい方は年齢別タイプでも大丈夫です。

ただ、むやみにメーカーをころころ変えるのは止めましょう。体調に問題がなければ同じドッグフードを与えましょう。

また、全年齢タイプのドッグフードも

ドライフードとウェットフードどれが良い?

おすすめはドライフードです。

ドライフードはカリカリとした歯ごたえがあるので、顎の運動になりますし、歯石が付きにくいというメリットがあります。

 

ドッグフードに+αで歯の健康対策を行う
ドライフードは歯石が溜まりにくいというメリットがありますが、完全なものではありません。

ワンちゃんの歯を守るためにも、歯の点検を飼い主さんが日頃から行ってあげましょう。

他には、ワンちゃん用の歯石予防のガムを与えることで効果を高めることが出来ます。


ドッグフードはどこで買うのがおすすめ?

ドッグフードは店頭販売以外に、公式サイトやAmazon、楽天での購入が可能です。

最近では通販での販売のみにすることで流通のコストを抑えられるということで、通販のみの取り扱いのドッグフードも増えて便利ですね♪

そこで気になるのが、公式サイトか、それ以外の通販サイトで購入したほうがいいのか、という疑問ですが…

基本的には公式サイトでの購入がおすすめです!

理由は、定期便コースやまとめ買い割引などお得な制度がそろっているので、コストも抑えられますし、お店に行く手間を省けるのが魅力です(*^^)

 

市販と通販の違いや、通販の特徴については以下の記事をご参考下さい。

ついやってしまう?ドッグフード以外のフードを与える時の注意点

人間の食べ物は与えない

人間のご飯はおみそ汁などだしが効いてて美味しいですよね。

ですが、人間の食べ物はワンちゃんに与えないようにしましょう。

人間用に味付けがされているご飯は塩分を多く含みます。

ワンちゃんの嗅覚を引き付けやすいので美味しそうに食べてくれて一見何もないように見えますが、それはNGです。

塩分を多く摂ればワンちゃんの心臓に負担がかかります(><)

甘えられても与えないようにしましょう!

また、犬ちゃんが食べると危険な食物も存在しています。

詳しい内容はコチラの記事で。

おやつはあげすぎない

 

可愛いワンちゃんにおねだりされると、ついついおやつを与えたくなりますよね。

ただ、与えすぎは偏食を招く恐れが出ます。

栄養バランスを崩さないためにも、おやつを与える回数は適度に絞るのが一番です。

中型犬の健康を守るライフスタイルを心がけよう

花畑とビーグル

中型犬におすすめのドッグフードは以上になります!

質の良いドッグフードを選ぶのはもちろんのこと、給与量や保存方法も正しく行うことで、ワンちゃんの食いつきや健康状態も変わってきます。

また、食事のタイミング一つでトラブルは避けられるので、ごはんの時間は散歩前がおすすめでしたね!

そして散歩の時間は1日1時間は行ってあげましょう♪ストレスを溜めないことが長生きのポイントです。

以上の点に気を付ければ、中型犬は頼もしい飼い主さんのパートナーになってくれますよ♪

 

おすすめの記事