ドッグフードをもらう犬

「無添加のドッグフードが良い」という話を良く耳にしますが、わんちゃんにとってどのようなメリットがあるのでしょうか?
今回は、無添加ドッグフードの特徴や与えるメリット、安全なドッグフードを選ぶポイントなどをご説明するので、是非ご参考ください☆

また、おすすめの無添加ドッグフードもランキング形式でご紹介します(*‘ω‘ *)
わんちゃんに合った無添加ドッグフードを選び、健康な生活をサポートしてあげましょう!

無添加ドッグフードで愛犬の健康を守ろう

笑顔の白い犬

それではさっそく、無添加ドッグフードの特徴と、選ぶメリットについてご説明します(*‘ω‘ *)
まずは、無添加ドッグフードとはどういうものなのか、こちらで見ていきましょう!

無添加ドッグフードの特徴

特徴
  • 発がん性物質である防腐剤や人工着色料が入っていない
  • 病気の予防に役立つ
  • 被毛や体の調子がよくなる

無添加ドッグフードの特徴は、この3つです!
わんちゃんの健康を害する成分が入っていないので、さまざまな病気の予防に役立ちます(*‘ω‘ *)
体の調子が良くなるだけでなく、毛もツヤツヤになるんですよ♪

無添加ドッグフードを選ぶメリット

メリット
  • 良質な動物性たんぱく質を摂取できる
  • ビタミンやミネラルをバランスよく摂取できる
  • 肥満予防ができる
  • 腸内環境が整う

無添加ドッグフードを選ぶことで、これらのメリットを得ることができます。
肉類、魚類などの良質な動物性たんぱく質、ビタミンやミネラルなどの成分が含まれているので、とても健康的と言えますね☆

また、栄養価が高く、与える量は少しで良いので、わんちゃんの肥満予防にも繋がります(๑•̀ㅂ•́)و✧
腸内環境も整えることができるので、便通も良くすることができますよ♪

おすすめの無添加ドッグフードランキング

安心してわんちゃんに与えることのできる、おすすめの無添加ドッグフードをご紹介します!
それぞれの特徴や基本情報をまとめたので、購入時の参考にしてみてください♪

モグワン引用元:https://www.mogwandogfood.co.jp/cart
食いつきの良いドッグフード
丸いドーナツ型が特徴のドッグフードです◎
ドライフードが苦手なわんちゃんでも、カリカリと食べやすい形ですね(*‘ω‘ *)
素材は良いものばかりを使用し、わんちゃんの健康面にも気遣っています!
香りが良いのも嬉しいポイント☆

酸化防止剤 着色料 穀物 主原料
主原料として、チキンとサーモンが使用されています。
動物性たんぱく質は、なんと50%以上!
肉食のわんちゃんにピッタリのドッグフードなんです(๑•̀ㅂ•́)و✧

野菜やフルーツも豊富に含まれていて、栄養バランスもばっちり☆
また、ココナッツオイルも使用しているので、皮膚トラブルを防ぐことができます!
グルコサミンやコンドロイチンなど、足腰のサポート成分もたっぷりです♪
モグワンなら、美味しく健康的な食生活を送ってもらうことができますね(*‘ω‘ *)

▼基本情報

価格 3,960円
内容量 1.8kg
主原料 チキン・サーモン
対応犬種 全犬種
対応年齢 全年齢
原産国 イギリス
引用元:https://www.canagandogfood.co.jp/
消化に良い素材がたっぷり
使用されているのは全てナチュラル素材♪
わんちゃんも安心して食べることのできるドッグフードです(*‘ω‘ *)
食物繊維が豊富に含まれているので、体調管理に役立ちます!
わんちゃんたちに不足がちな栄養素も、しっかりと補うことができますよ☆

酸化防止剤 着色料 穀物 主原料
チキンが主原料として使われているドッグフードです!
こちらもモグワンと同じく、グレインフリーにこだわって作られています♪
そのため、炭水化物だけに偏らず、バランスの良い食事をとることができます(๑´ڡ`๑)

また、食物繊維として使用されているのは、サツマイモです☆
この食物繊維のおかげで、栄養の吸収スピードがゆっくりになり、体への負担を軽減してくれます(*‘ω‘ *)

海藻類やハーブ類も含まれているので、ミネラルやビタミンの摂取もしっかりとできますよ♪

▼基本情報

価格 3,960円
内容量 2kg
主原料 チキン
対応犬種 全犬種
対応年齢 全年齢
原産国 イギリス
引用元:https://www.naturaldogfood.co.jp/
高たんぱくで経済的
たんぱく質が豊富なナチュラルドッグフードです(*‘ω‘ *)
そのためフードの量が少なくても、しっかりと栄養を摂取することができます♪
肥満防止にもなりますし、お財布にも優しいんですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧
余計な原材料は使われておらず、わずか10種類なのも特徴的です☆

酸化防止剤 着色料 穀物 主原料
主原料はラム肉という、珍しいドッグフードです!
アレルギーの心配が少ない素材なので、安心して与えることができるでしょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

そして、ラム肉の低カロリーという特徴を活かし、ダイエットのサポートをすることができます!
太り気味のわんちゃんに、ぴったりのドッグフードですね☆
運動量の少ないシニア犬にもおすすめのドッグフードです(*‘ω‘ *)

人工の香料を使っていないにも関わらず、香りは強いため、わんちゃんの食欲をしっかりと掻き立ててくれますよ♪

▼基本情報

価格 3,960円
内容量 2kg
主原料 生ラム肉
対応犬種 全犬種
対応年齢 生後7ヶ月以上の成犬
原産国 イギリス
引用元:http://www.butch-japan.jp/p_001/?argument=A3RzmYKb&dmai=a5897e372efe42&gclid=CjwKCAjwtvnbBRA5EiwAcRvnpsXjY9gZuo3tQw-j6nclQv3Ers-ZpoCwaCnZ3JuQy3bOIHqWl_2RLBoCBiYQAvD_BwE
偏食気味のわんちゃんにおすすめ
こちらはドライフードとは異なる、柔らかめのチルド型ドッグフードです☆
香りが良いので、偏食気味のわんちゃんも興味を持ってくれるでしょう(*‘ω‘ *)
原材料は全てヒューマングレードなので、ランキング内でご紹介した全てのドッグフードと同じように、安心安全です♪

酸化防止剤 着色料 穀物 メイン素材
ブッチには、3つの種類があります!
「ブラック・レーベル」「ホワイト・レーベル」「ブルー・レーベル」があり、それぞれ主原料が異なります。
そのため、わんちゃんに合ったものを選ぶことができるんです♪
お得なお試しセットもあるので、3つを同時に購入し、わんちゃんの好みを知ることもできます(*‘ω‘ *)

また、ビタミンやミネラルもたっぷり含まれているため、このフード1つでしっかりと栄養を摂取させることができます☆
水分も豊富なので、わんちゃんの健康をしっかりサポートできるでしょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

▼基本情報

価格 1,404円
内容量 800g
主原料 ブラック・レーベル:ビーフ、ラム、チキン
ホワイト・レーベル:チキン
ブルー・レーベル:チキン、魚
対応犬種 全犬種
対応年齢 全年齢
原産国 ニュージーランド
引用元:https://www.orijen.ca/ja/foods/dog-food/
グレインフリーで高たんぱく
肉類が85%も含まれている、高たんぱく低炭水化物のドッグフードです!
自然なお肉の香りで、わんちゃんも喜んで食べてくれます(๑´ڡ`๑)
ワイルドなわんちゃん、または食の細いわんちゃんにおすすめです☆
食べる量が少なくても、しっかりと栄養を吸収することができます(*‘ω‘ *)

酸化防止剤 着色料 穀物 メイン素材
オリジンは、七面鳥や天然魚など、新鮮なお肉を使用しています♪
穀物は含まれておらず、グレインフリーです!
「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」という賞を3年連続で獲得しているため、厳しい基準もしっかりクリアしてるんですよ(*‘ω‘ *)
信頼性がとても高いドッグフードですね☆

また、子犬用や成犬用、シニア用というように、ライフステージに合わせて選ぶことができるので、その時その時に必要な栄養素をきちんと与えることができます(๑•̀ㅂ•́)و✧
ドッグフードの種類は、全部で6種類です♪

▼基本情報

価格 6,156円
内容量 2.27kg
主原料 新鮮な骨なし鶏肉、乾燥鶏肉、鶏レバー
対応犬種 全犬種
対応年齢 種類によって異なる
原産国 カナダ

安全な無添加ドッグフードの選び方

覗き込む犬

わんちゃんの健康を考える方のために、ドッグフードの選び方をまとめました!
しっかりと知識を身に着け、安心安全なドッグフードを選んであげましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

◆わんちゃんの食いつきが良いか

まずは愛犬が喜んで食べてくれるものか」という部分に着目し、選ぶことが大切です。
どんなに栄養価が高く安全なドッグフードでも、わんちゃんが食べてくれなければ意味がありません(´;ω;`)

ドッグフードには、お試し価格で販売されているものや、数種類をまとめて購入できるセットになったものもあるので、初めて与える場合は、そのようなフードを選んでみましょう!

◆主原料に質の良い肉や魚が使用されているか

「◯◯ミール」「肉類」「◯◯肉副産物」など、表示が不透明なものは避けましょう。
この場合、含まれている材料が何なのかはっきりとは分かりません(´・ω・`)
危険なお肉と呼ばれている、4Dミートが使われている可能性もあるのです…。

4Dミートとは
以下の4つの頭文字をとって作られた言葉です。

DEAD → 死んだ、死んでいる
DYING → 死にかけの
DISABLED → 身体障害になった
DISASED → 病気にかかった

危険な4Dミートを避けるには、「牛肉」「鹿肉」「チキン」というように、材料を明確に記載しているドッグフードを選ぶことが大切です。

おすすめの主原料は、ラム肉」「馬肉」「魚類」です。
これらの材料には、体内では作り出すことのできない不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)と呼ばれる成分が含まれているんですよ♪
牛肉や豚肉が多く含まれるドッグフードを選ぶと、皮膚に炎症を起こしてしまう危険性もあるので、皮膚の弱いわんちゃんは特に注意して選んでくださいね(๑•̀ㅂ•́)و✧

理想は高たんぱく低炭水化物のドッグフードです。
しかし、たんぱく質が多すぎると、内蔵に負担がかかったり太りやすくなったりするため、量の確認もしっかりと行う必要があります(◎_◎ゞ)
食の細いわんちゃんでない場合は、できるだけたんぱく質を70%以下に押さえるようにしましょう!

◆100%無添加であるか

国内ではドッグフードの規制が緩いため、無添加と表示されていても、危険な原料が含まれている恐れがあります。
そのため、必ず100%無添加という記載のあるのものを選ぶようにしましょう!

また、「人工添加物」「着色料」「保存料」「香料」が含まれていないかどうかのチェックも欠かせません☆
これらの成分が含まれていると、100%無添加とは言い切れないので、成分表示の部分を確認してみてください。
ちなみに、天然由来の「酸化防止剤」「ビタミン」「ミネラル」は、わんちゃんに害のある成分ではないので、安心して与えることができますよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

◆グレインフリーであるか

「グレイン」とは、小麦やトウモロコシなどの穀類を指します!
これらの穀類は、肉食のわんちゃんにとって消化のしにくい食材です(´;ω;`)
アレルギーや消化不良を起こす可能性もあるので、選ぶ際は穀物の含まれていない、「グレインフリー」のドッグフードにしましょう!

また、穀類が多いと、肉の量が少なくなり「低たんぱく質高炭水化物」になってしまう危険性もあります。
そうなると栄養面でも不安が残ってしまうので、やはりグレインの含まれないドッグフードを選んだ方がよいのです☆
先程もご説明したように、理想は高たんぱく低炭水化物のドッグフードです(๑•̀ㅂ•́)و✧

さらに、グレインの代わりに含まれている食材のチェックも必要です!
「カボチャ」や「サツマイモ」ならアレルギーの心配も少ないので、安心して与えることができるでしょう(*‘ω‘ *)

◆栄養バランスは取れているか

「無添加のドッグフードだから安心」というわけではありません…!
充分な栄養を吸収できなければ、わんちゃんの体調は崩れてしまいます(´・ω・`)
そのため、栄養バランスまでしっかりと考えられたドッグフードかどうかきちんとチェックしましょう!

主原料以外に確認しておきたいのは、含まれているオイルの種類です。
「亜麻仁油」「サーモンオイル」「ココナッツオイル」など、良質なオイルが使われているか見ておきましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧
「動物性脂肪」と記載されているドッグフードもありますが、こちらは何の動物の油なのかはっきりとわからないので、避けるのが無難です!
アレルギーを引き起こす原因となってしまうこともあるので、注意しましょう。

◆継続して購入することができるか

ドッグフードは毎日与えるものなので、できるだけ入手しやすいものを選ぶことも大切です!
おすすめは、ネット通販です(*‘ω‘ *)
ネット環境があればどこにいても注文できるので、毎回きちんと購入することができるでしょう☆

メーカーにもよりますが、ネット通販なら定期購入を申し込むこともできます♪
これなら、毎回自宅に届けてもらうことができるので、買いに行く手間も省けて楽ちんです(๑•̀ㅂ•́)و✧

また、値段が高いと続けて購入できない恐れがあるので、コスパの良さも考える必要があります_φ(・_・
何年も続けて与えることを考慮し、お財布と相談しながら選びましょう♪

必ずしも国産を選ぶ必要はない

数種類のドッグフード

「国産=安全」と思われている方はたくさんいらっしゃいます。
しかし、実を言うとそうではありません(´;ω;`)
ドッグフードに関しては、海外の方が規制が厳しく、安全性が高いのです。

国内では、どのメーカーも無添加ドッグフードに穀物を多く配合しています。
先程ご説明したように、穀物の割合が多いと、アレルギーや消化不良、うんちの不調が起こる可能性が出てくるので、安全性が高いとは言えませんよね…。

そのため、ドッグフードを選ぶ場合は、原産国だけでなく中身の確認も大切なんです!
材料や成分などをしっかりと確かめ、わんちゃんにピッタリのドッグフードを探してあげましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

愛犬の健康維持には安心安全の無添加ドッグフードを

海辺でくつろぐ犬

無添加ドッグフードの特徴やメリット、安全なドッグフードの選び方などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

わんちゃんにとって主食となるドッグフードは、安心安全なものを選びたいですよね(๑•̀ㅂ•́)و✧
その場合は、「人工添加物」「着色料」「保存料」「香料」が使用されていないドッグフードを選ぶことをおすすめします!
そして、主原料が明確で、高たんぱく低炭水化物のものを選んでください(*‘ω‘ *)
また、グレインフリーであるかというチェックも欠かせません☆

このように、わんちゃんが毎日食べるドッグフードは、細かい確認をして選ぶことが大切なのです(*‘ω‘ *)

おすすめの記事