子犬

ドッグフードと一言で表しても、その種類は何百もあります。
その中から1つのフードに絞るというのは至難の技ですが、いくつかポイントを抑えておくことで、愛犬に合ったフードを選ぶことができるんですよ(๑´ڡ`๑)

今回は、ドッグフードの選び方と、その選び方を元にしたランキングをご紹介するので、ぜひご参考ください♪
また、安心安全のドッグフードを選ぶために、国内のペットフード事情も見ておきましょう!

国内のペットフード事情

エサを食べる犬

わんちゃんに安心して与えられるドッグフードを探すなら、まずは国内のペットフード事情を把握しておくことが大切です!
危険なドッグフードを避けるために、知識を身に着けておきましょう。

素材や成分の規制が緩い傾向にある

日本はペットフードに対する規制が緩いため、全てのドッグフードが安全とは言いきれません…。
中には利益を確保するために、粗悪な素材や成分を使用し、生産コストを抑えている業者も存在します。
もちろん、安全な素材や成分を使用している業者もたくさんありますが、危険なドッグフードを生産している業者があるのもまた事実…。

そのため、飼い主さんがしっかりと確認し、ドッグフードを選んであげる必要があるのです(๑•̀ㅂ•́)و✧

ペットフード安全法の抜け道がある

平成21年6月、ペットフードの安全性を確保するために、「ペットフード安全法」という法律が定められました。
環境省によって定められた、「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」です。
しかし残念なことに、この法律には2つの抜け道があります。

1つ目は、原産国の表示に関する抜け道です。
ここで言う「原産国」とは、最終加工をした場所のことを指します。
そのため中国産の素材でも、日本で加工していれば、パッケージに「国産」と記載することができるのです。

2つ目の抜け道は、添加物に関する抜け道です。
もちろん添加物を使用した際は、それらを明記する必要があります。
しかし、素材そのものを加工する過程で添加物を使用した際は、それを記載する義務がありません。
例えばドッグフードには、原材料として「◯◯ミール」や「◯◯肉副産物」などの記載がありますが、これらに添加物が使われていたとしても、パッケージに明記する決まりはないのです…。

「国産ドッグフード」と聞くと、安全性が高いというイメージが湧きますが、こういった現状を知ると、ますます選び方に気を使う必要があるということがわかりますね(*‘ω‘ *)

安全なドッグフードを選ぶ際の着目点

メガネの犬

ドッグフードを選ぶ際は、以下の点に着目してみてください☆
わんちゃんにとって、安全かつ美味しいドッグフードを選ぶことができるでしょう!

◆ 食いつき

ドッグフード選びでは、食いつきの良さも必ず確認しましょう!
なぜなら、せっかく安全なドッグフードを手に入れても、わんちゃんが食べてくれなければ意味がないからです(´;ω;`)
わんちゃんが美味しく食べられる、お気に入りのドッグフードを見つけてあげることが大切ですね♪

◆ コスパの良さ

安全なドッグフードほど、価格が高くなってしまうものではあります。
しかし、あまりにも高いと続けて購入できなくなる恐れがあるので、コスパの良さもきちんと見ておきましょう!
私たち人間の食費と同じように、月ごとの価格を計算してみると良いかもしれません☆

◆ 原材料の質

粗悪品を与え続けると、がんやアレルギーを引き起こしてしまう可能性があります…。
そうならないためにも、原材料の確認は欠かせません。
不透明なものではなく、何の肉が使われているのか明確に記載されているものを選びましょう!
また、穀物よりも肉類や魚類が多く使われているドッグフードは、消化にも良いのでおすすめです♪
そのようなドッグフードを購入したい場合は、グレインフリーのものを選ぶとよいでしょう。

危険な原材料を一覧でご紹介するので、ドッグフード選びの参考にしてみてください。
これらの原材料は、わんちゃんの健康を害する4Dミートが含まれている可能性もあるので、避けるのが無難です!

危険な原材料
動物性油脂、◯◯ミール、ミートミール、◯◯副産物、肉類副産物、骨粉、肝臓腺粉、動物性乾燥消化物、乾燥レバー消化物、ビートパルプ etc...

◆ 添加物や着色料の有無

天然由来の添加物なら問題ありませんが、化学物質を使用した添加物は、わんちゃんの健康を害してしまう恐れがあります…!
こちらも一覧でご紹介するので、是非ご覧ください(๑•̀ㅂ•́)و✧

危険な添加物
亜硝酸ナトリウム、亜硫酸ナトリウム、エトキシキン、グリシリジン・アンモニエート、ソルビン酸カリウム、ブチルヒドロキシトルエン(BHA)、ブチルヒドロキシアニソール(BHT)、プロピレングリコール、没食子酸プロピル、合成調味料、着色料(赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号、青色2号) etc...

おすすめのドッグフードランキング

人と犬

選ぶ際の着目点でご説明した「食いつき」「コスパ」「素材の質」「添加物」「着色料」といった要素を元に、ランキングを作成しました!
100gあたりの価格も同時にお伝えするので、ぜひご参考ください☆
それでは、評価の高い順に7種類のドッグフードをご紹介します。

引用元:https://www.mogwandogfood.co.jp/cart
食いつきが気になるわんちゃんに♪
食いつき コスパ 原材料の質 添加物 着色料
なし なし
肉類、魚類、野菜や果物が配合された、グレインフリーのドッグフードです。
粒の直径は1.0cm、厚みは0.5cm程度なので、小型犬でも食べやすい大きさですね♪
食欲をそそる香りもあるので、食いつきが気になるわんちゃんにおすすめのドッグフードです!
主原料はチキンとサーモンで、原材料の56%を締めています。
そのため食いつきが良く、わんちゃんたちは美味しく食べることができるんですよ♪
添加物や着色料の使用はなく、安心して与えることができるのも魅力的ですね!

評価
価格 3,960円(1.8kg)
100gあたりの価格 220円
主原料 チキン、サーモン
原産国 イギリス
20代女性 犬種/ヨークシャー・テリア(7歳)
まだまだ元気なルンルンですが、これからのことも考えて、モグワンのドッグフードに切り替えてみました!
もともと警戒心が強い子なので心配でしたが、切り替え直後でもしっかりと食べてくれましたよ~♪
海藻が含まれているということもあってか、パサツキが気になっていた背中の毛も、ツヤツヤしてきました(
^○^)
引用元:https://www.canagandogfood.co.jp/
高たんぱくフードの切り替えに♪
食いつき コスパ 原材料の質 添加物 着色料
なし なし
粒の大きさは、モグワンと同じく直径1.0cm、厚み0.5cm程度です。
主原料はチキンなので、比較的たんぱく質や脂質の割合が低く、高たんぱくフードへの切り替えに役立ちます!
胃腸に負担を減らしつつ、徐々に切り替えを行うことができるでしょう。
カナガンも無添加でグレインフリーのドッグフードなので、安全性はバッチリです☆

評価
価格 3,960円(2.0kg)
100gあたりの価格 198円
主原料 チキン
原産国 イギリス
30代女性 犬種/チワワ(1歳)
生まれたときからカナガンです。
原材料を確認してから選びましたが、こちらは栄養バランスが取れていますし、そこまでたんぱく質が高くないので、体の小さなぺぺにはピッタリだと思います。
特に体調が悪くなるということもなく、うんちの状態も良いので、このままカナガンを与えていきます。
引用元:http://www.butch-japan.jp/p_001/?argument=A3RzmYKb&dmai=a5897e372efe42&gclid=Cj0KCQjwn4ncBRCaARIsAFD5-gXg6fc80_ZTFwRYqwZ7X1ttUT3g_Rao50DNcBU5i6g8waFSO3KYZc8aAkDGEALw_wcB
食の細いシニアのわんちゃんに♪
食いつき コスパ 原材料の質 添加物 着色料
なし なし
こちらは水分を多く含んだ、ウェットタイプのドッグフードです。
ソーセージのような形をしていて、わんちゃんの食事量に合わせて切り分けることができます。
ドライフードと比べると、とても柔らかい食感なので、食の細いわんちゃんや、歯の弱いシニアのわんちゃんにおすすめです☆
ブラック、ホワイト、ブルーといった種類があるので、わんちゃんの好みに合わせて選ぶこともできますよ!
初回限定で、3点セットも用意されています♪

評価
価格 1,263円(800g)
100gあたりの価格 157円
主原料 ビーフ
原産国 ニュージーランド
30代男性 犬種/マルチーズ(11歳)
実家で飼っているマルチーズがドッグフードを食べなくなったので、ネットで調べて購入しました。
袋を開けたとたん興味を持ち、ガツガツと食べてくれましたよ。
最初はトライアルセットを使いましたが、マルには黒のブラックレーベルが合っているようなので、そちらの購入を続けています。
引用元:https://reason-why.jp/naturol/se/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=brand%20&argument=TsCwyvKQ&dmai=a5a8fdad9b8c13&gclid=Cj0KCQjwn4ncBRCaARIsAFD5-gUNTFYz5lTBK5kwVgHOTBIF6yyyRh9og6bO94UEkdNfYFl2yoPsOi8aAs7FEALw_wcB
健康トラブルの予防に♪
食いつき コスパ 原材料の質 添加物 着色料
なし なし
ナチュロルは、円柱型の細長い形をしたドッグフードです。
直径は0.5cmで、全長は1.0cmほどあります。
主原料には、牛や鶏、馬などの新鮮な生肉を使用しているので、わんちゃんは美味しく食事をとることができますよ♪
その他の材料も品質が高いので、安心して与えることができます。
また、ビタミンCも含まれていて、お肌や毛並みをケアできるんです☆
少々お値段は張りますが、コースを利用することで、お得に購入することもできますよ!

評価
価格 3,000円(850g)
100gあたりの価格 352円
主原料 牛生肉、鶏生肉、馬生肉
原産国 日本
40代女性 犬種/ラブラドール(8歳)
職場の若い子から、「ペットの健康を気遣うなら適当に市販のフードは選ばない方が良い」と聞きました。
その時にいくつかおすすめのものをあげてもらったので、うちに子に合いそうなナチュロルを買ってみたんです。
しっかりと食べてくれますし、なんだか以前よりも活発になったような気がします。
引用元:http://www.orijen.net/
犬本来の食事をさせたい方に♪
食いつき コスパ 原材料の質 添加物 着色料
× なし なし
コスパに関しては他のドッグフードに劣りますが、栄養バランスは非常に優れています!
肉、魚、卵などが全体の85%を締めているため、たんぱく質は豊富です。
少量でも高い栄養をとることができるので、ダイエット中のわんちゃんや、食の細いわんちゃんにもおすすめですよ☆
しかし、市販のドッグフードよりかなり高たんぱくなので、切り替える際は、今までのフードと混ぜて与えてください。
少しずつ慣れさせることが大切です。

評価
価格 1,296円(340g)
100gあたりの価格 381円
主原料 新鮮鶏肉、新鮮全卵、大西洋サバ
原産国 カナダ
20代女性 犬種/ミニチュアダックス(2歳)
家に来た頃からあまりゴハンを食べない子でした…。
そのためガリガリだったんですが、病院の先生から高たんぱくのドッグフードを与えたほうが良いと教えてもらい、オリジンを選んだんです。
急に切り替えるとお腹がびっくりすると先生が言っていたので、少しずつ与えてみました。
一応食べてくれたので、標準体重になるまで続けてみようと思います!
犬心引用元:http://dog-to.com/
病気やトラブルが気になるわんちゃんに♪
食いつき コスパ 原材料の質 添加物 着色料
なし なし
療養食として利用する方も多いのが、この犬心です。
わんちゃんの7大疾患や、病気のトラブルが気になる方に、おすすめします。
質の良い素材を使用していますが、気になるのは穀類が含まれている点です…。
しかし、こちらの穀類は血糖値の急な上昇を防ぐために含まれているものなので、必ずしも体に害があるとは限りません。
病気のわんちゃんに与える際は、獣医師さんに相談しましょう。

評価
価格 2,600円(1.0kg)
100gあたりの価格 260円
主原料 牛生肉、馬生肉、鶏生肉
原産国 日本
30代女性 犬種/ミックス(9歳)
もうシニアの年齢に突入したので、健康的な食事を与えたいと思い、このドッグフードを選びました。
私はドッグフードに関する知識はほとんどないので、かかりつけの動物病院さんと相談しながら決めて、与えています。
リリーちゃんは、今のところ変わらず元気です。
気になる症状に合わせて選びたい方に♪
食いつき コスパ 原材料の質 添加物 着色料
なし なし
デイリースタイルは、鹿肉を主原料とした珍しいドッグフードです!
「皮膚サポート」や「腎臓サポート」など、種類が豊富なので、わんちゃんの症状に合わせて選ぶことができますよ。
原材料は全て人間が食べられるものを使用し、安全性も高いという特徴があります。
しかし、こちらも焙煎玄米や小麦などの穀類が含まいるので、その点は気になりますね…。
できれば少しずつ与えながら、わんちゃんに合っているかどうか確認することが大切です。

評価
価格 4,519円(1.0kg)
100gあたりの価格 451円
主原料 生鹿肉、国産牛肉
原産国 日本
20代男性 犬種/シュナウザー(6歳)
家族で2匹のシュナウザーを飼っています。
1匹はとても元気なんですが、もう1匹は皮膚が弱いので、このデイリースタイルをあげています。
昔は夏になると痒がることが多かったんですが、このエサをあげてからはそんなに痒がらなくなりました。
病院でいろいろと教えてもらいながら選んだので、良かったんだと思います。

ドッグフードの詳しい評価基準

ランキング形式でご紹介したドッグフードの、評価基準についてお伝えします!
以下のような基準を設けて、ドッグフードをご紹介しました(*‘ω‘ *)
今回は、Sランク・Aランクのドッグフードを選んでいます!

Sランク ★5 危険成分は一切含まれていない、おすすめのドッグフードで、コスパも良い
Aランク ★4 危険成分は少なく、メリットの方が多いドッグフード
Bランク ★3 添加物の面で不安が残るが、危険な4Dミートは入っていない

安全性の高いドッグフードを選んであげよう!

笑顔の犬

ドッグフードの正しい選び方や、おすすめのドッグフードについての情報をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?
ドッグフードを選ぶ際は、「食いつき」「コスパの良さ」「原材料の質」「添加物や着色料の有無」にこだわることをおすすめします。
また、わんちゃん本来の食事をとってもらうために、穀類の含まれていない、グレインフリーのドッグフードを選んであげましょう☆

これらの点に気を使うことで、安全性の高いドッグフードを見つけることができます(*‘ω‘ *)

おすすめの記事