『どんなドッグフードがいいのかな?』

ふとネットで検索していると、次のようなキーワードを目にすることがあるでしょう。

  • グレイン
  • グルテン

グルテンは我々人間も口にする栄養素の一種ですが、グレイ??

私も最初このキーワードを目にした時、両者の意味を混同していました。

そこで、これらのキーワードの意味や、ドッグフードに含まれている意味について調べてみました!

1 【グレイン】と【グルテン】の違い

グレインとグルテン、同じような呼び名で混乱しますが、両者の違いを把握して、賢いドッグフード選びを行いましょう。

グレインについて

cereals-2656217_640

『グレイン』とは穀物・穀類を意味します。

または白米や玄米、小麦やとうもとこしなど、一般的な穀物を粉を意味しています。

ですから、ドッグフードの原材料にグレインと表記されていれば、穀物使用のドッグフードという意味になります。

また、その反対にグレインフリーと書かれているフードであれば、穀物不使用という意味に。

なぜ『グレインフリー』なる言葉があるのかというと、犬のアレルギーを誘発する食物だからなんです。

本来犬は穀物を必要としない動物。

しかし、原材料のコストが考えて作られたドッグフードには、安価な穀物が使用されています。

それを口にすることで、肉食の彼らは消化器系を酷使しアレルギーを発症してしまうのです。

もし市販のドッグフードでアレルギー反応を起こした場合、グレインに対してのアレルギー反応も疑った方がいいでしょう。

グルテンについて

foxtail-barley-3471611_640

小麦などの麦類に含まれているたんぱく質の一種を『グルテン』と呼びます。

グルテンフリーは文字通り、グルテンを含まないという意味です。

グルテンフリーの解釈の中には、『麦類を含まない』と広い意味でも使われていることも。

グルテンはグレイン同様、アレルギーを誘発する栄養素の一種です。

諸外国ではセリアック病に対する食事療法の歳にこの表現が用いられます。

ただ、人間におけるグルテンフリーの表示規格は厳密に決められています。

グルテンにアレルギー反応を示しやすい犬種に、アイリッシュ・セターがいます。

ちなみに、このことと同様のグルテン過敏症は、犬ではアイリッシュ・セターでしばしばみられます。

彼らは度々グルテン過敏症を発症してしまう体質の持ち主が多いようです。

両者の表記で混乱したら……

  • グルテンフリー➔グルテン(小麦粉)が含まれていない
  • グレインフリー➔穀物自体含まれていない

迷った時は、グレインフリーを選ぶ!

こう覚えると良いですよ(*^^*)b

2 グルテンや穀物は犬に与えてはダメ?

そもそも、穀物をはじめとしたグルテンやグレインは、犬にとって有害なのでしょうか?

色々な側面から考えてみました。

犬と穀物の相性

舌を出すパグ

犬を飼育している方や、詳しい方であればおわかりだと思うのですが、そもそも犬は肉食動物であり、彼らが必要な栄養素の中に穀物は含まれていません。

炭水化物をはじめ、グルテンやグレインといった栄養素は彼にとって負担にしかならず、結果的に疾患やアレルギーの原因になってしまうのです。

ただ、お米はアルファ化することで消化はできるようになります。

現在販売されているドッグフードに関しても、加熱調理されてものになるので、消化吸収といった面では許容範囲と言えそうです。

ダイエット

uxz_015

グレインフリーやグルテンフリーのペットフードは、基本的にアレルギー体質の犬を考慮して作られているのですが、穀物の多くが炭水化物ということもあり、ダイエット(減量)という視点でも注目が集まっています。

ただ、必ずしもグレインフリー、グルテンフリーが健康的とも言い難い側面が。

野菜の中には糖質を多く含むものもあり、市販のドッグフードにはサツマイモやカボチャなどGI値が高いモノも。

全てはバランスです。

血糖値、アレルギー、全てに配慮した完璧なドッグフードを見つけるよりも、日々のコンディションやライフステージなど愛犬の個性を配慮してフードは選ぶべきなのです。

その上で、グルテン入りのフードを選ぶのか、フリーのドッグフードを選ぶのか、おのずと必要なフードが見つかってくるのです。

食物アレルギーが心配な場合

uxz_014

グルテンフリーや、グレインフリーのドッグフードはアレルギーの原因となるアレルゲンを含みます。

これは犬だけでなく、人間も反応するのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ドッグフードに含まれる原材料にはグルテンたグレイン以外にもアレルゲンとなるモノが!

  • 牛肉
  • 乳製品
  • 小麦
  • 鶏肉

特に、免疫が未熟な離乳期前後だと、アレルギー反応を起こしてしまう犬も少なくはないんです(><)

つまり、麦類や穀類に限らず、その他の原材料でもアレルギーを発症することがあるという事です。

愛犬にあったフード選びは難しい場合もあるので、自分だけで解決しようとせず専門家や獣医師に相談してベストな選択を見つけましょう!

3 【グレイン】と【グルテン】、穀物アレルギーを考える際に選ぶべきフードは?

グレインフリーのおすすめ『モグワン』

  • モグワンドッグフード(1.8kg)
  • 通常販売価格:3,960円(税抜)→特別優待価格【10%OFF】 1個:3,564円(税抜)

モグワン

sec_d_img06 (1)

引用:https://www.mogwandogfood.co.jp/cart

モグワンは着色料は一切使用せず、季節ごとの旬な食材を使用。

高タンパクでグレインフリー♪動物性タンパク質は全体の50%以上も配合されているんです!

チキンやサーモンの香りが犬ちゃんの食欲をサポートします。

グルテンフリーのおすすめ『いぬはぐ』

  • いぬはぐ(トクトク便)a2(1.5kg)
  • 2,980円+238円➔合計3,218円

いぬはぐ 1

pc02_10

引用:https://pet-hug.com/inuhug_a2/

いぬはぐは、乳酸菌やオリゴ糖、アミノ酸を豊富に含み犬ちゃんの腸内環境と栄養をサポートしてくれるドッグフードです。

そして、最も大事なポイントであるグルテンに関しては、小麦粉グルテンフリーと安心の製品なんです!

いぬはぐに切り替えてから、下痢や嘔吐が減ったという飼い主さんからの熱い口コミも多いドッグフード♪

全年齢対応のフードなので、アレルゲンの反応が気になる方は、ぜひ試してください!

 

4 まとめ

笑顔の黒い犬

安価で入手しやすいドッグフードが必ずしも悪いというわけではありませんが、安さの裏側には原材料に含まれる穀物の存在が。

穀物は本来犬に必要がない食物ですが、原材料のコストとの兼ね合いで一般的に使用されるようになっています。

ただ、グレインやグルテンなどアレルゲン物質には変わりないため、できるだけ『フリー(不使用)』のドッグフードを与えてあげたいものです。

飼い主の役割として、愛犬の日々のコンディションを見極めると共に、栄養バランスのよいドッグフードを選び与えてあげましょう。

おすすめの記事