大切な愛犬が癌宣告を受けた場合、飼い主側に求められるのはどんな治療を行うかの決断です。手術を行い、抗がん剤治療を受ける方法や悪性リンパ腫などの血液に関する病気であれば薬の投与などの方法もあります。どの治療を行うにしても、飼っているペットの免疫力を高め癌と闘う強さが必要になります。簡単に犬の免疫力を高めるには対応しているサプリメントを飲むのも効果的ですが、食事療法として糖質制限を行ったりタンパク質を多めにした手作りフードもおすすめです。病気の犬は食事をする気力をなくしてしまうので少しでも食べて体力をつける必要がありますが、もしも食欲不振になった場合には医師に相談をして食欲を増進させる薬を活用しましょう。

悔いを残さない

主治医の元で犬の治療を行っている間、もしも気になる点がある場合にはセカンドオピニオンも視野に入れましょう。その場合には医師に相談をすれば、癌などの難病の場合には大きな病院を紹介してくれるケースもあり安心です。2人の医師からのアドバイスを元に最終的な判断は飼い主が行うので、どんな状況になっても自分を責めたりしないように注意しましょう。大事なのは正しいと思って決断した癌の治療を飼い主が最後まで見届けることです。癌の治療の場合は進行状況によって余命宣告をされますので、治療を受けるか受けないかの判断も医師ではなく飼い主に委ねられるため、1人で考え込まず家族で相談をして納得のいく決断をするようにしましょう。

保険で緊急時に備える

最近はペットの世界でも保険に入るケースが増えています。こんな風にペット用の生命保険に加入しておけば、いざ愛犬が病気になった時も慌てることなく病気の治療ができるからです。犬に限らず動物は健康保険がないため、どうしても病気の時の治療費が高額になる傾向があります。特に緊急時の手術や入院費は、治療内容によっては思いがけず治療費がかさむことがありえます。こんな状況で費用がないことを理由に犬の治療を断念することは、飼い主にとっても不本意な事態です。でも保険に加入しておけば、こういう時でも治療をあきらめることなく納得がいくまで受けられます。かわいい愛犬が病気になった時に備えて、ペット保険の加入をしておくことを勧めます。健康な時ほどその絶好のチャンスであることは、人間も犬も同様です。

最良のペット保険を選ぶ

犬の病気はいつ治療が必要になるかわかりませんから、できるだけ早く保険に加入しておきたいものです。しかし最近はペット向けの保険は数も多く、選ぶのが大変になってきています。しかも料金体系が分かりにくいところもあるので、保険同士の比較がしにくいという部分もあります。これでは保険にあまり詳しくない素人の方では、決めるのに本当に苦労してしまうでしょう。そういう時はペット保険の比較サイトで比較して、保険商品の長所と短所を見極めることが大切です。掛け金に対して妥当な補償かどうかというのは、比較対象と比べてみなければわかりません。そういう意味でも、一度に複数の業者の見積もりが取れるサイトは便利です。これでいい保険がみつけることができれば、愛犬が病気になっても慌てずにすみます。

どこで子犬を購入するか

子犬販売をしているお店を選ぶ時、購入できるお店の選択肢は年々増えてきています。街のペットショップの他にも、ショッピングセンター内のペットショップ、またホームセンター内にもペット販売のコーナーがあるケースが多くなっています。どの子犬販売店を利用するか検討するためにも、まずは家の近くにある利用できるお店の選択肢をピックアップしましょう。また子犬販売店の選択肢は、近くにあるお店だけというわけではありません。最近では、インターネットを活用したお店も増えてきているので、自分に合ったお店を選ぶようにしましょう。販売店で購入する以外にも、一般の方から譲ってもらうこともできるので、掲示板などから情報を得るのも大切です。

付加価値でお店を選ぼう

子犬販売店を選ぶ時、販売されている子犬の値段で選ぶのではなく、お店で提供しているサービスに注目することも忘れてはいけません。お店のサービス、つまり付加価値に注目することで、お得に子犬を購入することにも繋がります。例えば注目すべき付加価値の1つとして、ペット保険の存在が挙げられます。医療技術の進歩によって、ペットも長生きするようになってきました。ペットの高齢化に伴い、病気などの治療の際にペット保険に入っていると、治療費が保証してもらえます。子犬販売店でペット保険の加入も合わせてできるようになっていることもあるのです。また初めて子犬を育てるという方であれば、育て方などの相談に乗ってもらいやすいお店を選ぶのもいいでしょう。

ペットを飼っている人にとっては、将来的にペット火葬を考えておく必要があります。ペットが亡くなれば、その大きさによっては火葬をしなければいけない事態にもなります。そのときに利用できるのがペット火葬であり、人と同じように火葬を行ってくれます。ペット火葬の業者によっては、ペット葬儀を行っていたり、納骨堂を設けているところもあります。万が一のときは慌ただしくなってしまう可能性があるため、前もってペット火葬のサービスや費用などを把握しておくことが大切です。ペット火葬では、ペットの遺体をそのまま持ち込むこともできますが、送迎サービスを行うところもあります。大型犬などのペットとなると持ち込みも大変になるので、こういった送迎サービスがあれば負担も軽くなります。そして、ペット火葬では立ち合いが希望できたり、そのままお任せをしても問題ないところもあります。どちらの方法も遺骨の持ち帰りができますが、納骨が利用できるのならばそこで納めていくこともできます。中には合同火葬を行うところもあり、これは他のペットと一緒に火葬を行う方法です。これを希望する場合は、火葬を行う前にペットとお別れとなります。ペット火葬の費用については、人と比べるとかなり安くなります。小動物や大型犬などの大きさによって異なりますが、大型犬でも60,000円~80,000円で利用できます。しかし、火葬の立ち合いやお任せの種類で費用も変わるので、ある程度の差は出てきます。ペット火葬の他に、ペット葬儀やペット霊園の費用がセットになっているプランもあるので、あらかじめ希望のサービスを明確にしておく必要があります。

人気の犬種をお得に購入

最近では、トイプードルが不動の人気を維持する犬種となっていて、どこのペットショップでも取り扱っているため、簡単に購入することができます。しかし、そちらでの値段は高いので、飼いたくても、トイプードルには手がでない状況も多いでしょう。そのときは、ペットショップに子犬を出荷しているブリーダーという存在がありますので、そちらでの購入をおすすめします。そうすれば、ペットショップで発生する中間手数料が全くかかりませんので、お得にトイプードルを家族に迎えることができるのです。また、トイプードルは大きさによっても、値段は変わるため、サイズを気にしないのなら安く購入できる確率があがります。ブリーダーが開設するホームページには、サイズや値段の両方が載っていますので、大きめのトイプードルを探してみるのも良いでしょう。なお、トイプードルを安い値段で手に入れる手段として、飼い主が見つからずに、ある程度成長してしまった子犬を購入する方法もあります。どうしても生まれたばかりの子犬が欲しいのならば別ですが、そこまでこだわらないなら、成長した子犬を探してみてはいかがでしょう。お店やブリーダーのもとで一定期間過ごした子犬は、基本的なしつけがされていることも多いため、買いやすいというメリットもあります。なお、ペットショップはもちろん、ブリーダーにもそのようなトイプードルがいますので、こまめにホームページに訪れてみましょう。

おすすめの記事