個人差はあれど人間の目に見える世界というのは、色彩が豊かで虹色やモノトーンなど様々な色で溢れています。

この様に色彩豊たかな世界は、愛犬も同じなのでしょうか?

今回は犬の色彩感覚と関連した餌の選び方や、おもちゃの選び方について説明したいと思います。

1 犬の色彩感覚について

犬が感知している色彩について知る為には、まず犬の目の機能を知る必要があるでしょう。

犬の目は意外とレパートリー豊富

husky-1160768_640

犬の目と言っても、犬種によって形や色は様々なのをご存知でしょうか?

まず、犬の目の形は大きく分けて3つに分けることができます。

  • アーモンド型の目(例:ラブラドールレトリバー)
  • 三角型の目(例:柴犬)
  • 丸型の目(例:チワワ)

どの形の目も非常に愛らしく、犬愛好家を虜にしています。

次に犬の目の色ですが、犬種独特の色彩を受け継ぐもの、突然変異の色など様々で細かく分類することは難しいです。

代表的な色彩は次のようなものになります。

  • 茶色
  • オッドアイ(左右別色)

目の色は個体差も関係してくるので、緑がかった青、黄色がかったオレンジなど、「私の愛犬はスペシャルな目を持っている♪」なんて自慢したくなる飼い主さんも多いでしょう。

ここで注意したいのは、「白く濁っている目」です。

白濁した状態の目は白内障の疑いがあるため、もともとの色彩とは異なります。

仮に愛犬の目が白く濁っているように見えたら、すぐに掛かりつけの獣医を訪ねましょう。

犬の動体視力

dogs-1246588_640

人間の視野は約180度なのに対し、犬の視野は250~270度!

もともと犬は狩猟に携わってきた動物なので、視野に関しては広くなっています。

視野の広さは動体視力にも通じており、動いている物体の感知に長けています。

犬は視覚以外の器官や能力も人間の比でないほど優れているので、例え視力が低くてもキャッチする情報は十分だと言えるでしょう。

犬の視力

dog-1334538_640

犬の視力は0.2~0.3程度と考えられています。

正直、そういい数値とは言い難いですよね?

人間がこの視力であれば「視界がボヤけている」状態でしょう。

犬は顔の正面から見てやや外側40℃あたりに目があるため、焦点を合わせる能力が低くなってしまうのです。

「あんなに可愛く大きなお目々なのに視力は悪いのか、何だか残念。」

そう考えている方はちょっとお待ち下さい!

実は、犬にとって視覚から得る情報はさほど重要ではないんです。

その事について次の項目で掘り下げいきましょう。

犬にとって視覚情報をあまり重要ではない?!

dogs-2945859_640

  • 犬の聴覚は人間の約4倍
  • 犬の臭覚は人間の約1000倍~1億倍

これはちょっとの努力で埋まる差でないことは明らかですよね?

視覚こそ人間より劣るものの、彼らが俊敏に動き獲物を追える理由は他の感覚が優れているからです。

犬の聴覚は優れており、人間が拾える音域の6分の1程度で聞き分けることができ、臭覚に関しては生まれて間もない頃から老いるまで高い機能を維持すると言われています。

2 犬に見える色彩 | どんな風に世界が見えているの?

犬 色彩

引用:http://psnews.jp/dog/p/1115/

犬の視界から見える世界は「赤緑色盲」と呼ばれ、赤と緑の区別が不得意。

どんな色彩の区別が難しいのかと言うと、

  • 緑と黄緑の区別
  • 黄色の区別
  • オレンジの区別
  • 赤の区別

3 犬が見えやすい色彩・見えにくい色彩はある?

yama-1302289_640

先にお伝えしたように、犬に見えやすい色彩・見えにくい色彩が存在します。

どうせなら、犬から見えやすく好まれる色彩で彼らの世界を彩ってあげたいですよね?

次でまとめた色彩を元に、フードやおもちゃ、寝具やファブリックを選ぶ際に是非参考にしてください!

犬の好きな色彩

  1. 緑・黄・オレンジ➔黄味の色彩と感知する
  2. 紫・青➔青味の色彩と感知する
  3. 赤➔非常に暗い灰色の色彩と感知する

犬が見る色彩を左右している錐体細胞(すいたいさいぼう)は、2種類なので青・黄またはその中間色のみの感知が可能となっています。

その点を踏まえて考えると、犬の好きな色彩はハッキリ識別できる「青」でしょう。

(※黄色と緑の識別がしずらいので、重要なアイテムは青で統一する方が犬にとって認識しやすいと考えられます)

犬が落ち着く色彩

犬の持つ色彩を考慮すると、「識別できない色=ハッキリ見えない」ということになるので「青色や黄色以外」が正解です。

寝具やファブリックを選ぶ際は、色彩を重視するよりも素材が大事!

犬の毛色が目立たない淡い色、または同色系で統一すればきっとリラックスしてくれるはず。

犬が見えづらい色彩

赤色は犬が認識できない色彩です。

「赤緑色盲」と先にお話したとおり、赤と緑の区別が不得意。

ですから、おもちゃやリード、首輪などよく利用するアイテムはできるだけ青系統がおすすめです。

とは言え、飼い主の好みもあるので色彩以外の情報をうまく伝え、物の識別をはかってください。

4 犬の餌やおもちゃの色選び方に色彩は関係する?

ここまで犬と色彩についてお話してきたので、餌やおもちゃの色選びについても何となく理解できるのではないでしょうか。

さっそくですが、犬の餌の色彩、おもちゃの色彩について考えてみましょう。

餌を選ぶ際の色彩

人間の視界で見た画像が左、犬の視野で見た画像が右なのですが、その違いは一目瞭然ですよね。

肉 色

引用:http://psnews.jp/dog/p/1115/

赤身肉の赤色は理解できませんし、食材の差し色になる人参のオレンジも黄色と認識されています。

これらの画像から考えると、鮮度や原材料のよさが食いつきの良さであり、決して色彩ではないということです。

ドッグフードの色味に気を使う必要はなく、トッピングは色彩重視でなく栄養飼う重視に切り替えましょう!

ドッグフードの色の多くが茶色で人間から見ると味気ない気がしますが、犬にとってはあまり関係ないんです。

ですから、

「色<匂い(香り)・食感・原材料」という優先度で選んで下さい。

モグワン 特徴

例えばこのモグワンは、着色料や香料が使われていませんし、グレインフリーでタンパク質含有量は50%以上と非常にバランスがとれています。

犬ちゃんが好むチキンやサーモンをふんだんに使用。

様々なトッピングをプラスしても、フードの持ち味を失うことなく高い栄養価を維持することができます。

犬 餌 トッピング

引用:https://www.mogwandogfood.co.jp/cart

おもちゃを選ぶ際の色彩

dog toy

引用:http://www.dogplus.me/pets/999/C999901/20151105002/

画像上が人間の視界、画像下が犬の視界です。

両者を比較してみると、青と黄色は識別できていますが、残りは緑味の灰色といった何とも曖昧な色に。

この比較画像から考えると、犬のおもちゃは「青」で決まりです!

(※公園や草木が多い環境では黄色と緑の識別が難しくなるので青がオススメ)

青色で犬が好みそうなおもちゃ、ネットで検索してみたところ結構ありました!

チャーミング ロープアゴーゴー

チャーミング ロープアゴーゴー ¥3,456(税込)

引用:https://www.peppynet.com/shop/item/id/992016

toy egg

ランコたまごちゃん ¥540(税込)

引用:https://www.peppynet.com/shop/item/id/332079

この他にも青色の可愛いおもちゃが沢山ヒットしました。

お値段もお手頃だったので、素材や触感の違うおもちゃを買って与えてみてください(^^)

5 まとめ

dog-3571534_640

今回のリサーチから犬の持つ色彩について色々知ることができました。

その結果、ドッグフードに含まれる合成着色料は犬にとって不要であるということです。

ドッグフードの色味は鮮度をよく見せるため、赤みが強かったりカラフルであったりと、あくまでも「人間の好み」だということ。

愛犬の健康を考えるなら、可能な限り合成着色料を含まない、ナチュラルなドッグフードを選んであげましょう!

おすすめの記事