ペットを飼う人が増えている中で、ペットの健康に注意を向ける人も増えています。ペットとして飼われる動物たちは人間と同じような病気になる可能性があるため、飼い主としてペットの健康管理をするという考え方はとても大切なことです。最も罹患率が高いとされている病気は皮膚病で、特に犬は皮膚病にかかりやすいといわれています。犬種的には、短毛(スムースヘアー)の犬種や被毛が生えていない犬種の方が外部刺激による皮膚病になりやすいとされます。蒸れによる皮膚病は、被毛が抜け落ちない・丈夫な癖毛・密生した生え方の犬種がなりやすいとされます。蒸れが起きやすい毛質の犬種は、定期的なトリミングと日常的なケアと観察を行うことで皮膚病リスクを軽減できます。短毛や無毛の犬種はトリミングなど特別な被毛ケアは必要ないのですが、毎日皮膚に異常がないかを確認するとリスク軽減のためになります。

原因は環境要因も一理ある

ペットに起こり得る皮膚病の原因は、アレルギー・外部刺激・寄生虫・カビ・湿度などいろいろあります。これら原因は人間に起こる皮膚病と同じですが、人間よりペットたちの方が環境による皮膚病になりやすいとされます。また、ペットたちは痒みによる不快感でストレスを溜めこみやすい上に掻きむしり行為も行いやすいので、皮膚病が悪化したりストレス症状を起こす可能性も出てきます。犬は原産国に適した皮膚や被毛を持っているため、原産国と違う環境がある地域で暮らしている場合はその犬種に適した環境を作ってあげると良いです。犬以外にも人間が暮らす温度や湿度に適していないペットは存在するので、それぞれの動物にある生態系や飼い方を理解して環境を整えることでペットの健康を適切に管理できます。

ショップで犬や猫を

クーアンドリクは、全国的に展開しているペットショップやペットホテルなどを経営する会社です。特に東京都内などに店舗が多く、ペット関連の会社としては大手の部類になります。クーアンドリクでは多くの犬種を扱っており、希望に応じた種類のペットを購入することができます。定期的にセールなども行われており、高額な種類の子犬でもリーズナブルな価格で販売されていることがあります。ペットホテルはペットを預けたい飼い主の方に人気で、旅行などの際にもよく利用されます。ペットの扱いに長けた会社が運営するホテルのため、大切なペットを安心して預けることができます。またトリミングサロンも経営しており、季節や気分に応じてカットをすることもできます。

かわいいペットが欲しい時

クーアンドリクではたくさんの犬や猫を扱っています。特に変わった種類の犬種を探している人にとって、役に立つペットショップです。飼いたい子犬を探してくれますので、自分の好きな犬種に絞って探すことも可能です。また出産の情報などをホームページでチェックすることもできますので、ちょうど良い子犬がいるかも確認することが可能です。もちろん犬以外のペットも扱っていますので、希望する場合には問い合わせることもできます。大手の会社の強みとして、クーアンドリクでは安くてかわいいペットを気軽に購入することができます。公式のホームページでもおすすめのペットを探すことができますし、価格なども調べることが可能になっています。

子犬を飼おうと思ったら

子犬販売はペットショップのほかに直接ブリーダーから購入する方法があります。ペットショップはいつでも好きな時間に訪れることができますし、いち早く情報をキャッチすることができます。またブリーダーは子犬のプロですから、育て方やしつけ方まで細かいところまで教えてくれますし、購入後も気軽に質問に答えてくれるでしょう。どちらの子犬販売においてもメリットがありますから、自分に合った方法で購入しましょう。また最近では通販で子犬販売を行うところも増えてきました。以前は、実際に子犬を見ることなく購入することに抵抗を感じる人も多かったのですが、きちんとした対応をしてくれる優良な子犬販売サイトの評価が高まり、通販利用する人も多くなっています。

通販利用も増えています

通販サイトの子犬販売のメリットは子犬の状況が細かく記されているところです。子犬の性別や誕生日だけでなく、成犬になったときの予想されるサイズ、カラー、性格などもわかるので本当に欲しい子犬を厳選することができるのです。また価格もきちんと明記されていますし、引き渡しに必要なものもすぐに確認することができます。また必ず写真がついていますし、中には動画で確認することもできるので直接会いに行かなくても安心して購入することができるのが人気です。もちろん近くの場合は直接購入することもできるので手数料もかかりませんし、自分の目で確かめることができるので事前にチェックしてから会いに行けるのも大きなメリットの一つと言えるでしょう。

楽しく生活をするために

犬を飼うためには寝床やエサ、もしもの時に駆け込める病院など必要なものがたくさんありますが、その中でも絶対に必要なのが犬のしつけです。子犬や成犬、譲り受けたなど関係なく自分の手で犬のしつけをする必要があります。しつける理由は、犬があなたを飼い主であると自覚するためでもあり、犬自身がストレスなく生活するためでもあります。犬のしつけと言われると怒鳴り散らしたり、暴力を振るう人がたまにいますが、そうではありません。トイレはどこでするのか、人にむやみやたらと吠えてはいけないこと、思いっきり噛み付いてはいけないことなどを教えるには犬と信頼関係を築くことから始まります。犬があなたを飼い主だと認めればグンッとしつけがしやすくなります。

犬のしつけは怒るだけ、甘やかすだけ、と極端に偏るのはいけません。犬のしつけのコツはアメとムチです。飼い主として上から犬に物事を教え、犬が上手く出来たら思いっきり褒めます。この時に上手くできないのは可愛そうだと甘やかしてしまうと賢い犬は飼い主は自分の下だと思ってしまうため出来るまで根気よくしつけをしましょう。オヤツをあげるしつけも良いですが加減を間違えるとオヤツばかりねだるようになってしまいます。そこでオススメするのはスマートカラーです。チェーンのように細い首輪で引っ張ると輪が締まり犬にショックを与えるようになっています。何かしてはいけないことをした時などに注意の言葉と共にこの紐を引くことで犬がダメなことだと認識しやすいメリットがあります。

犬のご飯と言えば、今ではドッグフードが主流になりました。しかし、手作りご飯の人気も根強いです。手作りご飯を用意するのは手間がかかりますが、犬にとってはさまざまなメリットがあります。まず、添加物の心配が不要です。ドッグフードはどれだけ質が良いものでも、添加物が入っています。添加物の影響を受ける犬も多いです。手作りご飯は無添加なので、最高の健康食と言えるでしょう。犬の健康に細かく気を配る飼い主が増え、料理教室に通う飼い主も多くなってきました。犬のご飯の作り方を学ぶことができる料理教室を運営している業者は年々増えています。手作りご飯を与えたいが、何をどう与えればいいか分からない人にとっては、ありがたいサービスでしょう。

必要な知識

最近は、犬のご飯のレシピを掲載しているウェブサイトもたくさんあります。おかげで、犬のご飯を手作りするのもかなり楽になりました。しかし、レシピに頼りきるのも考え物です。ある程度犬のご飯の知識を頭に入れておくようにしましょう。たとえば、犬も人間同様さまざまな栄養素をバランスよく摂ることが大事です。しかし、人間よりも大量のタンパク質を摂らせる必要があります。メニューはタンパク質を中心に考えるようにしましょう。また、食べさせてはいけないものを知っておくことも大事です。ねぎ類やにらはNGと言うのは広く知られています。しかし、とうがらしやココアやチョコレート、塩分の多い加工品も食べさせないようにしましょう。

おすすめの記事