ヨークシャテリアは長い毛並みが特徴的な小型犬であり、小型犬の中でも特に小さい部類になります。成犬になっても全長わずか30センチ程度と、部屋の中でも簡単に飼うことが出来るために室内飼いを希望している人に人気の犬種となっています。その最大の特徴は他の小型犬にはなかなか見られない美しい長毛であり、カット次第で雰囲気も大きく変わってきますのでより個性が出やすい犬種とも言えます。ヨークシャテリアは見た目の小ささとはうらはらにとても活発な性格をしており、飼い主にも忠実でしつけがしやすい犬種とされており小さなお子さんがいる家庭でも飼うことが出来るとされています。そんなヨークシャテリアですが、購入する際に注意したいポイントがいくつかあります。毛並みが良いかどうかや目が綺麗かどうかというのは他の犬種と同様にチェックすべきポイントとなりますが、ヨークシャテリアの場合には他にも注意しなければならないポイントがあります。それは歩かせた場合に歩き方が不自然ではないかどうかということです。小型犬はその体の小ささから骨や関節の病気にかかりやすいという特徴を持っています。そのため、病気であるかどうかを判断するためには歩かせてみるのが効果的となっているのです。また、購入する際には実際に抱っこしてみるというのも有効な方法の一つです。おとなしくしている場合には物怖じしない性格なのでしつけもしやすいとされていますが、逃げようとしたり過剰に震える場合には臆病な性格である場合もあるのでしつけが難しくなることがあります。

犬の個性と性格

パグは特別目立つ存在ではありませんが、日本ではポピュラーな犬種です。ずんぐりむっくりした体形と愛嬌のある顔立ちで、人々を自然と笑顔にさせてくれるのが最大の魅力ではないでしょうか。いつの間にか人々の心を虜にしてしまう魅惑のパグについて紹介します。パグは明るく優しい性格で気質も穏やかであることから、初心者でも飼いやすい犬種です。また警戒心が低く、人懐こいので小さな子供の遊び相手としても最適です。一方で少々頑固な一面もありますが、子犬のうちにしつけを行えば難しいこともなく、友好関係が深まり仲良く暮らすことができます。また攻撃性もなく忠実であることからしつけもしやすいです。そしてパグと言えば、冒頭でも述べたように最大の魅力であり特長なのが愛嬌のある顔です。クリクリした丸い目とシワシワの顔は、どこか困ったようにも見える表情で周囲の人達を和ませてくれます。また鼻先が短いのでいびきをかきやすく、寝ている姿はまるで小さなオジサンのようです。このように親しみやすい素質をたくさん兼ね備えてるパグですが、飼育にはいくつかのポイントがあります。パグはその体形から食いしん坊で、肥満になりやすい体質を持っています。おねだり上手ですが、フードやおやつは適量を心がけることが大切です。お手入れに関しては短毛であることからトリミングの必要はありません。しかしパグには深いシワがたくさんあり、汚れがたまりやすいので優しく拭いて清潔にしてあげる必要があります。お世話をすることでスキンシップを図り信頼関係も深まることでしょう。

皮膚病の原因は、身近なところに存在しています。身近な原因として代表的なのは真菌で、聞きなれないかもしれませんが一般的にはカビと呼ばれている菌のことです。真菌には酵母類と糸状菌類の2種類が存在し、それぞれ引き起こされる皮膚病が違います。酵母類の構造は胞子のみで、増殖は出芽による分裂で起こります。酵母類はカンジダ症・マラセチア症・クリプトコックス症の病原体となる存在で、カンジダは比較的に有名ですがクリプトコックス症はズーノーシスと呼ばれる人間にも移る犬の病気です。糸状菌類の構造は胞子と菌糸で形成されており、増殖は菌糸が伸びることで行われます。糸状菌類は皮膚糸状菌症の病原体となる真菌類で、皮膚糸状菌症もクリプトコックス症と同様にズーノーシスの一種です。真菌は人間にも害を及ぼすものなので、犬が真菌による病気にかかった時に人間にも移る可能性のある病気が存在するのです。人間と犬の間で起きる感染は真菌に限りませんが、人間から犬に移る場合もあるのでどちらも健康であることが大切です。

真菌の発生・増殖を防ぐ

真菌の発生は湿度が大きく関係しているので、真菌にとって好条件の環境であれば屋外だけでなく室内にも発生します。どこにでも発生する可能性があるので、湿度と温度の管理をちゃんと行うことが大事なことになります。日本には梅雨と呼ばれる時期があるため、湿度が高くなりやすい地域ともいわれています。エアコンを用いることで湿度や温度を適切に管理することが可能ですが、エアコンをあまり使いたくないという場合は湿気取りや炭を置いたり、換気や掃除を毎日行うと良いです。湿気取りは使い捨てになるので、炭やいらなくなった新聞紙を部屋に置くと湿気を吸い取ってくれます。換気も湿気を溜めないために必要な作業で、掃除は行うことでカビの増殖を未然に防ぐことができます。犬の皮膚病は、生活環境の管理次第で予防することができるとされます。湿度と温度を適切にして、晴れの日は1日1回だけでも太陽光に当てると殺菌になります。太陽光は日が昇った朝や昼頃だと紫外線が強いので、夕方くらいがちょうど良いです。皮膚病の原因は、真菌以外にもいろいろあるのでいつなるか分からないものです。毎日様子を観察して、心身に異常がないかを確認することが大切です。

大切に飼うために

ティーカップにおさまってしまうほど、小さなトイプードルのことをティーカッププードルと言います。その愛らしいサイズ、それなのに大きなかわいい瞳から、ペットとしてとても人気の犬種です。ティーカッププードルを飼いたい、と思ったときは、ティーカッププードルを扱うブリーダーから引き取るといいでしょう。実は、ティーカッププードルは、成犬になったときに大きく成長する犬もいます。ブリーダーは、交配に気を使っています。その為、成犬になったときの、サイズの大きさが保たれる確率が高くなります。もちろん、大きくなってもかわいさに違いありません。しかし、せっかくティーカッププードルを引き取ったのですから、そのままのサイズでいてくれたら、とっても嬉しいですよね。

アフターフォローの利用

ブリーダーからティーカッププードルを引き取る場合、アフターフォローをしてくれるブリーダーを選ぶといいでしょう。ティーカッププードルは、プードルですから、学習能力の高さや賢さに変化はありません。ただ、躾に自信がない人もいますよね。アフターフォローでは、ブリーダーが躾の相談や、指導を行ってくれます。また、ティーカッププードルはその体の小ささから、環境の変化で体調を崩すこともあります。どんな症状が出たときに病院に行けばいいのかや、その対処方法など、そういったことも相談にのってくれます。ブリーダーのアフターフォローをうまく利用しながら、迎え入れたティーカッププードルを大切にしてあげてくださいね。飼い主が、愛情をもって接することが何より一番大切です。

おすすめの記事