犬の発症率が高い病気として知られている肝臓病は、とても深刻な問題を引き起こす可能性があります。肝臓は毒素を排出するために欠かせない役割を担っているほか、消化をサポートや、血液をサラサラにするための機能を持つ器官としても大切です。肝炎や感染症により機能が低下してしまうと、体調に変化が現れます。例えば、普段は活発な犬であっても、肝臓病によって食欲がなくなったり、歯茎や白目の部分が黄色く変色したり、著しい変化が生じるようになります。普段からペットの体調を記録しておけば、ちょっとした変化にも気付くことが出来るでしょう。犬はペットとして人気がある動物ですが、肝臓病などのリスクも高いため、予防することに力を入れることも重要なポイントになります。

犬が肝臓病になると、まず最初に現れるのが食欲減退でしょう。肝臓病の初期は自覚症状もないため、発見が遅れがちです。飼い主が変化に気付く必要があり、そのためには普段の体調をよく把握しておかなければいけません。おしっこの回数が増えることも肝臓病の症状の1つになります。ドッグフードは食べないのに水をたくさん飲んだり、体重が減ったりしている場合、肝臓病が進行している恐れがあります。その際はペットの体のことをよく知っている専門家の助けを求めることが大切です。動物病院を受診し、詳しい検査を受けてみましょう。症状が軽い場合は治療により体調改善を目指せますが、ペットの体力次第では治療が困難になることもあるので、早めに症状に気付くことが最も大切です。

肝臓に負担をかける原因

肝臓は消化やデトックスに関係している器官ですが、食生活の乱れが原因で機能性が低下してしまうことがあります。犬をペットとして飼育している場合は、与えるドッグフードなどに注意しなければいけません。ノミ取りのために利用している駆除薬を誤って口にしてしまうことも考えられます。犬は人間と違い、自分自身で危険な食べ物を判断することが難しいため、肝臓に負担をかけてしまうリスクが高いのです。高カロリーな食事は肝臓病を発症する確率が高くなるため、餌を手作りしている場合は特に気を遣いましょう。最近は肝臓病を防ぐためのドッグフードなども登場しているので、ペットの体調管理は比較的楽になりました。しかし飼い主として知識をつけることは大切です。ペットの口に入るものにはしっかり注意しましょう。

犬の肝臓病は食事だけでなく、ウイルスが原因になって悪化することもあります。フィラリアは蚊が媒介する感染症の1つで、特に犬にとっては大敵とも言える病気です。心臓に大きな負担がかかることで知られていますが、血液に乗った虫が肝臓に達すると、血管を詰まらせて肝機能を衰えさせることもあるのです。ペットの体調不良に気付いたら、まずは肝臓病を疑うと良いでしょう。肝臓病の原因は様々ですが、素人の目で判断することは難しいため、動物病院で詳しい検査を受ける必要があります。フィラリアなどが原因である肝臓病は、根本的な問題を取り除くことが必要になるため、手術などを受けることも検討しなければいけません。

肝臓病を予防する方法

犬はペットとして人気がありますが、犬種を問わずに気を付けなければいけない病気として、肝臓病が挙げられます。肝臓病とはあらゆる肝疾患の総称になり、肝臓がんや肝炎などに分類することが出来るのですが、これらはしっかり予防することが最も大切だと言えます。肝臓に大きなダメージが与えられると、食欲減退や体重減少が著しくなり、死に至るケースも少なくありません。そういったトラブルを予防するためには、ドッグフードを見直したり、動物病院で適切な治療を受けることが最も効果的です。毎日の散歩もペットの体を守る方法の1つになります。

ペットに与えるフードの中には、化学成分が含まれている可能性があります。防腐剤などの化合物は肝臓に負担をかけ、肝臓病を誘発してしまうことがあるため、成分に注目して購入するよう心がけると良いでしょう。肝臓病を患ったペットの寿命は短くなってしまいます。一度発症すると多少なりともダメージを受けることになるので、しっかり予防することが必要なのです。食事療法はペットの肝臓病を予防、または改善するために必要なものですが、サプリメントなどを与え、栄養のバランスを整えることも効果的でしょう。犬の体に必要な栄養素を多く含んだサプリメントなどは、動物病院でも扱われるようになりました。ペットの健康を守ってあげたいと考えているなら、肝臓病などの恐ろしい病気の対策を徹底し、元気に過ごせる環境を整えてあげましょう。定期的な健康診断も必須です。

愛玩犬の定番と言われている犬が、プードルです。このプードルはサイズによって4種類に分けられていますが、最も小さなトイタイプが、一番の人気を誇っています。トイプードルというのは、体高が28センチ以下、体重が3kg前後のプードルの名称になります。頭の形は程よく丸みを帯びていて、目はくっきりとしたアーモンド形です。長くて大きい耳は首に向かって垂れていて、豊富な毛でおおわれています。均整がとれたスタイルで、四肢は細くまっすぐに伸びています。実際に家庭でこのトイプードルを飼育するときは、毛の美しさを保つために、毎日の毛の手入れと、トリミングが必要になってきます。トイプードルは抜け毛が少なく、アレルギーを持っている人でも割合と飼育がしやすい犬になっています。トイプードルは利口で物覚えがよく、飼い主の言うことをよく聞いてくれる犬です。感覚が鋭いので興奮しやすい一面も持ってはいますが、それを除くと犬を飼う初心者でも比較的に飼いやすい犬になっています。また訓練に対しても大変に意欲的な犬になっていますので、基本的なしつけはすぐに覚えてしまいます。トイプードルは少し賢すぎるきらいがありますので、飼い主が一貫した指示を出さなかったり甘やかして育てていると、反抗的な犬になってしまう恐れがあります。トイプードルは自分の足で歩くことでいろいろなことを学んでいきますので、小さくても散歩には必ず行くようにしてください。

ペットを飼うならば

ペットして飼っている動物たちは、いつ病気になってしまったり事故にあって怪我をしてしまうかわかりません。怪我や病気で苦しんでいるペットを、見過ごすわけにもいきません。急病にかかっているのにあわてて獣医師を探し始めるようでは、助かるペットたちも助かりません。千葉でペットを飼い始める時に、近所にかかりつけの動物病院を確保しておくことはペットのためにも当然のことです。日本の獣医師は、大学で主に牛や馬、豚などの家畜に関して勉強をするため、家庭で買われている動物たちの病気やけがに対しての知識は、欧米諸国に比べて低いとされています。そのために獣医師の免許を取得してから3年間は、現場で経験を積まないときちんとした診療や診断はできないといわれています。このような事情があることから、優秀な獣医師がいる動物病院を千葉で探そうとなると、そう簡単に探せるものではありません。ではどうすれば千葉で動物病院を開業している名医を探し出せばよいのでしょうか。もっとも信頼ができるのは、近所の評判です。たとえば犬を飼っている人たちは、公園などで犬を連れて集まる愛犬家仲間の間で交わされる獣医師の評判は、非常に信頼がおける情報になります。信頼ができそうな獣医師が千葉で見つかったら、ペットを連れて健康診断に行ってみましょう。動物病院での獣医師の人柄や診療体制、料金体系をチェックするのはもちろんのこと、動物病院の雰囲気など細部にわたってチェックすることが重要です。

おすすめの記事