見た目も可愛く、小さい体で動き回る姿はまるで綿毛のよう!

チワワにトイプードル、ダックスフンドなど今では人気の犬種にランクインする小型犬達。

今回はそんな彼らの生体にせまってみました。

犬の中で人気の犬種はズバリ「小型犬」

tiwawa cute

まずは、小型犬の概要から理解を深めてみましょう。

小型犬とはどのような犬種?

成犬の体重が10kg未満の犬のことを『小型犬』といいます。

大人になっても10kg満たない体つきは、華奢で可憐なぬいぐるみのようです。

室内犬や愛玩犬として人気があり、人気犬種ランキング等でも常に上位にランクインしています。

実は、小型犬よりも更に小さい『超小型犬』というサイズが存在しているのをご存知でしょうか?

  • 超小型犬

成犬の体重が4kg未満の状態。

小型犬の中でも特に小柄なサイズで、大変貴重な犬種と鳴る。

超小型犬と言っても、活発な犬種なので愛くるしい姿で人気があります。

  • 小型犬

成犬の体重 10kg未満の状態。

見た目の愛らしさから、室内犬としても大変人気があります。

勝ち気な性格の個体もいるので、躾の際は甘やかし過ぎは厳禁です。

小型犬は日本で飼いやすい?

一般的に、ヨーロッパや北米では住宅+庭といったように、十分な敷地面積があり野外で飼育されることも珍しくありません。

また、飼い主の体格もよくパワーのある犬種の飼育も可能なため、大型犬~中型犬が人気です。

躾に関しても関心が高く、地域によってはペットの飼育状況が悪く放置、または虐待とみなされた場合は、禁固刑や罰金も処せられます。

しかし日本では、ペットに関する法律の定めも無いに等しく、躾に関しても個人間に委ねられている状態です。

近年の日本では、核家族もすすみ住宅環境もアパートやマンション暮らしが一般的で、庭付きの戸建ては少なくなっています。

そのような背景から、日本では小型犬に需要が高まりチワワやプードルなどに人気が集まっています。

小型犬はどんな特徴がある? 

dog-2420611_640

小型犬はどのような特徴があるのでしょうか?

小型と分類されるため、サイズが小さいことは理解できるのですが…詳しく見ていきましょう!

特徴:よく吠える

小型犬は基本的に神経質で臆病な個体が多いと言われ、その影響からか大型犬に比べてよく吠える傾向にあります。

ただ、適切な躾を行っていれば無駄吠えもなく飼いやすいでしょう。

攻撃性は少ないものの、吠えることはストレスにもつながるので、幼い内からトレーニングを行い人間にも犬にも配慮して飼育しましょう。

特徴:室内で飼えるサイズ

先に小型犬のサイズの説明を行いましたが、彼らは成犬でも10kg満たない小さいな体です。

そのサイズこそが最大の特徴と言っても過言でははいでしょう。

成犬になってもぬいぐるみのようなので、キャリーバッグに入れて散歩する姿は非常に愛らしいものです。

可愛いあまり抱き癖がつくようなことがないように、適度な運動と躾はマストです。

特徴:寿命が長い

体が小さな彼らですが、決して寿命が短いということはありません。

むしろ、その反対で小型犬は長寿な犬種のものが多いのです。

体が小さいため、酸素供給にかかる心臓や肺の動きは効率よく行えるので、老化(酸化)は少ないと言えるでしょう。

小型犬は大型犬に比べて寿命が長いのも特徴です。

ただ、健康状態には個体差があり、先天性の疾患や飼育環境が悪い場合は、疾患や怪我の影響で短命になることもありえます。

『小型犬だから病気になりにくい!』ではなく、適度な運動と飼育環境、栄養バランスに十分な配慮をしてあげてください。

特徴:運動量が少ない

小型犬は体のサイズが小さいので、おのずと歩幅も小さく結果として多くの運動量を必要としません。

1日30分前後の散歩や運動で十分だと言えるでしょう。

ただ、室内にばかりいて過ごすと少なからずストレスを感じてしまうでしょうから、毎日数分でも外の空気に触れさせてあげましょう。

華奢な彼らですから、アップダウンの激しいコースよりも、ある程度設備された公園やドッグランで運動させることをおすすめします。

特徴:食事量が少ない

運動量と同じく、食事の量も大型犬の1/3程度で済むでしょう。

1日に必要な摂取カロリーは、年齢や犬種で異なるのでドッグフードの表記や、獣医の指示に従い適切な量を与えましょう。

例えば、チワワの成犬であれば次のような計算式で必要な摂取量を計算してください。

1日に与える餌の量(kcal)=(体重×30+70)×1.4

人気の超小型犬・小型犬ベスト5はこの犬種!

小型犬の中でも、どの犬種に人気が集まっているのか、リサーチしてみました♪

人気・超小型犬

puppies-3687656_640

■成犬体重 4kg未満

  1. カニンヘンダックス
  2. ティーカッププードル
  3. チワワ
  4. トイマンチェスターテリア
  5. ポメラニアン

カニンヘンダックスは毛色の種類も多く、色々な個性が集まっているので人気が高い犬種です。

また、2位にランクインしたティーカッププードルは、希少ながら安定した人気をほこっています。

人気・小型犬

puppy-3698728_640

■成犬体重 10kg未満

  1. ミニチュアダックス
  2. プードル
  3. パグ
  4. キャバリア
  5. シーズー

ここでもダックスフンドが堂々の人気1位!

カニンヘンダックスよりもサイズは大きいものの、抱きかかえるにはちょうどいいサイズで愛らしい姿が人気のミニチュアダックス。

プードルも接戦でした♪

意外?実は根強い人気のパグもランキング上位に(*^^*)

どの犬種も個性が際立ち可愛いさに優越つけるのが難しいぐらいですね!

小型犬を選ぶときの注意点

小型犬の飼育を考えている場合、どのような条件で選べばいいのでしょうか?

犬種、サイズ、性格…色々な要素がありますが、最も重視すべきは飼い主の生活環境とのマッチングです。

その事を念頭に、小型犬の飼育のポイントを確認していきましょう。

躾のポイント

小型犬は臆病な性格の犬が多く、その分無駄に吠えるなどの問題行動を起こすこともしばしば。

吠え癖のある犬はなかなかしつけで正そうとするのが難しいものです。

 

吠え癖以外も、もちろんしつけへの感度が高い犬もいますが、一般的に大型犬よりもしつけへの感度は低いとされています。

小型犬の無駄吠えは放置されるケースも多いものですが、犬のこれからを考えれば、人間社会に馴染めるようにしておきたいもの。

自分でどうしてもしつけが上手くいかない場合はトレーナーなど専門家に相談すると良いでしょう。

環境のポイント

大前提ですが、ペットの飼育が許可されているか確認してから飼育を始めましょう。

また、マンションやアパートであれば、近所に音や臭いがもれないように細心の注意をはらいましょう。

特に、排便の処理や無駄吠えは厳禁です。

動物が好きな人、そうでない人、色々な人が生活していることを理解して、飼い主として躾を行うこと!

移動の際はキャリーバッグに必ず入れるか、リードを付けて制御できるように。

また、ペット関係のゴミを出す際は密封して臭いの対策を行いましょう。

家族関係とのポイント

犬は主従関係を大切にする生き物で、小型犬といえどそれは同じです。

主従関係は信頼と尊敬を意味しますから、躾が何よりも大事です。

幼いからといって甘やかすと、無駄吠えが増え飼い主であっても噛み付くような凶暴性を増します。

家族の中に幼い子どもや老人が居る場合は、躾を徹底して家族間で主従関係をはっきりと示すようにしましょう。

飼育や躾に悩んだ際は、プロに依頼してコツを学ぶのもひとつの方法です。

まとめ

小型犬を飼うなら、以下の4つのポイントで見極めるのもいいでしょう。

  1. 体臭が少なく抜け毛の処理が簡単
  2. 無駄吠えが少なく温厚な性格
  3. 賢く人間好き
  4. 疾患が少ない犬種

自分に合う最高の犬種を見つけて、人生のよきパートナーとして迎えてあげてくださいね!

おすすめの記事