犬の避妊手術に関して、賛美両論あるだろう。 反対派の意見としては、 飼い犬の自然の摂理を飼い主が手術によってコントロールしたくないといったものが多い。 だが今1度、現在の私たちと犬の関わり方を考えてみてほしい。昔のように犬が道端に普通にいて、今の猫達のように自由に存在している訳ではないことを。 野良犬がいなくなったのは、狂犬病の発生を抑える事が理由だ。なので昔は段ボールに入れられ平気で捨てられていた子犬を見かけることはない。 だが、見かけないからと言って子犬日々生まれている。全部が幸せに飼育されるのならいいが、飼育に困り最終的に保健所などへ持っていく人は後を絶たない。そう言った可哀想な犬達を増やさない事が避妊手術の第一目的であり、現在ではペットの病気を事前に予防するためのものとして定着している。

避妊手術は命を救う為のものでもある。

では避妊手術をするとどんなメリットがあるか。 可哀想な子犬を増やさない事の他に、メスに多い子宮蓄膿症や乳腺ガンの予防が出来るのである。 以前は卵巣だけを摘出する避妊手術が主流であったが、それでは病気を予防しきれない事から、今では子宮と卵巣の両方を摘出する手術が行われている。 手術をする時期も、今は生後5カ月~6ヶ月、または1年までにするのが普通であり、遅くとも2歳半までに避妊手術を行う事が病気予防において良いとされている。また術後入院をさせる病院は少なく、日帰り手術が普通になっているようだ。 こうした避妊手術を行う事で、メス特有の病気の発生確率を低く抑える事が出来、しいては長生きに繋がるのである。避妊手術は決して不必要なものではない。 病気になってから必要であったと悔やむ飼い主が増えている事から、ペットを長く健康に生かしてやるには必要不可欠なものなのである。

犬についての考え方

犬の避妊手術を考える飼い主が増えてきた一方で、避妊手術をすることを 可哀想とか愛犬の子犬が欲しいからといった考えで、手術しない飼い主もいます。 犬の避妊手術は、長く人と暮らす上で非常に大切なことです。 雌は手術をすることにより、年に2回の生理がなくなります。 生理は室内で飼っていると汚れが気になったりと大変です。 また、妊娠することもなくなるので安心して散歩にも行けます。 雄は妊娠しないから関係ないと思って避妊手術しない飼い主が多いです。 しかし、妊娠はしなくても妊娠させる可能性があります。 犬の嗅覚は人より優れているので、数キロ先の雌の生理をかぎ分けることが可能です。 なので、近所に生理の犬がいると雄は興奮してしまい、雌を求めて脱走したりするケースもあり危険です。 また病気予防にもなるので、犬の手術は早めにするとよいと思います。

病院の選び方と犬の術後について

避妊手術をするときは、まずはかかりつけの病院に相談してみてください。 病院によって、避妊手術の時期の考えが違います。 初めての生理が来る前に手術を勧める病院や、一回生理が来てから手術を勧める病院など、また日帰りから入院など、病院によってさまざまな方針があります。 雄の手術は雌より簡単なので、日帰りがほとんどとなります。 よく相談して、飼い主の希望にそった病院と手術方法を選ぶとよいと思います。 手術後、犬は傷口をとても気にします。 舐めてしまうと、傷口が開いてしまい治りが遅くなるので、顔にエリザベスカラーなど装着して舐めることを防止します。 アンテナ型のエリザベスカラーは視界が塞がれるので、透明なカラーなどあります。 避妊手術の時期は、傷口が膿みやすい梅雨時は避け、乾燥している冬が手術には最適です。

ペットブームについて

ペットブームに伴い、関連グッズも多数販売しています。 その中でも犬のシャンプーはたくさんの種類があります。 種類や価格も様々で、購入の際に迷ってしまうことと思います。 販売場所も、ホームセンター、動物病院、インターネットなどがあります。 種類もアレルギーや皮膚疾患のある犬用、無香料、無添加のものがあります。 比較的にホームセンターのペットコーナーにおいてあるものは安価です。 動物病院のものは、少し高めですが、疾患のある場合などは安心かと思います。 価格も大切ですが、含まれている成分や用法をきちんと確認してから購入するようにしてください。 また、犬の毛量、毛質、皮膚の状態などによって合わないシャンプーもあるので注意が必要です。

上手な洗い方で犬も飼い主も快適に

犬を飼っている人の大半の人が犬の抜け毛やニオイに悩まされたことがあると思います。 犬を飼い始めてすぐの時は、トリミングに行く人が多いと思いますが、しばらくすると出費の多さなどを理由に自宅で行う人が多くなります。 犬も信頼している飼い主さんにしてもらうことで安心して体を任せられます。 ここで簡単にシャンプーのやり方を紹介します。 まず36度から38度のお湯で、体全体をぬらします。 それから、あし、おしり、内股、胸、背中、顔の順番で手にシャンプーを泡立てながら洗います。 洗い流すときは、顔、背中、胸、前あし、お腹、おしり、うしろ足の順番に、高い位置から泡を落としていくイメージでやります。 トリミングサロンも上手に利用しながら、普段のシャンプーは自宅でという飼い主が多いです。 ぜひ、経済的で犬にも飼い主にも優しい生活をしてください。

人気の秘密について

クルクルとした毛並で人気のトイプードルですが、人気の理由は外見だけではありません。 トイプードルは元々狩猟犬やトリュフの探索犬として活躍してきたとされていますが、性格はとても温厚で攻撃性もありません。しつけもしやすいと言われている為、初めて犬を飼おうとする人にもお勧めの犬種でもあります。 また、トイプードルは病気になりやすいとも言われています。犬種特有の疾患などもなく、全く病気にならないとまでは言いませんがとても健康的な犬だとされています。 その他、トイプードルはクルクルとした特徴的な毛は抜け毛が他に比べて少ない犬種です。抜け毛はアレルギーの原因にもなる為、小さい子供のいる家庭でもアレルギーの心配をせずに飼うことができるのです。

はじめて小型犬を飼うならトイプードル

トイプードルは小型犬の中でも非常に歴史の古い犬で、犬種として完成されています、初めて小型犬を飼われるなら家庭犬としておすすめはトイプードルです、トイプードルは明るく活発でとても賢く、何より毛が抜けませんのでそういう点でもおすすめいたします。 最近ではアプリコットという明るい茶系の毛色のトイプードルが人気でテディベアのようなカットが非常に愛くるしいです。 またかわいい洋服を着せたり、首輪やリードとコーディネイトしたり、ペットショップに行けばさまざまな小型犬用のベッドも販売しています、トイプードル用に配合されたペットフードもあります、手入れは定期的なサロンでのカットと毎日のブラッシングが効果的です、お散歩も喜ぶので出来る限り連れていってやってください。

おすすめの記事