わんちゃんの目の下にできた、赤茶色の涙やけ…。
毛色の薄い子は特に目立つので、なんとかしてあげたいと思う飼い主さんもたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、わんちゃんの涙やけにはさまざまな原因があります。
生活環境や体質、食事といった原因です。
こちらでは、その原因と対策方法について、詳しくご紹介します。
愛犬の涙やけを改善したいとお考えの飼い主さんは、ぜひご参考ください。

涙やけの原因

悲しそうなパグ

まずは、涙やけの原因から見ていきましょう。
当てはまっている原因がないか、確かめてみてください。

目に入ったゴミや毛

わんちゃんたちも人間と同じように、目に入ったゴミを涙で排出します。
そのためゴミが多く入るホコリっぽい環境にいると、その分多くの涙が出て、涙やけの原因を引き起こしてしまうのです…。

また、わんちゃん自身の毛が原因で、涙が大量に出てしまう場合もあります。
毛が抜けやすい短毛種だけでなく、毛が伸びて長くなる長毛種のわんちゃんも注意が必要です。
短毛種の子は、抜けた細かい毛が目に入ることがありますし、長毛種の子は、毛が伸びて目に入りやすくなってしまいます。

代謝の低下

代謝が落ちることにより、涙やけができてしまうこともあります。
特に、水分不足や運動不足は代謝が落ちる大きな原因になるので、気をつけましょう。
代謝が落ちると体のめぐりが悪くなり、老廃物が溜まりやすくなるのです。
その老廃物が、涙となって流れ出て、涙やけを引き起こしてしまいます。

アレルギー

花粉や植物のアレルギーにより、涙やけになる子もいます。
花粉症の場合は、毎年決まった時期に涙が大量に出るので、わんちゃんのことを観察することで、発見できるかもしれません。

食物アレルギーの場合は、目元だけでなく、全身に赤みや痒みなどの影響が出るので、わんちゃんの毛をめくって確認してみましょう。
小麦や米といった穀物の含まれたドッグフードで、アレルギーを引き起こしてしまう子もいるので、ドッグフードの原材料をチェックしてみるのもおすすめです。

ドッグフードのアレルギーについて知りたい方は、こちらの情報をご参考ください。

ドッグフードの質

添加物が含まれている、質の悪いタンパク源が使用されているドッグフードは、世の中に多く出回っています。
このようなドッグフードを与え続けると、鼻涙管を詰まらせる原因にもなってしまうので気をつけなくてはいけません。

鼻涙管が詰まると、上手く涙をコントロールすることができず、老廃物を排出できなくなってしまうことがあります。
そのため、できるだけ無添加のドッグフードを選んだ方がよいのです。

無添加のドッグフードについて詳しく知りたい方は、こちらの情報をご参考ください。

鼻涙管の詰まり

涙腺で分泌された涙を、鼻の奥へ排出する働きがある管を、鼻涙管といいます。
この管が詰まると、わんちゃんは涙を上手く排出することができなくなるため、目から溢れ出てしまいます。
この鼻涙管の詰まりは、老廃物の蓄積が原因になる場合もありますが、犬種によっては、生まれつき詰まりやすい子もいます。

涙やけになりやすい犬種

2匹の白い犬

涙やけになりやすい犬種もいます。
特に小型犬は、体質的に涙やけになりやすい子が多いので、それぞれの特徴に合わせてケアをしてあげましょう。

トイプードル

涙やけになる子が特に多いのが、トイプードルという犬種です。
人気の犬種で、愛らしい目をしていますが、長毛種のため目の周りの毛がすぐに伸びてしまいます。
くるくるとカールした毛並みなので、目の中に毛が入りやすいというちょっとした欠点もあります…。
伸びた毛が目の中に入ってしまうと、涙が出て涙やけになってしまうので、定期的にカットをしましょう。

チワワ

こちらも大人気の犬種、チワワです。
チワワのように頭の小さな短頭種は、鼻涙管が狭いという特徴があります。
そのため、鼻涙管が詰まりやすく、涙がたくさん出てしまう場合があるのです。
涙がたくさんでることにより、目の周りの毛が茶色くなり、涙やけができます。

ダックスフント

ダックスフントは、アレルギー体質の子が多い犬種です。
ハウスダストや食べ物のアレルギーにより、目や鼻がグズグスしてしまいます。
アレルギーが起こると、常に目の周りが涙で濡れ、それが涙やけになってしまうのです。

シーズー

シーズーは、チワワと同じ短頭種のわんちゃんです。
そのため鼻涙管が狭く、詰まりやすい子が多いといわれています。
また、目が大きいという特徴もあり、その分涙袋が浅く、涙が出やすい犬種でもあります。

マルチーズ

長毛種であるマルチーズは、目の周りの毛が長く伸びます。
目の中に毛が入ると、涙が出て涙やけになりますが、マルチーズは被毛が白いので、他のわんちゃんよりも涙やけが目立ってしまうのです。
わずかな涙やけでも茶色く目立ってしまうので、定期的なケアが欠かせません。

涙やけの対策方法

白いマルチーズ

わんちゃんの涙やけを改善するために、いくつか対策方法をお教えします。

水分補給

涙やけ対策で大切なのが、水分補給です。
そのため、いつでもわんちゃんがお水を飲むことができるように、水入れや給水器を用意してあげましょう。
しかし、生まれつき進んで水分をとらないわんちゃんもいます。
その場合は、以下の方法をお試しください。

  • ドッグフードにぬるま湯をかける
  • 生野菜を与える
  • カツオのだし汁を与える

ドッグフードにぬるま湯をかけることで、食事と一緒に水分をとることができますし、生野菜を食べることでそこから水分をとることもできます。
また、カツオはわんちゃんの食欲をそそる香りでもあるので、つられてお水も一緒に飲んでくれるでしょう。

適度な運動

代謝をアップさせるために、適度な運動を取り入れてあげましょう。
わんちゃんの場合は、お散歩や遊びだけでも十分に運動することができます。
運動を取り入れることによって、ストレスも発散できるので、しっかりと代謝をアップさせることができるのです。

また、運動して代謝をアップさせることで、排泄リズムを健康的に整えることができます。
毒素をしっかりと排出できるので、涙やけにも良い効果を与えることができるでしょう。

生活環境を清潔に

ハウスダストや花粉の舞う環境にいると、わんちゃんもアレルギーを発症してしまいます。
そのため、わんちゃんが過ごす環境も、しっかりとお掃除してあげましょう。
自宅全体を清潔に保つことも大切ですが、わんちゃんのゲージの掃除も忘れずにしてあげてくださいね♪
涙が出る原因を取り払うことで、涙やけを軽減させることができます。

目の周りをケア

涙やけ対策をするなら、目の周りのケアは欠かせません。
毛が伸びてきたら定期的にカットしてあげましょう。
また、涙や目ヤニが出ているのを見つけたら、濡れタオルで拭いてあげてください。
そのまま放置すると、固まって色素が沈着してしまいます。
できるだけ早めに拭き取ってあげましょう。

既に毛が茶色くなってしまった場合は、ホウ酸や専用クリーナーを使ってその部分を拭いてあげます。
ホウ酸は重曹よりも刺激を少なく済ませることができるので、水に溶かして使いましょう。

ホウ酸液の作り方
◆ 用意するもの
・ホウ酸(日本薬局方)…3g
・精製水…150ml

◆ 作り方
・精製水を60度に温める
・温めた精製水にホウ酸を入れて溶かす

ホウ酸も精製水も、薬局やドラッグストアで購入できます。
ホウ酸の濃度は濃ければ良いというわけではないので、2%以下程度にとどめておきましょう。
また、作ったホウ酸液は、密閉して冷蔵庫に保管してください。
そうすれば、2週間は使用することができます。

おすすめの専用クリーナー

ペッツルート (Petz Route) 涙やけローション
ペッツルート
◆ 特徴
ローションタイプの使いやすいクリーナーです。
ペッツルートには、抗菌酵素や抗菌たんぱく質といった酵素が含まれています。
それらの酵素が、涙やけの元となるたんぱく質を分解し、お顔をきれいにしてくれます。
主成分として天然水が使われているので、わんちゃんの目に優しいんですよ。
また、無添加なので安心して使うことができます。
1日数回程度、拭いてあげましょう。
◆ 原材料・成分
天然水、グレープフルーツ種子エキス、シルクセリシン、ラクトペルオキシダーゼ、ラクトフェリン、タイム水、サボン草根エキス、褐藻エキス(アスタキサンチン)
◆ 使用方法
1.適量のローションをコットンやタオルにつける
2.涙やけ部分の毛を抑えなじませる
3.毛並みに沿って拭き取る
ゲンダイ (GENDAI) アイリスポイント
ゲンダイ
◆ 特徴
マルチーズやウエスティといった、被毛の白いわんちゃんにおすすめのクリーナーです。
刺激の少ない脱色成分が含まれているので、毛を白くしてくれます。
1日1~3回、被毛の偏食具合に合わせて使用しましょう。
◆ 原材料・成分
水、三リン酸5Na、BG、クエン酸、ベンザルコニウムクロリド、セチルピリジニウムクロリド、EDTA-2Na
◆ 使用方法
1.綿に適量を含ませる
2.涙やけで汚れた部分を拭き取る
3.少し時間をおく(30分以内)
4.ぬるま湯で拭き取る
※脱色作用があるため、白い被毛以外のわんちゃんは注意

質の良いドッグフードへの切り替え

ドッグフードは、主原料に動物性タンパク質が使用されているものを選びましょう。
動物性タンパク質とは、牛・鶏・馬・ラムといった、動物のお肉のことを指します。

また、食物アレルギーや消化不良を考慮し、グレインフリーのドッグフードに切り替えるのもおすすめです。
グレインフリーには、穀物が含まれていないという意味があります。
小麦や米、トウモロコシなどが含まれていないドッグフードを選んであげましょう。

そして、人工添加物も涙やけの原因になってしまうので、できるだけ避けるようにしてください。
エトキシキンやBHA、BHTなどは危険な添加物の代表です。
着色料や香料も添加物の一種なので、しっかりとドッグフードの原材料をチェックしましょう。

切り替え時はわんちゃんへの負担を考慮し、徐々に新しいドッグフードへと移行させてください。
今まで食べていたドッグフードに少しずつ混ぜ、慣れさせていくことでお腹への負担を軽減することができます。

おすすめのドッグフード

モグワンドッグフード
モグワン
◆ 特徴
栄養価バランスが整っている、食いつきがよいと評判のドッグフードです。
添加物不使用なので、安心してわんちゃんに与えることができます。
また、穀物の使われていないグレインフリーのドッグフードなので、アレルギー対策もバッチリです。
主原料も、質の良いチキンやサーモンなどの動物性タンパク質を使用しているので、涙管の詰まりといったトラブルを防ぐ効果が期待できます。
◆ 原材料
チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、ダンデライオン、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、MSM&コンドロイチン
カナガンドッグフード
カナガン
◆ 特徴
こちらも、無添加でグレインフリーのドッグフードです。
ナチュラルな原材料のみを使用しているため、安全性はバッチリなドッグフードといえます。
主原料はチキン生肉や乾燥チキン。
良質なタンパク源なので、ドッグフードの質が原因でできてしまった涙やけに対する、根本的な改善効果を期待できそうです。
◆ 原材料
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU、ビタミンD3 2,400IU、ビタミンE 240IU)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

どうしても治らない場合は?

チワワ

対策方法を取り入れても、わんちゃんの涙やけが改善しない場合があります。
その際に飼い主さんができることをお教えするので、ぜひご参考ください。

病気の可能性を疑う

たくさん対策法を試しても、涙やけが改善されない場合があります。
どうしても治らないという場合は、病気の可能性もあるので、獣医師に相談してみましょう。
涙やけが関連する病気には、

  • 涙管の詰まり
  • 逆さまつげ
  • 眼瞼内反症

といったものがあります。
特に、鼻涙管の狭いチワワやシーズーといった犬種は改善が難しいので、早めに獣医師に相談するのがおすすめです。

動物病院で診てもらう

病気かどうかの判断は、動物病院でしてもらいましょう。
症状によって、検査をしたり治療をしてもらうことができます。

フローレステスト

フローレステストとは、鼻涙管の詰まりをチェックする検査です。
人間の眼科でも用いられることのある「フルオルセイン」という造影剤を使って検査をします。
この造影剤を目に垂らし、数分待って鼻からの通りを確認します。

鼻涙管の通りが良ければ、1~2分で鼻の穴から造影剤が出てくるので、それで鼻涙管の詰まりをチェックするのです。
造影剤の出が悪い場合は、鼻涙管が詰まっているということになるので、治療や処置を行います。

涙管洗浄

目のふちにある、涙管の詰まりを掃除する治療です。
治療の際は、涙管に細い管を差し込んで、きれいに洗浄します。
わんちゃんによっては全身麻酔を行うこともあるので、リスクや費用がかかります。

血液検査・麻酔・処置などの料金を合わせると、25,000円前後です。
動物病院によっても料金が異なるので、まずはかかりつけの病院に相談してみましょう。

逆さまつげの治療

まつげは通常、目の外側に向かって生えるものですが、逆まつげは内側に向かって生えています。
それにより、眼球表面が刺激され、涙がポロポロと出てしまうのです。

この逆まつげを改善するには、「まつげを抜く」という治療をしなければいけません。
治療では、診察料・治療費で3,000前後かかります。

逆まつげは一度の治療でなくなりますが、また再発してしまうので、その都度治療を受ける必要があります。

眼瞼内反症の手術

まぶたが内側に入り込む症状を、眼瞼内反症といいます。
こちらも眼球に刺激が加わるため、涙がたくさん出て、涙やけの原因となります。

眼瞼内反症は、薬や治療で治せるものではないので、手術が必要です。
全身麻酔を受けるため、血液検査代・麻酔代・処置料がかかります。
全て合わせると、だいたい35,000円前後です。

涙やけ対策でわんちゃんのお顔をきれいにしてあげよう

白い犬

涙やけは、原因を取り払うことで改善することができます。
愛犬に合った対策方法を試し、きれいなお顔をキープしてあげましょう。
涙やけが酷くなると、お顔が真っ黒になったり皮膚がかぶれたりしてしまうので、早めの対策が必要です。
大切なわんちゃんのために、ぜひ適切なケアを取り入れてみてください。

おすすめの記事