犬は古くから人間の傍で生活してきた動物です。人にとても良くなつき、可愛らしい姿で心を和ませてくれる犬は、人生のパートナーとしてペットに迎えることも多いですよね。しかし、可愛いだけでは飼えないのが現実です。犬は散歩が大好きです。雨の日も、飼い主の体調が悪い時も関係なく世話をしてあげなければなりませんまた、飼い主が正しい食事の管理や、しつけが出来ないと、犬にとっても人にとっても結果的に問題が起きてしまう事も多いです。避妊手術や去勢手術も必要ですし、毎月の食事代、医療費など、責任を持って飼うにはある程度のお金が必要になります。時には病気になることもありますし、年を取れば介護が必要になります。近年は犬の寿命も延び続けており、介護が必要になるケースが非常に増えてきています。最後まで責任を持って面倒を看るという覚悟を持った上で、犬を飼うという選択をすることがベストです。

共により良く生活するには

犬を飼う上で大切なのは、習性をよく理解し、必要なしつけをきちんとしてあげることです。犬だけをしつけ教室に行かせる方法もありますが、飼い主も一緒にしつけの仕方を教えてもらうのが効果的です。しかし、きちんとしつけしたペットでも、他人に噛みついてしまうなどの事故が起こることもあります。そんな時のために、ペット保険に入っておくのもお勧めです。ペット保険は、病気や通院が必要になった時に一定金額が保険によって支払われるサービスです。また、他人に噛みついてけがを負わせてしまい、賠償責任が生じた場合の補償があります。病気になった場合、急な手術や通院で10万円以上掛かることもあるので、もしもの時に備えてペット保険に加入しておくとより安心です。可愛い犬とより良く生活していくためにも、飼い主が積極的に情報を集めて学ぶことが大切です。大切に愛情をもって心を向けた分、犬は必ず心で返してくれるのですから。

人気の秘密

現在ではあらゆる種類のドッグフードが販売されています。現在こうしたドッグフードは通販でも手軽に購入することが可能となっているのです。一般的な国産ドッグフードを通販で購入する場合には、約2キログラム入りの価格は500円から600円台が平均と言えます。6キログラム程度入った大容量サイズの商品の場合には、平均約1200円程度です。最近では通常のドライタイプと共に、食べ心地にこだわったソフトタイプのドッグフードも通販では多く販売されており、そうした商品の場合には少量規格が主流と言えます。ソフトタイプはドライタイプよりはやや割高なことが多く、約600グラム入りが平均700円程度となっているのです。最近増えている高齢犬の場合には、通販でも特にこうした柔らかいドッグフードが好まれます。

工夫を凝らした商品は一般的に価格も高めになる傾向があるのです

現在販売されているドッグフードには、実際様々な工夫が凝らされています。食欲をアップさせる風味や食べやすい食感などを取り入れて、高齢犬や体調の優れないイヌでも問題なく食べられるようなフードを提供しているのです。サーモンやレバー、ささみなどを使用した高級感のあるドッグフードも多く、このような商品の場合には価格は高めとなります。ドッグフードの一タイプとして定着している缶詰やパウチ入りの商品の場合には、特にこうした高価格帯の商品が見られるのです。低刺激や体の免疫力にこだわった商品も近年は登場しています。このようなドッグフードの場合には、国産、輸入品を問わず平均的な市販品よりは価格は高くなると言えるでしょう。

安静にする

子供を生むことがないように、犬に避妊手術をさせる人は多いと思います。人間であっても手術はとても痛みがあるので、言葉を発しなくても、犬が避妊手術をするときはとても痛みが生じるものだと思います。 犬に避妊手術をさせた後は、できるだけストレスがたまらないような環境にしてあげることと、安静にさせておくことが大切です。ある程度の期間がたてば、見た目の傷は治る事が多いのですが、体内にももちろん傷をつくっているので、見た目の傷がなおってもしばらくは安静させておいたほうがいいです。 犬が実際に避妊手術をすると、普段元気がある犬でも、手術後は驚くぐらいにおとなしくしています。回復するとまた元気になると思うので、しっかりと安静にさせてあげてください。

犬の避妊手術のメリットとは

犬を飼う時に飼い主が悩むことの一つとして、避妊手術をするかしないかという選択があります。避妊手術が必要か必要でないか、どちらが正しいかは一概には言えませんが、避妊手術を受けたほうが犬や飼い主に対してのメリットが多くあります。 一つ目は闘争性やマウント行為が減り性格が穏やかになる場合が多いそうです。発情期中のストレスも軽減されるので犬にとっても飼い主にとっても穏やかな生活を手に入れることができます。二つ目は生殖器官の病気のリスクが減ることです。若いうちは元気でも年を重ねて老いていけば病気になってしまうのは犬も人も同じです。老後厄介な病気を患ってしまう前に避妊手術をして予防しておいたほうがよいでしょう。 病院の選び方次第では手術にかかる費用を安くすませることもできます。病院選びは慎重に行いましょう。

最近は人間のようにペットにもアレルギー症状が現れる傾向が強くなり、以前のようにドッグフードならどれも同じといった考え方は少なくなりました。飼い主も「できるだけ品質が良く評判のよいドッグフードを食べさせたい。」という思いが強く、値段が高くても健康に良いものを購入する人も増えています。中には近くのスーパーや量販店では扱っていないドッグフードもあり、通販を利用したり遠方まで買いに行ったりする人もいるほどペットも家族の一員として大事に育てられているのがわかります。しかしドッグフードの評判がよくても、愛犬が好むかどうかはまた別の問題なので、試行錯誤しながら愛犬にあったドッグフード選びはなかなか大変なようです。

原材料に注目して

評判のよいドッグフードとはいったいどういったものなのでしょうか。購入する際に評判や評価を参考に選ぶ方も多いでしょうが、まずパッケージに記載されている原材料に注意して見てみましょう。主に使用されている材料が一番始めに記載されていますが、チキンやラムなどの肉類が使用されているものがおすすめです。値段が安いドッグフードは主となる原材料が穀類になっているものがありますが、犬は元々肉食動物なので肉類を好んで食べますからアレルギーの原因になる場合も考えられます。主に肉類を使用したフードは犬の食いつきも自然とよくなるので、量販店で取り扱っているドッグフードより少し値段は高くても評判がよいのはそのためなのです。

アレルギーが増えている

犬の皮膚病で動物病院を訪れる患者さんも少なくありません。ダニやノミなどに噛まれてただれたり、炎症を起こしたりといった場合もありますが、最近増えているのが犬のアレルギーです。人間もアトピー性皮膚炎に代表されるように皮膚病に悩まされている患者さんも多いのですが、これも同じくアレルギー疾患の一つです。ペットである犬も人間と同じような生活を送るようになり、アレルギーによる皮膚病が増えてきているのです。犬がやたらと足先を舐めるような行動が見られたら、皮膚病を疑ってよいでしょう。犬の場合、アレルギー症状が表れる部位が足先であることが多いからです。人間のように言葉に発することができませんから飼い主さんが気付いてあげることが大切です。

品質の良いドッグフードを

犬のアレルギーは食物によるものも多く、それも穀物アレルギーである場合が多いのです。なぜなら元々犬の祖先はほかの動物の肉を食べて生きてきましたから、その子孫である犬も同じく肉を好んで食べます。普段の食事にドッグフードを与えている人がほとんどでしょうが、ドッグフードはどれも同じと思っていませんか。実はそこに大きな落とし穴があるのです。原材料を見てみるとフードに多く使用されているものが主原料となりますから、肉が使われているものは品質の高いドッグフードといってもよいでしょう。しかし穀物が主原料であれば、それに含まれる小麦でアレルギーを起こし皮膚病になってしまう場合があり、気をつけてあげなければなりません。

ペットを飼うなら

犬がよくかかる病気と言えば、皮膚病が知られています。しかし、耳の病気もかかりやすいです。とくに、外耳炎には注意してあげましょう。犬が頭をよく振るようになったり、耳を何かにこすりつけるようになったら、外耳炎である可能性が高いです。こう言うサインを見逃さないようにしましょう。もちろん、他にもさまざまな病気にかかります。犬の治療費はかさみがちなので、ペット保険に加入するのも良い方法と言えるでしょう。最近は、ペット保険サービスもかなり品揃えが豊富になりました。お得な保険も増えています。また、少しでも保険料を安くしたいと考える飼い主も多いでしょう。そう言う人は、保険の一括見積もりサービスを利用することです。

トイプードルやチワワは

病気にかかりやすい犬もいれば、かかりにくい犬もいます。犬を飼う場合、見た目の可愛さだけで選ぶ人が非常に多いです。しかし、病気にかかりやすいかどうかも考慮して選ぶようにしましょう。ゴールデンレトリバーは人気が高いですが、寝たきりになる確率が高いと言われています。また、ラブラドールレトリバーやパグは、がんにかかりやすいと言うことが知られています。飼うなら、トイプードルやチワワがいいでしょう。どちらも高い人気を誇ります。しかし、見た目の可愛さだけで選ばれているわけではありません。トイプードルは大きな病気にかかりにくいと言うところも人気の理由のひとつです。チワワは日本の蒸し暑さにも対応できるので、とても飼いやすいです。

おすすめの記事