近年、犬の死因として増えているのが癌です。そもそも犬は、比較的、癌にかかりやすい傾向があり、人間と同じように年齢を重ねるほどに癌の発症率は高くなります。 犬が癌を発症する原因は、高齢の他にも、いろいろな原因があります。まず第一に挙げられるのが、食生活の偏りです。犬の食事というとドッグフードをあげている方が多いです。しかし、ドッグフードばかり食べさせていては、十分な栄養を摂取できません。というのも、ドッグフードは加熱処理をされるので、熱に弱い栄養素がなくなってしまうからです。なので、癌にかかるリスクが高くなります。 その他の要因は、運動不足によるストレスです。きちんと犬を外に出して散歩に連れて行かないと、運動不足になります。その結果、ストレスが溜まりやすくなり、免疫力を低下させて病気になりやすくなってしまいます。

病気を予防するための対策

犬の癌の最も有効な予防方法は、病院で定期的な検査を受けることです。犬の癌というのは、平均して6歳くらいから増える傾向にあります。よって、6歳くらいを目処に年1回、動物病院で定期検診を受けさせると良いです。 その他の予防方法は、飼い主が毎日愛犬をチェックすることです。たとえば、毎日のおしっこ、便のチェックを行います。チェックでは、尿や便の色は正常か、血が混じっていないか、下痢はないか確認します。その他にも、皮膚のチェックも行います。皮膚にただれ、腫瘍、出血や痛がるような部分はないか確認します。日頃から犬のことを観察することで、わずかな異常を発見しやすくなります。それで、病気の早期発見に繋がります。

人気の犬種

チワワはその愛くるしい見た目から非常に人気のある犬種です。チワワを迎える方法としては、ペットショップから購入する、ブリーダーから購入する、知人から譲り受ける、保護団体から引き取るなどの方法があります。 今までチワワを飼育したことがないという場合には、飼育に関するアドバイスを受けることが出来るブリーダーからの購入をオススメします。ブリーダーから購入する場合、ペットショップで購入する場合と比べて親犬や兄弟犬と過ごす期間が長いため、社会化が出来ており、飼いやすいとも言われています。また、購入の際に親犬の状態や飼育環境を確認することが出来るので、安心感があります。 ブリーダーの情報も簡単に得ることが出来るようになり、ブリーダーから購入する人も多くなってきています。

ブリーダーからの購入

ブリーダーから、チワワを購入する場合、信頼することが出来るブリーダーを見付けることが重要です。一部ではありますが、欄繁殖を繰り返しているような悪質なブリーダーも存在しますので、注意が必要です。 ブリーダーを見つけた場合には、問い合わせをし直接会った上で、購入するかどうかを決めるようにしましょう。インターネット販売を専門的に行なっているようなブリーダーは、動物愛護管理法に違反しているので、このようなところからの購入は避けるようにしましょう。 引き取る際には、病気や死亡した場合の保証などについても確認しておくようにしましょう。 ペットの平均寿命は、延びてきており、10年以上生きることも珍しくはありません。最期まで責任を持って飼育する事が出来るのかを考えてから迎えるようにしましょう。

餌の購入

ペットブームの現在は、犬を飼われている方がたくさんいらっしゃいます。そのため、犬に関するグッズやサービスがどんどん便利になってきています。 ドッグフードは犬を飼う上では必要不可欠なものです。しかし、ドッグフードをお店で購入した場合には、自分で持ち運ぶ必要があります。男性であればまだ良いのですが、女性であれば重いドッグフードを持ち帰ることは非常に大変な作業です。そこで、ドッグフードを購入する場合には、通販サイトを利用することが便利な方法です。 通販サイトでドッグフードを購入すれば、自宅まで配達されるため自分で重いドッグフードの袋を持ち運ぶ必要が無くなります。大型犬を飼われている方であれば、特に便利な方法です。

ドッグフード購入は通販が主流

そして現在は、ドッグフードの購入方法は通販サイトを利用することが主流となってきています。通販サイトでは、ドッグフードの他にも様々な商品を扱っているため、たくさんの方が利用されています。 犬に関する商品は様々なものがありますが、目的に合ったものがお店にないという場合があります。そんな時には通販サイトは力を発揮します。様々な商品がありますし、在庫がないということが殆どありません。そのため、必要なときにすぐに購入できることが大きな魅力です。 また、定期宅配という方法を利用すれば、一定の間隔でドッグフードが配達されるため、買い忘れるということが無くなることも大きな魅力です。現在ドッグフードを購入するには、通販サイトを利用することが主流となっています。

犬にも人間と同じように病気があります。癌や心臓病、腎臓病、皮膚病などあらゆる病気がありますので、しっかりと観察をして健康か判断をしてあげなければいけません。病気になるとどのような症状が出るのか知っておくと良いでしょう。その症状とペットに表れている症状がマッチするようであれば、動物病院に連れて行った方が賢明です。また、サプリメントなどをあげることで症状を緩和させることが可能です。

リンパの腫れやしこり、元気がないというような症状が続くのであれば、癌の可能性が高いです。がんと言っても前立腺がんや乳腺腫瘍、骨肉腫やメラノーマなど人間同様沢山の種類があり、種類によって症状が表れる箇所が異なります。時々、体の隅々まで見て異変はないかチェックをしていた方が良いでしょう。
腎臓病になると食欲不振や多飲多尿、無気力といった症状が表れます。餌を変えても食べてくれない。むしろ水を大量に飲むことが多くなったというようなことがあれば、腎臓病の可能性が高いです。このように、病気によって症状の表れ方が異なるため、毎日犬の行動を見て変化に気づいてあげるようにして下さい。そのような症状が表れた場合は、獣医に見せたあとにサプリメントをあげてみると良いでしょう。薬に含まれている成分のお陰で元気な体に戻すことが出来ます。

前述のような疾患になることもありますが、最も犬に多い病気は皮膚病です。その中でもアレルギー性皮膚炎が多く、ダニやカビ、ハウスダストなどが原因となっていることがほとんどです。柴犬やレトリーバーはアトピーになりやすいため、この犬種を飼っている方は注意をしましょう。
病気に効果的なサプリメントにはアガリスクが最も良いと言われています。カルシウムや銅、ビタミンが豊富に含まれおり、免疫力を高めてくれると言われています。そのため、がんをも予防することが可能なのです。添加物を含んでいないタイプのサプリメントもあるため、ペットの体に優しいです。30粒入りで約6,000円と価格は高いですが、口コミでも評判になるほど効果があります。

おすすめの記事