愛犬の健康を考える際、一番気になるのが食事ではないでしょうか?

近年、人間並みに豊かになってきたドッグフード。

市販品でもクオリティーが高くコスパの良い商品も沢山そろっています。

ただ、一部の愛犬家の間では、手作りフードも注目されているようです。

手作りフードとはどのようなものか、初心者でも簡単に用意できるものなのかリサーチしてみました!

1 犬ちゃんの手作りドッグフードってどんなもの?

dog-food-445031_640

冒頭から結論を申し上げると、必ずしも手作りフードが愛犬に喜ばれるとは限りません。

私自身のお話で恐縮なのですが、以前市販のドッグフードから手作りフードに切り替えようとチャレンジしたところ、あえなく拒否されてしまった苦い経験があります。

当時、今よりネットも発達しておらず、自分が見聞きした情報内で試した為、愛犬にとってはいい迷惑だったことでしょう。

それは情報が入手しやすい現代でもさほど変わらないと考えられます。

情報に振り回されるのではなく、愛犬の反応を見ながら手作りフードを与えることが大事です。

この事を考慮した上で、愛犬や飼い主の負担にならない手作りフードにチャレンジしましょう!

手作りフードってどんなもの?

「手作りフード」と一言で区切れないほどレパートリーが豊富なのが手作りフードです。

家庭によってソウルフードがあるように、愛犬のための手作りフードも多種多様です。

共通点を見出すならば、次のような点があげられるでしょう。

  1. 人間が食べる野菜や肉が使用されている
  2. 旬の食材が盛り込まれている
  3. 触感や香りが楽しめる
  4. 水分が豊富に含まれている
  5. アレルギー対応の食材で構成されている

他にも、作りてによって手作りフードのコンセプトや定義が様々存在しています。

一般家庭で手作りフードを作る際は、ネットで手に入るレシピを参考にしたり、手作りフード専用の書籍を参考にしたりするといいでしょう。

ただし、手作りフードに切り替える前にしっかりと手作りフードのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

2 犬ちゃんの手作りドッグフードのメリット・デメリット

food-1209503_640

ここでは「100%手作りフード」のメリット・デメリットについて考えてみましょう。

手作りフードのメリット

  • 食べながら水分補給ができる
  • 旬の食材から栄養を摂取できる
  • 生の食材を食べることで酵素を摂取できる
  • ライフスタイルやライフステージに合わせてカスタムできる
  • 余計な添加物や香料を排除できる
  • アレンジメニューのレパートリーが豊富で飽きがこない
  • 愛犬とのコミュニケーション向上につながる

手作りフードのデメリット

  • 長期保存に向かず大量の作り置きができない
  • 都度手作りフードを調理することになり時間や手間がかかる
  • 持ち運びや携帯食にはむかない
  • 栄養のバランスを考えながら調理する必要がある
  • 誤った情報のもと手作りフードを与えてしまうこともある

メリットとデメリット、比較をしてみたところ「時間」「栄養」「保存」がキーポイントとなりそうです。

食材の下ごしらえや調理にはどうしても時間がかかりますし、栄養バランスを考え食材を選ぶ必要があります。

それに、鮮度を考え調理したなら長期保存にはむかず、都度用意せねばなりません。

完全手作りフードに切り替えるためには、愛犬の健康を考えると共にライフスタイルとの折り合いもつくのか考慮しなければなりませんね。

3 犬ちゃんの手作りドッグフード | OKフードとNGフード

パグ

犬に手作りフードを与えるなら、食べてよい食材、だめな食材を把握しておくべきです。

一例になりますが、OK食材とNG食材を紹介していきます。

OK食材

犬にとって必要な肉類から野菜まで、普段購入しやすい食材を例に紹介します。

OKな肉類

  • 鶏胸肉
  • 鶏もも肉
  • 鶏ささみ
  • 鶏砂肝
  • 鶏レバー
  • 骨抜きの鶏手羽先
  • 脂肪分が少ない牛肉
  • 脂肪分が少ない豚肉

OKな魚類

  • イワシ
  • アジ
  • タラ
  • カレイ

いずれも骨をできるだけ取り除き与えてください。

OKな野菜類

  • かぼちゃ
  • ブロッコリー
  • にんじん
  • キャベツ
  • 大根
  • 白菜  
  • さつまいも果物

 野菜は灰汁がない葉野菜や根菜類がOK食材とみなされています。

ただ、野菜の中でも糖質が多いものがあるので、与える際は配合に気をつけましょう。

OKな炭水化物

  • 白米
  • 玄米
  • 雑穀

いずれも柔らかく煮て、消化に負担がかからないように調理しましょう。

その他のOK食材

  • 減塩チーズ
  • 完全に火が通った全卵
  • 豆腐
  • おから

NG食材

ふいに与えてしまわないように、犬にとってのNGがなにか把握しましょう!

NGな肉類

  • 加工食品(ハム・ソーセージ・ベーコン)
  • 牛・豚・鶏・魚の骨(専用おやつ以外に与えるのはリスキー)

NGな魚類

  • タコ
  • イカ
  • エビ(甲殻類)
  • 貝類

NGな野菜類

  • タマネギ
  • ネギ類
  • ニンニク

香味野菜と呼ばれる類は避け与えないように。

NGな果物類

  • ナッツ類
  • カカオ(チョコレート・ココア)
  • 杏子

その他のNG食材

  • 生卵
  • 調味料(過剰な塩や砂糖・香辛料類)
  • ぶどう・レーズン(皮)

人間が食べれるからといって、同じ感覚で与えてしまっては手作りフード概念が崩れてしまうのできをつけましょう。

4 【簡単レシピ】犬ちゃんの手作りドッグフード

rice-1823664_640

上記のOK食材、NG食材を把握するだけでも結構大変!

完全手作りフードは無理かな……、そう諦めるのはまだ早い!

完全手作りフードは無理でも、トッピングを工夫して手作りフードに近づけることは十分可能です♪

①レンチン調理のトッピング手作りフード!

  • キャベツやニンジンを千切り
  • 白身魚や鶏ささみのボイル身
  • ゆで栗やかぼちゃ

先に紹介したOK食材を細かく刻み、あとは適度に柔らかくなるまでレンジで加熱。

調理時間は10分程度ですから、手作りフードのハードルはそう高くありませんよ♪

あとは、ほぐしたり市販のドッグフードと混ぜたりするだけ!

②スープでトッピング手作りフード!

  • 鶏肉や白身魚をゆでた際に出るゆで汁

うま味と栄養が凝縮されているだし汁なので、捨てずにフードに合えればスープ仕立ての手作りフードとなります!

市販のドッグフードにあえる前に、しっかりと灰汁を捨て水分量を調節して触感を工夫してみましょう。

コラーゲンを利用してジュレ風にしてトッピングするのもよいでしょう。

③複数の食材でトッピング手作りフード!

今回紹介したOK食材を複数組み合わせ、細かく切りそろえて火を通し、片栗粉で軽くトロミを加え「餡あん」を作ります。

粗熱をとりいつものドッグフードにかければ、即席のそぼろあんかけに!

彩豊かで風味や香りも増すので、犬の食欲をそそるでしょう。

トロミで食感もなめらかになりますし、水分の補給もできて一石二鳥の手作りフードとなります。

5 犬ちゃんの手作りドッグフードを販売・通販している会社はある?

私がリサーチした中で惹かれた手作りフードが、株式会社ふぁっぴーさんの手作りフードでした。

目にも豊かな色合いと、厳選した食材で作られた手作りフードは人間の目から見ても非常に食欲をそそります♪

<ドッグフード専門店 手作り犬ごはん>のレパートリー例

お試しおじやセットのメリット

引用:https://www.t-food.jp/trial-set

  • お試しおじや5日間セット 5日間×2食分 
  • 計10袋(100g) 価格4,320 円(税込)

鶏肉のおじや、牛肉のおじやをはじめ全部で5種類のセット販売がありました。

コチラのサイトでは、他にも手作りフードにこだわった商品販売が展開しています。

消化吸収、アレルギーを持つ犬ちゃんにとって最適な手作りフードだと思いました。

株式会社ふぁっぴーさんのように、手作りにこだわったフード販売は徐々に市場が拡大しているので、自宅で調理せずに安心、安全なフードを手に入れることも可能になっています。

手作りフードを与えたいが時間や栄養バランスが気になる、このような方はネット販売されている手作りフードを選択するのも1つの手段ですね。

6 まとめ

笑顔の犬

手作りフードは犬にとって健康のサポートに大いに役立つでしょう。

しかし、手作りフードを試す前にはきちんと食材の見極めを行う必要も。

ネット販売されている手作りフードを利用すると、コストや手間を省くことができますが、信頼できる販売店かどうか調べることをお忘れなく!

おすすめの記事