犬の病気で多いものは皮膚病で、様々な原因や症状があります。原因で多いのは、細菌によるものです。とても危険な細菌なのかというと、そうではありません。犬が健康な状態でも皮膚にいる細菌が原因で皮膚病になってしまうのです。常在菌が原因になる理由には、皮膚のバリア機能が低下していることが挙げられます。犬は、毛がたくさん生えていますが、実は、皮膚を守る役割がある角質層が人間より薄いのです。その薄さは、人間の赤ちゃんより薄いのです。バリア機能を守るには、セラミドが重要になります。セラミドを含んだシャンプーをする方法があります。常在菌が皮膚病の原因になってしまう他の理由は、免疫力の低下や、甲状腺の機能が低下する病気などが関係しています。

抗生物質で治療する

細菌が原因の犬の皮膚病の治療は、主に抗生物質を使用します。また、抗菌作用のあるシャンプーを使用することもありますが、皮膚の症状や獣医師によっては、シャンプーを行わないこともあります。原因が甲状腺機能の低下の場合、治療に時間がかかることがあり、長期間抗生物質を使用することで、細菌が薬剤耐性をもつことが考えられるので、十分獣医師と相談して治療を行うことが大切です。過剰に皮脂が出ることで起こる、脂漏性皮膚炎というものがあります。この皮膚炎がきっかけで、常在菌が原因の皮膚炎になることがあります。治療は、抗生物質と、症状がひどいときはステロイドを使用します。皮脂や角質を除去するシャンプーで改善していきます。

様々な種類がいます

ミックス犬とは、雑種犬、ハーフ犬と同義で、純血種でない犬種全般をさします。近年人気なのは、純血種同士をかけあわせた一代目のミックス犬です。両親の特徴が特に際だって出るため、可愛らしさや賢さなどの特徴が推測しやすいためです。近年のミックス犬は、飼いやすさに着目してプードルやトイプードルを親犬としてかけあわせたものが多くなっています。プードルやトイプードルは、比較的体は小さめですが非常に賢く、温厚で飼いやすい性格をしています。毛が抜けにくいのでお世話も楽です。こうした飼いやすさからよく使われています。しかし、確実にその性格が出るとは限らないので、子犬の様子やブリーダーの話をきちんと聞くようにしましょう。

新しい可愛さがあると人気

ミックス犬が人気なのは、新しい可愛さがあるためです。純血種とは異なる見た目になるため、なんともいえない愛嬌とユニークな可愛らしさがうまれます。また、かけあわせ次第では両親よりも飼いやすい犬種がうまれるため、飼いやすくなるのも人気の一つです。ミックス犬は、人気が出てきてはいますが純血種に比べると安いという特徴もあります。そのため、手に入れやすいのも人気の理由といえます。また、丈夫なことが多いのも特徴で、病気に強くなる傾向にあります。特に和系犬とよばれる日本に古くから住む犬種のミックス犬は丈夫で、病気にも非常に強いため飼いやすいです。こうした複合的な飼いやすさや可愛らしさから人気がありますが、人気が出てくると値段は高騰することも考えられます。

体調を崩しやすい

子犬は環境が変わると下痢を起こすなど、体調を崩すことが多いです。なので、初めて家に来た日は、まずは静かに休ませるようにしましょう。子犬が落ち着き、周囲の探検をしたがったら、サークルから出してもOKです。思う存分探検させてあげましょう。ちなみに、家に到着してすぐに落ち着く子犬もいれば、数日かかる子犬もいます。また、子犬を迎えてから3日ほど経過したら、動物病院で健康診断をしてもらいましょう。子犬は寄生虫がいることが多いからです。さらに、獣医師にフィラリア予防の計画を立ててもらいましょう。ワクチネーションの指導も受けておくことです。また、最近の動物病院ではしつけサービスも行っているので、検討してみましょう。

子犬は胃が小さいだけでなく、消化能力も弱いです。一度にたくさんのご飯を食べさせると、下痢をするので注意しましょう。下痢を甘く見てはいけません。子犬の下痢は成犬の下痢よりも重症化しやすいので気をつけることです。食事は朝昼晩の3回食が基本と言うことを頭に入れておきましょう。また、ドッグフードか手作り食かで悩む飼い主も多いです。どちらを食べさせても構いません。しかし、最近は子犬の健康を気遣って、手作り食を食べさせたいと考える飼い主が増えてきました。それにともない、犬の手作り食を販売する会社の人気が高まっています。さらに、飼い主のために犬の食事の作り方を教えてくれる料理教室も、都市部を中心に増加傾向にあります。

トイプードルは活発さと穏やかさを兼ね備えた犬種であり、社交性も抜群なためペット初心者でも安心して飼うことができます。常に安定した人気を誇っている犬種なので様々な市場で扱われていますが、一番確実な購入方法はプリーダーから直販で譲ってもらうことです。信頼できるブリーダーが提供しているトイプードルであれば、血統管理が厳格に行われています。中には、ドッグショーでもトップクラスに位置するような、高い評価を受けたトイプードルの血を引く子犬を扱うブリーダーも存在します。こういったブリーダーに巡り合えれば、容姿の面でも性格の面でも最高のトイプードルを家族として迎えることができます。もちろん、遺伝性疾患や細菌感染などにも細心の注意を払った上で、繁殖、管理が行われているため、購入後に健康にかかわる問題が発見されるようなこともありません。また、犬のことを知り尽くしているプリーダーから直接購入することは、その後のワンちゃんとの関りを良好に保つことにもつながります。育てるにあたって購入先のブリーダーから具体的なアドバイスをもらうことができるため、トイプードルの特徴を把握した上で、安心して世話をしていくことができます。今は、ブリーダーが扱う犬を紹介する専門サイトも多数存在しており、トイプードルもたくさん紹介されています。信頼できるブリーダーのもとで産まれたトイプードルを紹介しているサイトも様々あるので確認してみましょう。

ペットを購入する方法とは

チワワやトイプードルなどの子犬を購入するときには、ペットショップや中間業者を利用すると中間マージンが価格に上乗せられるので注意が必要です。そのようなときにブリーダー直販を利用すれば、価格や健康面でも安心してチワワやトイプードルなどの子犬を購入することができます。そしてブリーダーの場合だと基本的なしつけ方法などを教育しているので、トイレなどを教えるのが不安な方も心強いでしょう。もちろん母犬や父犬の状態などを確認すれば、どのように育てているのかを手軽にチェックすることができます。また子犬の健康保証サービスなどを利用できるブリーダーもあるので、購入後のアフターケアなどが充実しているのもブリーダーならではのメリットでしょう。他にも購入後には丁寧にしつけなどをアドバイスをしてくれるので、性格や毛並み、癖などを細かく教えてもらえるのもポイントです。まずは犬種別のブリーダー専門店をチェックして、自分がどの子犬(チワワやトイプードルなど)を飼いたいのかを決めてみてください。それから各ショップのブリーダー登録基準などを詳細にチェックして、「本当に信頼できるショップ」なのかをきちんと判断しておくことも大切です。もし健康的なチワワやトイプードルなどの子犬を購入するときには、ブリーダー直販をチェックしてみてください。ペットを飼うのが慣れていない方でも、購入前に飼育環境や育て方について説明されるので、スムーズに飼うことができるでしょう。

おすすめの記事