岡山のペットショップでは、ペット販売の他にもトリミングやペット用品の販売、ペットホテルのサービスを行なっているところもあります。今回は、その1つ、トリミングについて紹介していきます。トリミングとは、犬の毛をバランスよく整える技術で手を抜いたり、あるいはカットしたりするなどして整えていきます。それを行なう方をトリマーといいます。トリミングをすることは見た目以外にも目的があります。実はこれをすることでダニやノミが体についてしまうことを防ぐという効果もあります。理由としては簡単で、そもそも入り込むための隙間をカッティングによって物理的に減らすので、寄り付きにくくなります。他にも怪我予防もできるといった特徴もあります。毛がむやみやたらに伸びていると自分の毛が原因で滑って怪我したりするということがあります。トリミングで適度な長さに整えるとそういった心配もなくなります。更に熱中症にも効果的です。長毛な犬種では、体熱が逃げずに熱中症になってしまう可能性が高くなります。そもそも犬は人間と違い汗を流すことができません。そのため、体温調整は口呼吸によって行ないます。犬が口を開けて「ハァ、ハァ」としている時がまさに体温調整を行なっている最中なのです。

ペットショップは岡山のいろいろな場所に店舗があり、ネットなどから検索して探すことができます。ペットショップの中にはドッグランがあり、犬を遊ばせることができるスペースを設けているようなところもあります。岡山のどこで購入するかという場合は、いくつかのウェブサイトで販売価格を比較してみるとよいでしょう。価格はペットショップごとに違います。最近の岡山のペットショップではウェブサイトのみならず、SNSなどでサイトを持っているところなどもあります。場合によっては、特典がつくような店舗もあるので店舗へ行く前にチェックしておくとよいでしょう。

動物の病気の治し方

動物病院は、治療費が高いとお考えではないでしょうか。本来人間が千葉の病院で治療を受ける場合は、健康保険が適用され支払いが軽減されますが動物にはそれがありません。そのため、人間の治療費などよりは少し高めについてしまいます。また、動物病院は料金の統一がされていないため、千葉の各地で料金が異なります。最も犬を病院に連れて行くことが多い理由は、狂犬病の予防接種です。その料金としては、約2778円、また狂犬病予防注射剤票預り金というもので約550円の料金がかかります。その他の料金は、避妊手術に約18000円から50000円程、去勢手術は約10000円から40000円、混合ワクチンなどは種類によって数千円の差があります。このように金額には動物病院ごとで大きな差があります。金額については、ネットで調べると比較サイトなどもあるため、住んでいる地域の付近で安いところがあるかどうかを確認してみましょう。営業時間も千葉の場所によって異なり、夜9時や10時までのところもあれば、年中無休というところもあります。年中無休のところでは、夜間の診察料が追加料金で発生してきます。動物でも人間同様に様々な病気にかかるため、それぞれの診察料やワクチンなどに料金が細かく設定されています。
また千葉の動物病院ごとに対応可能な治療があるため、場合によっては断られる可能性もあります。動物病院に行く際は、依頼する治療内容に対応しているか事前に情報を確認してから行くようにしましょう。

犬も人間と同じように肝臓病になることがあります。しかし、人間と異なり自分で症状を訴えることはできないので、飼い主が日頃から犬の状態の変化に目を光らせることが重要です。食欲不振やおしっこの回数が増える、下痢や嘔吐などが起こるようになったら肝臓病を疑い、すぐに動物病院に連れていきましょう。動物病院に行ったら即手術をしなくてはいけないと考えている飼い主も多いですが、そのようなケースは多くないです。肝臓は再生能力が非常に高いです。なので、点滴で水分と栄養を補給して回復を図ることが基本になります。ちなみに、最近は24時間対応の動物病院が増えてきました。時間外でも連絡がとりやすいので、多くの人から好評を得ています。

食事に関して

犬の肝臓病を予防する方法を知っておきましょう。重要なのは食事です。しかし、積極的に摂取させたい栄養素を理解しておく必要があります。脂肪と良質なタンパク質と炭水化物を摂らせましょう。ただ、肝臓病を予防するための食事を毎日手作りすることは、想像以上に困難です。途中で挫折してしまう飼い主も少なくありません。そこで、近年注目を集めているのが犬の手作り食の通販サービスです。インターネットの普及により、このサービスの認知度は飛躍的に向上しました。専門的な知識を持った人が作るので、安心して与えることができます。それでいて、自分で作る手間が省けるので、利用価値はとても高いと言えるでしょう。料金も年々下がってきました。

最近話題の新種の犬

マルプーと言っても、まだあまり聞き馴染みのない名前かも知れません。これは犬の名前で、マルチーズとトイプードルとを掛けあわせた、今人気のミックス犬の一つでもあります。マルチーズもトイプードルもどちらも人気の高い犬ですし、両方頭が大変良くて、人間に従順で育てやしい犬種ですから、可愛い容姿と付け加えて、飼いやすいと言うこと当然人気も高いです。性格もおとなしい子が多い為、室内犬にも向いていますし、マルプー自体、とても健康で病気に負けない強い犬です。そういった意味でも、犬を飼うのが初めてだと言う方にもお勧めなワンちゃんです。温厚で、とても優しい性格ゆえに、小さな子供も大好きで、すぐに懐き、その辺も人気のポイントと言えるでしょう。

パパ似かママ似か

マルチーズとトイプードル、それぞれ両方の良い所を取ってきたのがマルプーですと言いたいところですが、人間と同じで、両親のどちらの血をより強く受け継いでいるかによって、性格や体型などにも偏りが出てくるのもミックス犬ならではの特徴のひとつかもしれません。それこそ人間の子どもの様に、成長過程でパパに似てきたり、途中でママに似たりなど変化を楽しめると言うのも特徴かも知れません。この様に、計り知れない可能性を持っているのがマルプーです。俗説かも知れませんが、マルプーは親の毛色によって性格的特徴が異なるとまで言われていますし、この毛色も成長と共に変色するなんて言われています。人間で言えばとても個性的な子と言う位置づけでしょう。良い意味で目が離せないですね。

小さな犬であれば室内でも気軽に飼うことができる、その魅力があって人気が高いのがティーカッププードルという犬種です。ティーカッププードルはトイプードルよりもさらに小さな体が特徴で、その名の通り成犬でも体長が20センチ以下、ティーカップにも入ってしまうほどです。トイプードルよりもさらに小さい犬種ということもあり、骨が通常よりも細い場合が多いので骨折には気を付ける必要があります。ただ、性格は甘えん坊で賢いので初心者でも比較的飼いやすくなっています。もちろん、それぞれの個体差があることなので一概には言えませんが、しつけがしやすいことでも知られている犬種なのです。ティーカッププードルの多くはペットショップや専門のブリーダーから購入することになります。平均的な金額は20万円から50万円ほど、血統書などがついている場合であればさらに高額になることもあります。ただ、ティーカッププードルを購入する際には注意しておかなければいけない点もあります。というのも、ティーカッププードルは子犬の時はトイプードルとの違いが見極めにくく、購入してからその違いに気が付くというケースが出てくるのです。比較的小さく生まれたトイプードル、未熟児だった犬をそのままティーカッププードルと偽って売り出しているところもあるのです。購入の際にはできるだけ信用のおけるブリーダー、ペットショップを探すこと、これが大切なポイントになってくるわけです。

おすすめの記事