ペットも人間と同じで、いろいろな病気になります。特に身近な病気は、見た目でわかる皮膚病ではないでしょうか。ペットとして飼われている動物の中でも、皮膚病になりやすいのが犬です。皮膚病には、感染症やアレルギー疾患などがありますが、犬で多くなってきているのが「アトピー性皮膚炎」と「食物アレルギー」です。この2つの病気では、皮膚が赤くなったりかゆみが起きたりします。アトピー性皮膚炎は、花粉やホコリなどが原因になっている場合があり、体を清潔にするためにシャンプーをしますが、やりすぎると肌が荒れてしまうことがあるので注意します。食物アレルギーは獣医師と相談し、フードの種類を変更することが必要です。ペットの体質が原因なので、時間をかけて治療をすることが大切になります。皮膚に異常が起こりやすいのが夏です。ペットの中でも、被毛がダブルコートになっている犬は夏に皮膚の病気を起こしやすいと言われています。ダブルコートはアンダーコートが密集しているため、ブラッシングをしないと通気が悪くなり皮膚が炎症を起こしてしまいます。犬は外を散歩しますが、その時にダニやノミなどに感染することがあります。それによってアレルギーを起こしてしまうこともあるのです。そういった理由から、ブラッシングはとても重要なお手入れなのです。犬が皮膚病になったときにあらわれる症状は、湿疹、脱毛、かさぶたなどがあります。皮膚病になりやすい動物であることを忘れずに、ブラッシングで予防と早期発見をしましょう。

ペットフードは通信販売で

ドッグフードはホームセンターやペットショップの店頭でも買えますが、通販で購入する方が何かとお得です。店頭で購入するにはわざわざお店に出向かなくてはいけないところですが、通販ならそんな手間もいりません。通販でドッグフードを購入する場合は、電話やFAXの他にもインターネット経由で注文が可能です。これなら家にいる時だけでなく、外出先でも簡単に買い物ができます。しかも通販の良さはそれだけではありません。ショップの数が豊富なのも大きなメリットといえるでしょう。特にインターネットなら、ドッグフードを取り扱っているショップが数え切れないほど存在します。このおかげで、いろんなショップ同士のドッグフードの価格や品ぞろえを比較しながら購入することも可能です。やはり同じようにみえても、ショップによって値段や品ぞろえは大きく違っています。比較することでよりお得で利用しやすいショップがみつかりますので、そんな意味でもより良い買い物ができるはずです。しかもインターネットで買う時は、通常のショップ以外にも特定のメーカーの公式サイトも利用できます。この公式サイトは安く商品が購入できるだけでなく、まれにお試し用のドッグフードを配布してくれることもあります。初回限定とはいえ、送料込みですべて無料でもらえるのはうれしい限りです。さらに定期購入なら通常価格より数十パーセントオフで購入できるサービスもあるので、これなら通販で購入するメリットはかなり大きいといえるでしょう。

人気の理由

一時期テレビのコマーシャルに出ていたチワワは、その可愛さで大ブームを引き起こしました。その時に比べれば最近は落ち着いてはいますが、それでも大変人気があります。チワワが人気があるのには、沢山の理由があります。まず一つ目に可愛らしい表情ではないでしょうか。まあるいお顔に大きな潤んだ瞳は特徴的で可愛らしいです。そして次にとても小さいので可愛くて飼いやすいという魅力もあります。小さいので室内で飼ってもスペースを確保するのはそれほど大変ではありません。それに小さいので散歩も長時間必要ありません。雨の日や忙しくて散歩に行けなくても室内である程度運動させれば運動量は十分でしょう。そして次に被毛のお手入れがしやすいということです。チワワの被毛はある程度伸びたらそこから伸びません。ですのでカットする必要がないので、他の犬よりお手入れが簡単に済みます。それに沢山の毛色の犬がいますので、選ぶのも楽しいのではないでしょうか。そして最後にチワワの性格は飼い主への忠誠心が強く、深い愛情を持って接してくれるという点が挙げられます。可愛らしい顔で飼い主に甘えてくる態度を見せられたら一発でチワワの虜になってしまうでしょう。このように様々な理由から未だにチワワを飼う人が多いのでしょう。そして初めて犬を飼う人にもおすすめの一匹ではないでしょうか。しかしチワワだけでなく他の犬もそうですが、病気やケガも多いので毎日注意深く観察し、快適に過ごせる環境作りを整えてあげる努力をしていくことが大切です。

犬の椎間板ヘルニアの原因は老化による骨の弱化、肥満、激しい運動等による外圧が主な原因となります。また、小型犬や足が短い犬種は軟骨異栄養症性犬種と呼ばれており椎間板ヘルニアになりやすい傾向にあります。これらの犬種は若齢期から発症する事もあり、決して珍しいことではありません。椎間板ヘルニアは背中から腰にかけて発症する場合がほとんどです。症状は発症した場所によって違います。主な症状は歩き方に異常が見られる、腰や首、胸部を触られる事を嫌がる、または触ると痛がるなどがあります。足が麻痺し足を引きずって歩くようになります。これらが、重症化すると自力では立ち上がることが出来なくなり排泄が困難になる可能性もあります。

治療法と飼い主がするべき予防

椎間板ヘルニアの治療法は症状が軽度の場合は非ステロイド系の内服薬で炎症を抑えます。椎間板ヘルニアの治療で一番大切なのは安静にする事です。狭いケージの中で極力動けないようにさせます。トイレに出すとき以外はケージの中で安静にさせます。この治療は1ヶ月以上続きます。薬と安静にするだけでは治らない重症の場合は、手術になります。犬の椎間板ヘルニアは飼い主がいかに早く異常に気が付くかが大切になります。室内で飼っている場合はフローリングの床なら滑らないように絨毯を敷いたり階段の昇り降りを極力させないようにする、体を捻る運動はさせない事も予防に繋がります。また、骨に負担をかけないように食事に気をつけ肥満予防をする事も大切です。

病気になった時は

ペットは、生きているので人間と同じで病気になることもあります。病気になってしまったら、病院へ連れていかないといけませんし、ワクチンなどの予防接種も動物病院で受けることになります。例えば、犬を飼い始めたとなれば家の近くに動物病院はあるのかを確認しましょう。動物病院は、ペットを飼っている家庭が増えているので各地域にどんどん増えています。
ですから、自宅から近いところを見つけておいたほうがいいでしょう。どうやって見つけるのかといえば、犬であれば散歩へ行くと思います。その時に、近所で犬を飼っている人と出会うでしょう。その人達にどこの動物病院へ行っているのかを聞いて、評判が良いところなのかを確認するといいでしょう。
散歩する時に人とあまり出会わないというのなら、ネットで検索するのもおすすめです。ネットで検索すれば、近いところも見つけられますし、口コミで良いところも見つけられるようになります。
どうしてここまで行なうのかといえば、動物病院は経営者によって治療費などが異なるからです。それに、獣医にも色々な人がいますので対応の良い人のところへ行きたいでしょう。

犬や猫などの動物は、人間のように言葉を話すことができないのでしっかりと診察を行なってくれる動物病院を探したほうがいいでしょう。そうすることで、犬などの病気も早く見つけられるようになりますし、適切な治療を受けられるようになります。
治療に関しては、言葉を話せない犬や猫などのペットの代わりに飼い主である人間が伝えて、獣医も理解して病気が治るように治療してもらいましょう。そうすることで、元気な状態でまた一緒に暮らせるようになります。

おすすめの記事