「自宅で犬を飼いたいけれど、小型じゃないと無理だ」といった事情がある方に推薦できるのがトイプードルという愛くるしい姿形の犬種です。とても小さい個体が多いので、室内で飼育することに不便はまったくないといえるでしょう(もちろん、全ての犬にとって散歩は必要なので忘れてはいけません)。こちらの犬種で注目すべきなのが、ティーカップといわれる大きさの個体が販売されているということです。このティーカップという呼び名は、その名前の通りにお茶を飲むときのカップにも入るような大きさを表しています。成犬になってもチワワに匹敵するサイズなので、とにかく小さな個体を飼いたい方はティーカッププードルを検討してみましょう。

繁殖環境のチェックを

ティーカッププードルを家族に迎え入れたいと考えた場合に、一番気にしなければいけないのが健康面です。繁殖しているところによっては、小さいサイズにするための無理のある飼育をおこなっている場合があり、そのようなところが犬にとって良い環境のワケがないからです。健康面をしっかりと気遣った上で育てられているティーカッププードルに会いたいならば、ブリーダーのもとへ訪れると良いでしょう。信頼ができる生産者ならば、飼育環境を見せてもらうことができますので、きちんと確信を持ってから購入ができます。なお、ブリーダーに会うのなら、ついでに親である繁殖犬の大きさもしっかりとチェックしておけば、譲り受ける予定のティーカッププードルの成長後のサイズを推測できるでしょう。

食事で体調改善

肝臓病の犬にとって大切になるのが、日ごろの食事です。食物を解毒する働きを持つ肝臓は、摂取する食物の影響を受けます。肝臓病の兆候を指摘されたら、ドッグフードの見直しが、最初に必要になる対策です。毎日口にするドッグフードは、犬の健康に大きな影響を与えます。フードにこだわる工夫が、肝臓にかかる負担を減らします。添加物の含有量が少なく、栄養を効率よく吸収出来るフードは、肝臓病の犬の健康管理に役立つ商品となります。肝臓病を抱えた犬は、体力が低下しがちです。抵抗力を養うためにも、良質な栄養分を十分に摂取する工夫が求められます。必要に応じてサプリメントを利用すると、食の細い犬でも十分な栄養分がとり込めます。

療法食の売れ行きが好調

栄養に関する特別な知識がなくても、専用の療法食を利用すれば手軽に肝臓病対策が行えます。今では犬用の各種療法食が発売され、売れ行きは好調です。肝臓病の改善を目的とするドッグフードもあり、手間いらずで食事が与えられます。栄養計算の必要もなく、そのまま袋から出して使用出来る便利な商品です。療法食は、理想的な栄養バランスを保ちながらも、テイストに手を抜かないのが魅力の一つに挙げられます。犬の食い付きを良くするテイストが取り入れられ、食欲を引き出す工夫がされています。犬の生態を知り尽くしたメーカーの商品は、飼い主に安心感を与えます。やや値段が高いもかかわらず消費量が増えているのには、こういった理由があります。

純血の犬よりも人気

ミックス犬と聞いて「知らない。」とおっしゃる方もまだまだいらっしゃるかもしれませんが、以前は雑種と言われていたタイプの犬のことです。少し前までは血統書付きの犬はとても価値があり、ミックス犬は近所の知り合いから子犬が生まれたからわけてもらうといった程度の扱いでしたが、現在は逆にミックス犬の方に人気が集まっているという状況になりつつあります。それではなぜ、今まであまり注目を浴びてこなかったミックス犬に、これほどまでの人気や注目が高まってきているのでしょうか。ミックス犬は多くの犬種との交配により病気やけがに強いということがあり、飼い主にとってできれば健康な犬を飼いたいと願う人が多いから人気があるのでしょう。

意外と高価な犬も

ミックス犬の人気はそれだけではなく、いろいろな犬種とかけあわせることにより、それぞれの犬種の良さを持ち合わせた子犬が生まれる可能性が高いということがあります。例えば、トイプードルのふわふわとした毛並みをもった犬とにチワワのような小型犬種と交配させることにより、それぞれの特徴をあわせた子犬になるので、世界に1匹だけの自分だけの犬がそこに誕生するわけです。顔つきやカラーなども同じ犬種同士交配させたからといって全く同じタイプの子犬が生まれるわけではないので、その時の状況により異なってくるのも魅力の一つでもあるのです。ですからペットショップで販売されているミックス犬も決して安い値段ではなく、むしろ高値で売られている子犬も多いものです。

飼いやすい犬です

最近、純血種の犬よりミックス犬を好む人が増えつつある傾向にありますが、それぞれの犬の持つ特徴を組み合わせたかわいらしさはもちろん、健康で丈夫な犬が多いというのが理由のようです。それではチワックスという犬種はどの犬同士のミックスでしょうか。何となく想像がつくでしょうが、チワワとダックスフンドのミックス犬のことです。この両方の犬種はとても人気があり、実際飼っているご家庭も多いはずですが、その人気犬種の組み合わせがチワックスなのでそのかわいさは保証付です。チワワの小柄な体型とダックスフンドの胴の長さがマッチして、よりかわいさが増しているといってもいいのではないでしょうか。もちろん成犬になってもサイズは小型のままです。

こんな性格の犬です

チワックスは飼い主に懐きやすく、甘え上手なところがあるので小さなお子さんがいらっしゃるご家庭や初めて犬を飼うご家庭にもおすすめできます。また、チワワは警戒心が強い子が多いのですが、ダックスフンドがおっとりとした性格の子が多いので落ち着いて行動できる子になるようです。しかし小型犬特有の怖がりな性格もあるので、初めて行く場所や初めて会う人には少し警戒してしまうかもしれませんが、飼い主さんが優しくサポートしてあげればすぐに慣れていつもの様子が見られるようになるでしょう。チワックスを購入したいとお考えなら、ペットショップに事前に相談しておくといいかもしれません。入荷状況や情報を教えてくれる場合もあります。

愛くるしい柴犬は昨今、日本人だけでなく外国人からもとても評判があります。くりくりの丸い瞳に愛嬌のある顔。そして柔らかくふわふわな毛は、老若男女のハートを射止めてなりません。元々犬は飼い主に忠実で素直な特性がありますが、柴犬は犬の中でも群を抜いて忠誠心が高いと言われています。素朴で愛らしい外見に反して忠誠心はピカイチ。そのギャップが多くの人の人気を今日まで集めているのでしょう。また、柴犬はとても元気で活発な性格をしています。好奇心も旺盛でどんなことにでも興味を持つその姿は、さながら無邪気な子供を思わせます。その無垢な可愛らしさも万人を惹きつけているのでしょう。縄文時代から人と暮らし、共に生きて来た柴犬は、今も尚私達人と共存しているのです。

思う存分構ってあげる

柴犬はとても人懐っこく、飼い主に構って貰うことが何よりも大好きな性分です。なので、出来るだけ愛情を持って構ってあげるようにしましょう。例えば、少し時間があったら撫でてあげたり、犬用のオモチャで遊んであげたり、一緒に散歩に行ったり、構う内容は何でも構いません。構うと言うその事実が柴犬の心を満たして行くのです。また、柴犬は寂しがり屋な性格でもあるので、あまりほったらかしにしてしまうと、ストレスを溜めてしまう場合があります。大事な飼い犬の為にも、こまめに愛情を注いであげるように努めて下さい。犬は他のペットよりも長生きする生き物です。長生きするからこそ、変わらぬ愛情を持って常に接してあげることがとても重要です。

加齢や衝撃で発症する腰痛

2足歩行の人間と同じように4足歩行の犬にも腰痛があり、どうしても防げない腰痛の一つに椎間板ヘルニアがあります。言葉を話さない犬の腰痛を見分けるのは大変な事ですが、辛く苦しい生活を送っているため、なるべく早く気付いてあげる必要があります。犬に出る椎間板ヘルニアの症状は、抱え上げる時にキャンと鳴き声を上げたり、歩行時に歩きにくそうにしている事です。また腰部を触ると嫌がったり、気にする仕草を見せる時もあるため、普段とは違う表情を見せる時は気を付けると良いです。椎間板ヘルニアになりやすいのは胴長短足の特徴を持つ犬種や、高いところから飛び降りる癖のある犬です。また腰を激しく打ちつけたり、過度に運動をした時も注意が必要であるため、常日頃から注意深く見守ると良いです。

上体を支えるため大きな役割を担っている椎間板ですが、加齢や衝撃によって変形してしまうと、押し出されて神経に刺さる事があります。この状態を椎間板ヘルニアと呼びますが、放置しても良い時と治療の必要性がある時に分かれるため、気になる症状が出たら獣医に相談します。放置しても良い場合は、経過によっては治る可能性を秘めているため、様子を見ながら過ごす事を意味しています。治療の必要性がある場合は注射か外科手術を施す事になるため、犬の年齢や体調を考慮して治療を進めていきます。椎間板ヘルニアは歩きづらく痛みが伴う腰痛であるため、日常生活で不快に感じる場面が増え、ストレスも溜まります。そのため辛い痛みを取り除くために治療を決意する人も多く、手術をすれば多くの場合、痛みから解放されます。

おすすめの記事